別れて、付き合っての、復縁を繰り返すカップルの特徴

別れて、付き合っての、復縁を繰り返すカップルの特徴

恋愛において別れたり付き合ったりすることはよくありますが、何度も復縁をするカップルを見かけることもあります。

この前別れたと思っていたらまた復縁するなど、好きか嫌いか分からない複雑な関係性のカップルもいるものです。そこで別れと復縁を繰り返すカップルの特徴について紹介します。

 

別れて、付き合って、復縁を繰り返すカップルの特徴

どちらも短気で怒りやすい性格

別れと復縁を繰り返すカップルの特徴としては、どちらも短気な性格なことが多いです。その時の感情のままに言葉を言ってしまい、相手も真に受けてしまうので喧嘩に発展してしまいます。

カップルの中でどちらかが冷静なタイプで我慢強ければ、別れることなく時間をおいて仲直りすることができます。

 

しかしどちらも短期の場合には相手に負けたくないという思いが強いので、その場ですぐに別れると言ってしまうことが多いのです。

お互いが短気な性格だからこそ引くことを知らないので、すぐに別れてしまいます。当然お互いが喧嘩をした後で冷静になった時に反省するので、別れと復縁を繰り返すようになります。

短気な性格はなかなか直せないので、お互いが相手の性格を知っているからこそ、別れても復縁できるという気持ちがあるのかもしれません。

 

 

お互い依存した関係になっている

カップルの形はいろいろありますが、お互いが相手に依存した関係性だと別れた時にどうすればいいか迷ってしまいます。一緒にいるのは良くないと思っていても、依存した関係だとまたくっついてしまいます。

行けないとは分かっているのに離れられないことこそ依存した関係になるので、お互いが依存し合った状態となっているのです。

 

これがどちらかだけが依存した関係ならば、別れた時には復縁することはありません。何度も復縁を繰り返すと状態になると、他の人ではダメだという意識が頭にこびりついているので、結局は復縁をして一緒になってしまいます。

相手のことが好きならば問題ありませんが、それほど好きではなかったり離れたいと思っていても、結局は依存関係によって復縁してしまうこともあります。

依存した関係性から抜け出すのは難しいので、強い意志を持って離れるという気持ちを持つしかありません。

 

 

誰かに取られたくないという気持ちがある

別れてしまうと当然自分以外の誰かとくっついてしまう恐れがありますが、別れたとはいえ他の人に取られたくないという思いがあります。

相手のことが嫌だから別れたはずなのに、別れてしまうと寂しさから相手との良かった日々を思い出してしまいます。

 

別れたいと思っていた気持ちがだんだんと薄れてきて、良い思い出となっていくのですが、その過程で他の人には取られたくないという思いが強くなります。

自分との楽しい思い出を作ったのに、他の人とも同じように楽しい思い出を作ることが許せないと思ってしまうからです。

 

どちらか一方だけでなくお互いが同じように、別れたのに他の人には取られたくないと思っています。

完全に遠くに離れてしまえばいいのですが、別れてからも身近にいる時は取られたくないという思いが強くなるので、結局は復縁を繰り返すことになるのです。

 

 

急に寂しさを感じた時に連絡してしまう

今まで付き合っていた人と別れた途端に一人になった寂しさから、急に一越しくなることがあります。

暇な時間や寂しい時は電話をしたり会ったりすることができたのに、これからは連絡できないと思うと、一人の時間が急に寂しく思えてしまいます。

 

時間を持て余してしまうことによって、何をすればいいか分からなくなり、結局はもう一度付き合いたいと思うようになります。

別れた時は誰でも寂しい気持ちは込み上げてきますが、お互いが同じように思った時に復縁してもいいと思うようになります。

 

そのため寂しさを感じた時に誰にも連絡できないと思った時には、つい連絡を取り合ってしまい、そのままの流れで復縁してしまいます。

お互い寂しい気持ちを感じるのは当然なので、他に良い人がいなかったりやることがなければ、自然と寂しさを紛らわせるために復縁するようになります。

 

 

結局は自分のことを一番理解している人だから

付き合ってる相手が一番自分のことを理解してくれていると確信することは多いですが、別れた後もやっぱり自分を理解してくれるのはこの人しかいないと思うことがあります。

別れたとはいえ自分のことを一番理解しているのはこの人だと思えば、もう一度付き合いたいと思うようになります。

 

別れる時はほんの些細なことがきっかけですが、自分のことを分かってくれる人はなかなか現れません。

もしも他の誰かと付き合ったとしても、相性が悪かったり居心地の悪さを感じれば、また復縁をしたいと思うようになります。

 

付き合っている相手が自分のことを理解してくれるのは、当然なこととは言い切れません。好きでも相性が悪い人もいれば何だかしっくりこない関係の人もいるからです。

自分のことを一番理解してくれているのがこの人だと確信すれば、例え別れたとしてももう一度付き合いたいと思います。

別れるからこそ自分に一番合っていると確信できるので、何度も復縁を繰り返す要因となります。

 

 

まとめ

別れと復縁を繰り返すカップルは、結局は心のどこかで繋がっていたり相性がいいカップルと言えるでしょう。

付き合う形は人それぞれですが、好きどうしても相性が悪かったり居心地が悪いこともあります。

復縁を繰り返すカップルは相性がいいことを別れてから気づくことが多いので、結局は相性が良いお似合いカップルだと言えるのかもしれません。