結婚生活で大切な価値観とは?|彼との相性チェック

結婚生活で大切な価値観とは?|彼との相性チェック

結婚生活で彼、旦那と上手くいくには価値観がとても重要になってきます。結婚生活で必要な6つの価値観について紹介します。

 

結婚生活で大切な価値観

味付けの好みが合うこと

料理は、普通の人であれば1日に3度食するものです。

1日に3度ですから、その重要性も大きいですよね。中には全く料理にこだわりのない人もいるようですが、今回はそれは例外とし話を進めたいと思います。

 

料理の味付けの好みが合うと、些細なことが喧嘩の火種になってしまうこともあります。例えば、卵焼き。塩派、砂糖派、お出汁派の3パターンが少なくともあります。

もしも自分の好みと彼の好みが違うと、『あれ?いつもの味じゃない・・・』と感じてしまうはずです。

我慢して食べていても、やはり違和感は拭いきれません。ですから、やはり味付けの価値観は合うに越したことはないでしょう。

 

 

犬派?猫派?動物嫌い?

初対面の相手と盛り上がる会話といえば、犬派なのか、それとも猫派なのかという話題があります。

日本人の典型的な質問ですが、ここで自分が犬派であって、相手が猫派であったとしても、『あ、そうなんだ』と思う程度で、せいぜい将来一緒に暮らしたらどっちを飼うことになるんだろう程度の悩みで済みますが、それが相手が「動物は嫌い」だと言うと、そこで会話は終わってしまいます。

 

犬派でも猫派でも、どちらも飼ってしまえばお互いがいいのですが、動物が嫌いという話になってくると、『うまくやっていけるかな・・・』と思う人はいるはずです。

こういったところで価値観の違いが出てくることもあるのです。

 

 

音楽の趣味が合う

音楽の趣味が合うことは、日常でいうならば部屋でかける音楽やドライブの時に流す音楽、カラオケの時に歌う音楽などに関わってきます。

例えばですが、朝は爽やかな音楽を流したいと思っている人に、バリバリのロックを聴かせたら一日のスタートは最悪なものになってしまうかもしれません。

 

また、ドライブの時はただでさえ密室の空間で、二人の居心地が大切になります。そこでお互いが好きな音楽でないものを流すと、なんとなく居心地が悪いですよね。

音楽は、日常を送る上で、意外と重要になるものなのです。日常に溶け込む要素がつよいからと言えるからかもしれませんね。

 

 

休日の過ごし方はインドア?アウトドア?

一週間頑張って訪れた休日。家でのんびりとしたいと思っていたのに、突然アウトドアに連れていかれて疲れが取れなかった。

もしくはその逆の経験をしたことのある女性、いるのではないでしょうか。

 

自分と彼が、インドア、アウトドアなのかというところも、意外と後々の交際期間や夫婦生活を送る上で重要になる部分です。一度や二度のズレでは済まないからでしょう。

特に、中には『半日も家で過ごせない』『天気が悪かったら梃子(てこ)でも家から出たくない』という極端なアウトドア・インドア人間もいるのです。そうなってくると、もはや合わせる合わせないどころではないですよね。

 

 

お酒はビール?ワイン?ウイスキー?嫌い?

お酒に対する価値観も、自宅で晩酌をするときやお店で飲む時に気持ちよく飲むためには重要かもしれません。

特に、自宅で飲む時には買ってくるお酒の趣味が違うとかさばりますし、お店で一杯目を頼む時には『ビールで乾杯したい』『どうしてもカクテルがいい』などというちょっとした違いで居心地の悪さを感じる可能性だってあります。

 

もし、それだけで済めばいいのですが、全くお酒を飲めないという人もいるのです。そうなってくると、お酒を飲む楽しさを共有できない可能性だってありますよね。

やはりお酒も価値観があったほうが楽しいでしょうし、一緒に飲む時に大事になる要素なのかもしれません。

 

 

細かいけど、日用品の価値観も大切

彼と一緒に生活するようになると重要になってくる価値観の一つに、毎日使う、日用品の存在があります。

多岐に登るのですが、歯磨き粉、タオル、食器用洗剤、洗濯洗剤、柔軟剤など、二人で共有するもので言うのなら、これだけたくさんの種類があります。

 

日用品に無頓着なら話はとても早いのですが、そこにこだわりを持っていると、それだけで買ってくるもので揉める可能性も・・・。付き合いたての頃は我慢できていても、次第に我慢できなくなり一言物申す可能性があります。

一歩譲る姿勢も大事かと思いますが、やはりそこも意見が合うととても嬉しいものですよね

 

 

やっぱり、相手が好きならなんでもいい?

ここまで、もし価値観の違いがあったらについてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。どれだけ価値観が違ってもやっぱり彼がいい!そんな女性も中にはいらっしゃったのではないでしょうか。

そうですよね、好きな彼のためなら、彼色に染まってもいいと言う女性もいるはずです。そんなあなたであれば、彼とはいつでも丁度いい距離感を保てるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、価値観をテーマにお送りしてきましたが、あなたと彼の価値観はどこまで合うのでしょうか。

結婚するのであれば、限りなく価値観の合う人と一緒になりたいものですが、そこはやはり違う人間同士、違う価値観を持っていても当たり前と言う気持ちも大切です。

価値観が多少違っていても、それを乗り越えられる愛のパワーがあればいいのです。彼としっかり愛を育んで、理想の結婚生活を手にしていただければと思います。