別れた後に後悔すること|振ってからでは手遅れ…

別れた後に後悔することについて。付き合っている時に些細なことが原因で喧嘩となり、結果的に別れてしまったものの、しばらくしてから「どうしてあんなことで別れたんだろう」と後悔してしまうことが今までにありませんでしたか?

カップルの喧嘩による別れは、お互いの解釈の仕方やその時の感情次第で、後々後悔してしまうことが多いです。

どのようなことで別れ、どんな後悔をしているカップルが多いのか、その理由を知ることで、これからの恋愛に役立てられるかもしれません。

 

些細なことで別れた後に後悔する理由

疑いすぎてしまったことに後悔

相手を信用するということは簡単ではないですよね。好きだからこそ心配になり、過敏に反応してしまうことはよくあることです。

ただ交際中に度が過ぎた束縛をしてしまったこと、疑いすぎてしまったことを、後々後悔する人は少なくありません。

 

例えば数時間連絡が取れなかっただけで、「浮気してるんでしょ」と相手を疑い問い詰める。当然、相手が誰かのものになってほしくないからであり、好きすぎるあまりに持ってしまう疑いですが、何もしていない相手からしたら、迷惑・重荷と感じてしまいますよね。

「どうして信用してあげなかったんだろう」と、別れてから後悔することもあります。冷静に考えて客観的に見れば、浮気じゃないこと、疑わしいことはしていないことに気付けたはずです。

交際中は相手の行動や発言に過敏に反応してしまいますが、自分の想像やネガティブ思考が原因で別れに至った場合は、後から後悔することが多いのです。

 

スポンサーリンク

 

話し合いをきちんとすれば良かったと後悔

カップルで全く喧嘩をせず、言い合いにもならないという人達は少ないかもしれませんね。お互いそれぞれ違う環境で育ってきた上に、性別の違いからも考えが異なることも多々あり、時に喧嘩をしあって理解を深めていくということが多いでしょう。

ただ、争い事が嫌いな人、トラブルが苦手な人は、あえてそれを避けてしまう傾向にあり、分かり合えないまますれ違い、溝が深まっていくというケースもあります。

 

きちんと話し合えば相手の考えていることを理解できたかもしれないのに、喧嘩することを恐れてその状況から逃げてしまった。こうしたケースで別れに至るカップルも意外と多いものです。

好きだからこそ相手に強く言えない、嫌われてしまうかもしれないと、話し合うことを恐れていては、一向に理解し合うことは難しいです。

 

話し合い=トラブルになるとは限らないもの。相手の話をきちんと聞けば、「そういう考えもあるのか」と納得できることもあるかもしれないのです。

トラブルになることを避けて話し合いをしないという方法は、後々になって後悔する原因。例え意見が違っても、「自分はこう思う」という主張を相手にするだけでも、仲をもっと深めていくことができるのです。

 

 

結婚を急ぎ過ぎたことに後悔

特に女性の場合、結婚後の出産や育児のことを考えると、なるべく早い段階で結婚したいと思うかもしれませんね。

そのため、結婚への意識が強くなってしまい、将来を急かすような発言・行動を相手にしてしまったことで、後悔するという場合もあります。

 

夢を追いかけている最中の彼に対して、「いつまでそんなことやってるの?」「早く定職についてしっかりしてよ」と責めてしまい、まるで「夢を諦めなよ」と言わんばかりに追い込んでしまう。

結局は自分が結婚をしたいが為の発言であり、焦りが怒りを招き、彼との関係も終わりを迎えてしまったら、一緒にいること自体も叶わなくなってしまいます。

 

結婚を意識しすぎる言動は、相手にプレッシャーを与え続けることとなり、結果的にはお互いイライラが募るものです。

このように二人のタイミング、それぞれの自由も尊重すれば良かったと後悔するカップルも多いのです。

 

スポンサーリンク

 

プライドが高かったことに後悔

プライドは、時に人を成長させますが、邪魔なプライドも存在するもの。意地っ張りなことが理由で喧嘩が深刻化してしまったり、負けたくないという思いが思ってもいない発言を招いたりと、二人の関係を邪魔することも多々あります。

特に男性はプライドが高いため、些細な言葉で傷つき、相手を許せないとすら思ってしまうもの。
「そんなのもできないの?」と言われたことがきっかけで相手に腹を立て、認めることができずに別れてしまうこともよくあることです。

 

確かに相手を馬鹿にしたような発言をすることはプライドを傷つけてしまうものですが、「認める」ということも場合によっては必要です。「できないよ」と認めてしまった方がかえって楽なこともあります。

人として言ってはいけないこと、相手を貶すような言葉を言うのは論外ですが、冗談としても受け取れるような言葉には、受け入れたり認める対応も必要です。

 

 

まとめ

浮気をされた、音信不通になったなど、明らかに別れを考える原因がそこにある場合は、後悔をしにくく割り切れるものです。

しかし、ほんのちょっとのこと、時間が経てば気にならないことが原因で別れてしまった場合、後々後悔するようになります。

その時の感情で左右されてしまわぬよう、別れる前に一度話し合いをしたり客観的に見たりして、今後の恋愛では別れるという選択を最終的な判断にすべきでしょう。

スポンサーリンク

Posted by yan