モテる女性の可愛いわがままテクニック7選|彼氏に好かれよう

2017年8月4日

女性のワガママって、可愛いですよね。でも、男性に好かれるワガママと嫌われるワガママがある事を知っていますか。

同じ内容なのに、受け取り方が全く違うそんな上手なワガママのポイントをお教えします。

 

男性に好かれる女性の可愛いわがまま

“あなただから”のワガママ

ワガママにもたくさんのシチュエーションがありますが、まずは徐々に彼をあなた色に染めていきましょう。

それは“他の誰かじゃなくて、あなただから言ってるんだよ”というメッセージをワガママにプラスしていくのです。

 

例えば「◯◯(彼の名前)の入れたコーヒー以外、美味しくないんだもん!だからお願い、コーヒー入れて欲しいの」と言ってみたり、行きたいところがあれば「だって◯◯とじゃなきゃ楽しくないんだもん」と、彼に特別感を与えながらワガママを言うのです。

これなら彼も気分は悪くなく、自分を必要としているあなたのワガママが、可愛いと感じるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

彼の許容範囲を知る

男性は“できない”と思われるのが嫌いです。

だからこそ、明らかにできない事を言われると、拒否したくなり嫌なワガママに聞こえてしまうのです。

 

女性からすれば、できるかできないかよりも、しようとする行動や努力に愛情を感じるものですが、男性にその感覚はありません。

だからこそ、彼が少し頑張れはできるくらいのワガママを言う事がポイントです。

 

例えば、よく言う「仕事と私どっちが大事?」の質問も、比べようもない事を比べろと言われているようで、嫌なワガママに聞こえてしまうのです。

また、明らかに無理な時間に「会いたい!」と言うのは、相手を尊重していないのと同じです。

 

そんな時は「今日は我慢するから、週末は◯◯に連れて行ってね」と、可愛く言えば多少無理なお願いでも、“それなら聞いてあげたい“と思うものです。

だからこそ、ワガママを相手のレベルに合わせて言える女性は、可愛いがられるのです。

 

 

“why?”はタブー

ワガママを言ったり何かお願いをするときに「なんでダメなのー?」「なんでできないのー?」とつい男性にwhy?と言ってしまう女性は、気を付けましょう。

実は女性が何気なく使う「なんで?どうして?」は、男性には責められているように聞こえてしまいます。

 

女性にとっては、なんの意識もなくよく使う言葉ですが、実はタブーなのです。

その結果、可愛いワガママのつもりが喧嘩になったりしてしまうのです。

だからこそ、“なんで?”の代わりに“私は◯◯して欲しいのー!”と自分の感情のみを、相手に伝えるのがベストです。

 

 

スネない

どんなに可愛いワガママでも、できないことがあるかもしれません。

その度に、プーッとスネたり機嫌が悪くなってしまうのは、可愛いワガママとは言えません。

 

男性からすれば、今度はご機嫌を取らなくてはいけないと思うだけで、ウンザリ疲れてしまいます。

だからこそワガママが叶わない時は、スパッと諦める潔さを持ちましょう。

 

潔さは逆に相手の心に響きます。

“申し訳なかったな。次は頑張ろう”と思わせることが、愛されるワガママの法則なのです。

 

スポンサーリンク

 

ワガママが叶った時の喜びを伝える

彼がワガママを聞き入れてくれた時、どんな気持ちになったか、必ず彼にフィードバックする事を忘れてはいけません。

例えば「この間、無理して会いに来てくれて、本当にあなたが彼で私、幸せだよ」と、あなたが感じた気持ちを少し大げさなくらい、表現してみるのです。

 

すると、男性は女性を幸せに出来た事が、自分の自信に繋がります。

その結果、もっとあなたの願いやワガママに応えたいと思い、あなたのワガママが“可愛い”と感じるのです。

 

よく、ワガママを聞き入れてくれたお返しに、自分も彼に尽くそうとする女性がいますが、それは必要ありません。

女性はただ、喜び感動し、愛を受け取るだけで、それが男性にとって大きなお返しとなるのです。

 

 

スローペースでしゃべる

ワガママをハイペースで強めに言うと、相手に強制的な印象を与えてしまいます。

一方、人はゆっくりと話しかけられると、聴く耳をもち受け入れやすくなるのです。

 

トップセールスマンも、交渉時はあえてゆっくりとスローペースで話しかけ、相手の心をしっかりと掴みます。

ワガママも恋愛における交渉の一つです。だからこそ、ゆっくりと柔らかい声で、ワガママを伝えてみましょう。それだけで、同じ内容でも相手が数倍受け入れたいと思う気持ちが増えます。

 

 

動作をプラス

ワガママを言う時は、あえてちょっとした動作をプラスしながら伝えると、効果的です。

例えば「ねーねー明日も会いたいよー」と、身体を揺らしながらお願いしたり、少し幼い印象でワガママを伝えてみましょう。

 

何故なら男性は、基本的に童心を持っている女の子には弱いのです。

普段はクールでスタイリッシュな女性が、自分の前では童心に返りお願いする姿を、嫌いな男性は少ないはずです。

スポンサーリンク

 

  • “あなただから”のワガママ
  • 彼の許容範囲を知る
  • “why?”はタブー
  • スネない
  • ワガママが叶った時の喜びを伝える
  • スローペースでしゃべる
  • 動作をプラス

いかがでしたか。ワガママな女性は魅力的ですが、そのやり方にきちんとした方法がある事がよくわかりますよね。

可愛いワガママが上手に言えるようになれば、枯葉もっとあなたを好きになる事でしょう。

Posted by yan