婚活パーティの短時間で女性に好印象を与えるには?

婚活パーティーが流行っている昨今。色々なところでパーティー開かれていますが、その多くは、沢山の人と話をするために、1人長くても5分ほど話をして、次々とローテーションしていくスタイルが多いようです。そんな短い間で自分をアピールするなんて難しいですよね。

ましてや、初対面の人と話をするとなると、よほど社交的な人でない限り、緊張してしまって考えていた事の半分も言えなかったりします。ここでは、短い間でも、女性の印象に残る会話術について取り上げてみたいと思います。

 

婚活パーティの短時間で女性に好印象を与えるには?

婚活パーティーでは女性と話す時間がない?

過去に婚活パーティーに参加したことがある人なら知っていると思いますが、まずはじめに婚活パーティーがどのように進行されていくか大まかに説明したいと思います。

色々なところで婚活パーティーが開かれていますが、多くの場合、最初に渡されたカードにプロフィール書きます。

 

その後女性とそのカードを交換し1対1で、短くて2分長くても5分ほどの自己紹介タイムがスタートします。

参加女性全員と自己紹介が済むと、話した中で印象が良かったなと思った人をカード等に書き、フリータイムに突入となります。

 

しかし、フリータイムと言っても、それほど長い時間あるわけではありません。フリータイムの時間が数回にわけられているパーティーが多く、一回の時間は、こちらもだいたい5分ほどのようです。

後半のフリータイムで気になる女性と話したとしても、自己紹介タイムと合わせて、せいぜい10分ほど。しかも、フリータイムでその女性が他の男性と話してしまえば、自己紹介の2~3分だけということも・・・。

 

その短い時間で、プロフィールカードもあるのに自己紹介から初めてしまっては、とっても時間の無駄になってしまいます。

何を話して何を話さないか、しっかりと事前に考えてから参加したほうが女性の印象に残る会話ができるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

会話のつかみは身近な出来事から

初対面の人と出会ってすぐに話をしようと思っても、そう簡単に話が弾むネタを見つけることは出来ません。

手渡されたプロフィールカード中から、自分との共通点をを見つけようと思っても、それに目を通している間、無言になるわけにはいきませんし、早く共通点を見つけようとするあまり、それがかえって焦りに繋がり、ただでさえ緊張しているのに余計緊張を高め、自己アピール出来ずに終わってしまうかもしれません。

 

それならいっそ、カードから共通点を探すのではなく、会話の出だしは自分の周りの事からスタートしてみてはいかがでしょうか?

例えば、

  • 『今日は暑かったですね。こんな日は冷やしたビールが美味しいですよね。』
    とか、
  • 『突然ですけど、私最近(自分の趣味)にハマってるんですよ』

等、自分自身のことだったり、身の回りで起こった出来事から話し始めると、話しやすいと思います。

天気のことだったり、自分の趣味のこと、もしペットを買っているなら、そのペットのことなどを話しのきっかけにすると、緊張していても話をすることはできるでしょうし、その後、話を広げやすいのではないでしょうか?

 

 

会話は必ず質問系で

会話の出だしは、身の回りで起こった事や自分自身の事をネタにスタートしたとして、そこで完結してしまうような話し方では、会話を広げることは出来ません。

上の例で言えば、

『~ビールが美味しいですよね。』で会話を終わってしまうと、女性は例えビールを飲まなかったとしても、『あ、はい・・・』と答えるでしょうし、それ以上会話を広げることは出来ません。

 

そうすると、また別の会話のネタを見つけなくてはいけないことになります。

ですので、ビールが美味しいですよね。の後に、『ビールは飲まれますか?』や『どういった種類のお酒が好きですか?』などと聞けば、会話のキャッチボールができるし、趣味の話をしたなら、その後相手の趣味を聞いたり、自分の趣味を経験したことがあるかを聞いたりすれば、どんどん話を広げていくことが出来ますよ。

 

スポンサーリンク

 

聞き上手はモテる?女性の話に耳を傾けタイミングよく相槌を

少し会話が広がってきたところで、今度は話し手から聞き手にチェンジしましょう。女性は、基本おしゃべりが大好きで、自分の話を聞いて欲しいものです。

女性が、積極的に話を初めたら、『そうなんですね』や『僕も(そんな体験)あります』など、相手の話題に合わせて、タイミングよく相槌を入れましょう。

 

そうすることで、女性は、自分の話を一生懸命聞いてくれたと、好印象をもつでしょう。

ただし、ここで注意なのが、自分とは意見や思いが違っても、決して否定をしないということです。女性は、自分の話を聞いてほしいだけで、相手の意見は求めていないことが多いです。

 

それなのに、

『いや、僕は○○だと思うよ』や『こっちのほうが良かったよ』など、否定的な返事をしたり、話の内容と違う相槌を入れてしまうと、逆に話を聞いていないと思われ、印象を悪くしてしまう恐れがあるので、気をつけてください。

 

 

いざとなったら話題を振ろう

身近な話題を話しのつかみに使ってみては?と提案しましたが、あまり女性と話す機会がなかったり、あがり症の人にとってみたら、初対面の女性を目の前にしただけで、頭が真っ白になって、考えてきた事も飛んでしまう・・・。

なんていう人も中にはいるかもしれません。そんな人は、

『(こういったパーティーは、初めてで)すごく緊張してしまって・・・。どういった話をしていいかわからないので、何か質問があれば聞いてください。』

と、話の主導権を相手に渡してしまいましょう。

『えーと、えーと、あのー』なんてもじもじして時間が過ぎてしまうよりは、開き直って自分の今の気持ちを正直に伝えたほうが、素直な人なんだなと、相手にいい印象を与えられるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

いかがでしたか?極短い時間で話をしなければいけない婚活パーティーでは、事前に幾つか話のつかみを決めておくと、時間を有効に使うことができると思います。

上に挙げた会話術が全てではないですが、もし会話のネタ作りに困っている方や、話下手の人は、次回の婚活パーティーでは、是非参考にしてみてください。

 

 

 

どんな婚活サービスがあるのか分からない方は「婚活サービス比較一覧」で確認してみて下さい。

ちなみに当サイトで一番のおすすめの婚活サービスは「pairs(ペアーズ)」という婚活・恋活サイト(アプリ)です。