「好き」を言葉以外で彼氏、彼女に伝える方法

2017年8月4日

カップルになれば、好きという言葉を伝えないでも伝わるという人がいますが、熟年カップルだからこそそういった感情が生まれるといっても良いでしょう。

しかし、中には好きという言葉を伝えないと感情が伝わらないという人も存在します。今回は、好きという言葉を使用せずに、相手に好きという感情を伝える方法を紹介していきます。

 

「好き」を言葉以外で彼氏、彼女に伝える方法

一緒に思い出を振り返る

好きという言葉を伝えなくても、一緒に思い出を振り返ることによって相手の気持ちを再確認する事ができる場合があります。

2人でデートした時に撮った写真があるとして、その写真というのは2人が付き合って行く上でしか作る事ができない思い出なのです。2人だけの思い出があるからこそ、それを2人で共有すれば、好きという気持ちを再確認する事ができます。

 

もちろん、そこで相手に好きという感情を伝えたとしても問題はありませんし、お互いの愛を確かめ合うというのも良いでしょう。

思い出を振り返る時に、相手に好きという感情を伝える上で重要になってくるのは、感謝の気持ちも同時に伝えるという事です。

感謝の気持ちを伝えることによって、日頃自分の思っていることを相手に伝える事ができるわけですから、それがある種好きという感情に変わることもあります。

 

スポンサーリンク

 

2人の時間を作る

好きという感情を相手に伝えたいとして、中々伝わらないと思っている人は、まずは2人の時間を作ると良いでしょう。2人の時間を作るからこそ、2人で話し合う機会を作る事ができます。

もちろん、2人一緒にいるだけで幸せと感じてしまう人も中には存在するでしょう。

 

幸せと感じる事ができれば、その時点で好きという感情は十分伝わってくるわけですから、時間を作ることは重要です。時間を作った時には、お互いがちゃんと話し合うことも重要です。

外にいる時は、ある種プライベートな時間だとはいっても、外出先ということもあって、完全なプライベート空間ではありません。

 

そういったプライベート空間を作るためにも、家や少しゆっくりすることができる場所を探して見ると良いでしょう。そして、お互いの時間が取れた時に初めて、相手の気持ちを再確認することができますし、2人で話し合うことができます。

面と向かって話すことによって、感情というものは伝わりますから、しっかり話し合うと良いでしょう。

 

 

プレゼントなど形で相手に伝える

好きという感情は、言葉だけではなく、形にすることによって相手に伝えることができます。記念日になれば、感情というものを丸裸にして、手紙を相手に渡して見ると良いでしょう。

ここで重要になってくるのは、相手に自分の気持ちを素直に伝えるということです。

 

素直に伝えるからこそ、感情というものを再確認することができますし、形に残るからこそ、余計相手にその気持ちが伝わるというわけです。

形の伝え方は様々ですが、最も効果的なのはさりげなく気持ちを伝えるということです。さりげなさというものを演出するのは少し難しいですが、何もない時に何かプレゼントすることで、気持ちを伝えることも可能です。

 

スポンサーリンク

 

一緒にいることの重要性を話し合う

好きという感情を伝えることも確かに重要になってきますが、それ以上に重要なことがあります。それは、カップルとして一緒にいることの意味です。

友達でも身内でもなく、1組のカップルとして存在している以上、何かしらの意味合いがあるのです。

 

もちろん、お互いの好きという気持ちにそういう関係になったのであれば、その気持ちがいかに重要なのかということを伝えることも重要です。

これは、相手と話し合わなければ伝わらないことですし、重要性があるからこそ相手に伝えたいという感情が生まれてしまうのです。

 

カップルとして一緒にいる以上、助け合うことも必要ですし、相手のことを思って説教するということも必要です。

そういったカップルとしての意味を再確認するという意味でも、この一緒にいることの重要性を話すことによって、相手と好きという感情を伝えることができるわけです。

 

 

将来の話をする

好きという感情を伝える上で、相手に自分の将来の話をして見ると、通常好きという言葉よりも大きなものが相手に伝わることでしょう。将来の話をするということは、これからの未来にその人がいるということです。

自分主導で話しても、相手から話されたとしても、将来を考えているということに変わりはないのです。

 

結婚の話をするのであれば、前向きに将来を考えているということになりますし、そこまで考えてくれていると相手に伝えることができます。

感謝の意味を込めて、将来の話をして見るというのも感情を伝える上で重要です。しかし、勘違いしてはいけないのは、頻繁にこの話をするということです。

時々将来の話をすることによって、意味を見出すことができるわけですから、その価値を下げないようにもたまに話すことが重要なのです。

スポンサーリンク

Posted by yan