昔から“惚れた弱み”とよく言いますが、この言葉は本来男性が使うべき言葉であれば、理想的な恋愛になると言われています。

しかし、現実は自分で“私って都合の良い女だよね”とわかっていても、相手を失う怖さから我慢している女性はたくさんいるのではないでしょうか。

では、一体どうすれば都合の良い女から“本命の彼女”の座につく事ができるのでしょう。

 

都合の良い女から本命になる4つの行動

許せないボーダーラインを決める

好きになってしまうと、本来自分が持っていたはずの“許せないボーダーライン”が大幅に下がります。

よく、友達の悩みにはすらすらと正論がでるのに、自分に置き換えてみると出来ないことってありますよね。

 

何故なら、人は自分の事を客観的にみる事が苦手なのです。だからこそ、自分が都合の良い女だと感じる時は、許せないボーダーラインが下がっている時だとまず、気付きましょう。

許容範囲が広いのは良い事ですが、自ら許容できる範囲が広いのと、相手を失いたくない為の範囲が広いのとでは、全く意味が違います。

 

後者はその大半が相手への媚びから成り立つ感情ですよね。

いつもドタキャンされても許したり、浮気されても許してしまったりしていると、男性にとってそんな好都合な女性はいないのです。

 

そして、男性は好都合な女性を本命にはしません。男性は自分が努力したり、力を注いだものに魅力を感じるのです。

だからこそ、自分が“これをされたら許せない”というラインを書き出してみましょう。

 

ポイントは、実際にそのラインを超えてしまったら、どうするかの計画も一緒に立て、必ず実行する事です。

これを繰り返す事で、相手はあなたを尊重し始め、あなたの扱い方を覚えていくのです。

 

スポンサーリンク

 

彼のペースに合わせず2倍の行動をとる

都合の良い女になってしまう人のの特徴は、気遣いができたり思いやりのある女性に多いのです。

だからこそ、ずっと連絡がなかったのに連絡がきたらすぐに返信したり、相手を心配させないような行動を無意識にとるのです。

 

このような思いやりの心は大切な事ですが、恋愛は相手の事を考える時間が長ければ長いほど、のめり込むものです。

特に男性にはこの傾向が強く、相手の考えが読めないと気になってしまいます。それは今あなたが“都合の良い女かも”と考える事で、苦しくても相手への気持ちが増すのと同じです。

 

苦しくても平凡な恋愛に比べると、恋愛してる醍醐味はありますよね。

それと同じで、彼に考えさせる時間を作ってあげることが、彼に恋愛を楽しんでもらう一つの思いやりでもあるのです。だからこそ、彼の行動の最低2倍の時間で女性は行動すると良いのです。

 

彼のメールが2時間来なければ、あなたは4時間空けて返信をしましょう。彼が1日連絡がこないなら2日は連絡せず3日目にするのです。

時間が空けば空くほど、人は相手の事を考え始めます。慣れてくれば2倍なと意識しなくても、自然に調節することが出来るようになります。

要するに、彼のペースに合わせない事が必要なのです。

 

 

プライベートの充実

都合の良い女になりやすい女性は、基本的に常に相手のペースで生活が動いています。

例えば彼に合わせて休みを取ったり、彼が会いたいといえば、友達との約束をキャンセルしてみたり、ケンカすれば一日中彼のことをおもったりと、生活の中心が自分ではなく常に相手なのです。

 

スポンサーリンク

 

では逆に考えてみましょう。例えば常に自分のために時間を空けてくれて、いつでも会える距離にいて努力しなくてもそばを離れない人がいたら、あなたはあえてその人のために努力をするでしょうか。

多分人は皆、努力をしなくなってしまうと思います。これが都合の良い女になってしまうメカニズムなのです。だからこそ、自分の時間を充実させることをまず始めましょう。

 

何かの予定を決めるときは、相手ではなく自分がしたいことを優先し、それを相手の事情で変えないことが大事なのです。

このようにプライベートが充実してくると、彼はあなたに対し“自分だけのものでは無いかもしれない”と思い始めます。

 

この感覚は当たり前のことなのです。本来あなたは誰のものでもなく、あなた自身のものなのです。

そういった多少の危機感が、都合の良い女から脱却するポイントでしょう。

 

 

消費期限をつくる

恋愛における消費期限とは、自分が相手に費やし消費する時間のことを指します。好きになると相手がいつか変わってくれるものだと信じたいからこそ、だらだらと時間を費やしがちです。

費やしきって“やっぱりだめだった”と納得する方法も一つですが、それでは相手の本命にはなれません。

 

本命になるためには、ある程度のリスクも必要です。だからこそ、自分が相手に消費する時間や期間を自分で決めるのです。

何回まで、何日まで、などその設定は自分が思うように決めましょう。そうやって相手に費やす時間の消費期限を決め、期限を過ぎたら本当に相手の元を一度はなれてみるのです。

このような一貫性のある態度は、相手に無言のダメージを与え、あなたとの関係を見直すきっかけになるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

  • 許せないボーダーラインを決める
  • 彼の2倍の行動をとる
  • プライベートの充実
  • 消費期限をつくる

 

相手に本命だと思わせるには、いつまでも相手のペースではいけません。

片思い中でも彼がいても、なんとなく自分が都合の良い女だと感じるならば、すぐに試してみる価値はあると思います。恋愛が成就するかどうかは、相手ではなくあなた次第なのです。