すぐ彼氏に怒ってしまう怖いクセを直す5つの方法

気がつくといつも彼に怒ってしまって、そんな自分に嫌気がさす時ってありますよね。怒りたくないのに、怒らせるような事をするから!と相手のせいにしがちですが、怒りは何の解決にもなりません。

今回は、そんな怒ってしまうクセを上手に直す方法をお教えします。

 

すぐ彼氏に怒ってしまうクセを直す方法

怒りの本当の理由を知る

彼が約束を守ってくれない、イヤだという事をするなど、怒りたくないのに怒らせるような出来事って、付き合っているとよくありますよね。

しかし、怒りは本当の姿ではなくその底辺には“自分を大事にしてほしい”と思う気持ちからそれが上手く表現されず、手っ取り早い“怒り”となって現れてしまうのです。

 

だからこそ、自分の中に怒りを感じる時は、まず本当はどうされたかったのか、どうされたら嬉しかったのかを考える事が大切です。この時間を持つだけで、怒りは少し収まり冷静な話ができるようになります。

ポイントは、相手の悪いところをピックアップするのではなく、主役であるあなたがどうされたかったのかを考える時間を持つ事です。

 

スポンサーリンク

 

怒りが生むものってなに?

次に、怒りが何を生むか考えてみましょう。そもそも、他人に対して怒りの感情を向ける時、人は自分のことを傷付けていることに気付きません。

なぜならすぐ怒る人は、周りに怒らせるような人を集めます。

 

つまり、怒りを怒りで表現し続ける以上、怒りでしか返ってこず、結果的に自分が不快な思いをするのです。だからこそまた怒り、このループから抜け出せなくなってしまいます。

そうして、気がつくと自分がいつも怒っていて、疲れたりストレスを溜めたりするのです。この結果、怒りは解決を生むのではなく、さらに怒りを生んで自分わ傷付けているだけという結果になってしまいます。

 

 

自分と同じ考えではない事を知る

ここで、一つ極端なお話をします。一般的に、パートナーがいるのであれば浮気をしてはいけませんよね。

これは正論ですが、“人間だから他を見たいと思うこともある”と思う人もたくさんいます。この考えの違う2人が話し合っても、お互いに自分が正しいと思っているうちは解決しません。

 

もし、解決する方法があるとすれば正論たではなく、まずは自分が相手の考えを受け入れる姿勢を示すことです。なかなかな忍耐のいることかもしれませんが、人は自分のルールが正しいと思いがちです。

だからこそ、身近な人がそのルールを理解しないとそれが怒りに変わります。でも、その身近な人にもルールがあることを忘れてはいけないのです。

 

だからこそ、怒りを相手に感じる時は自分のルールが正しいと思っている時で、それは相手も同じように思っているとまず受け止めましょう。

そうすると、少し怒りの表現が変わってくるとおもいます。

 

スポンサーリンク

 

お願いというかたち

さて、相手のルールがあるということが理解できるようになると、自分が正当だと思っていることも、それで相手に怒ることも、少し違うと考えることができるようになりますよね。

そうすると、怒りで相手に伝えるのではなく、あなたの価値観を理解してもらおうと、どちらかといえばお願いというかたちを取ることが良いことに気付くことができます。

 

例えばいつもデートに遅れる彼に、怒ってばかりいたとしましょう。デートに遅れる方が確かに悪いです。

でも、彼のルールでは時間を守ることは重要ではないのでしょう。そこを責めても、解決にはなりません。

 

そんな時は怒りではなく、時間を守ってもらえない時どんな気持ちになって、どうしてもらえたら嬉しいのかを、ただ落ち着いて伝えるのです。

ポイントはどうしてもらいたいかを伝える時に、彼のできそうなことをまずお願いすることです。

 

例えば“時間通りに来て“ではなく、まずは“遅れる時はメールもらえるだけで嬉しいの”と、比較的クリアできるお願いをするのです。

そうすると、いつもなら怒られるはずなのにむしろお願いされて、逆に申し訳ないなと相手は感じ始めます。

さらに、クリアできるお願いであれば相手の心に少しは残るのです。これを根気強く行いましょう。“一、二度言ったから理解するはず“
と言うのもあなたのルールの一つに過ぎません。

 

 

感謝を忘れない

このスタイルを何度か続けると、必ず相手に変化が見えて来ます。

先程の例からいうと、相変わらず時間にはルーズだけど、遅れる時に連絡を一本入れるようになったとか、毎回遅れていたのに半分に減ったなど、少しでも変化した時は大事なポイントです。

 

この変化は、相手からの歩み寄りの一つたです。だからこそ、ルールが違うあなたに譲歩しているのと同じです。

ここで“そんなのは当たり前”と考えるのは違いますね。なぜなら、ルールが違うだけでどちらが正しいということはないからです。

 

だからこそ、相手が少しでも歩み寄りの姿勢を見せたら、そこをきちんと評価しましょう。男性は特に評価されると、次から期待を裏切れない生き物です。

だからこそ「連絡くれて嬉しい」と、そこだけ触れて時間に遅れたことは目をつぶるのです。

そうすると、もっと期待に応えたいと思うようになり、これを繰り返すことでそのうちさ時間もしっかり守るようになるでしょう。そして、少しずつあなたが怒ることが少なくなるのです。

 

スポンサーリンク

 

  • 怒りの本当の理由を知る
  • 怒りが生むものってなに?
  • 自分と同じ考えではない事を知る
  • お願いというかたち
  • 感謝を忘れない

 

いかがでしたか。怒りを感じやすい人はまず、この5ステップを試してみましょう。ポイントは、何かを変えたい時はまず自分が変化する事だと思います。

上手く怒りと向き合い、素敵な恋愛をしましょう。

Posted by yan