失恋から片思いの教訓を生かす4つの方法|次の恋愛をしよう

恋に落ちるのは自然なこと。せっかく恋に落ちたのに、実らなかった経験が一度はある方が多いと思います。せっかくなら、そんな経験を生かして素敵な恋愛をしたいですよね。

片思いからの教訓を生かした方法を提案します。

 

片思いの失恋から教訓を生かす方法

あるがままでいる

憧れの人と一緒にいると、しゃべれなくなってしまう。そんな経験はありませんでしょうか。

憧れの人と近くにいると、とても幸せな気持ちになります。

 

けれど、強い憧れを相手に持っていると、その人に好かれたい気持ちが強くなりすぎてしまいます。

その人との会話中、嫌われたくないという思いが中心になってしまい、緊張してうまく話せなかったという事態が起こってしまいます。

 

こういった状態であるがままでいることは、とても難しいのではないでしょうか。

あるがままでいられないということは、自分に嘘をつき続けるということです。

 

それはとても不自然で、幸せとは別の方向にあるのではないかと思います。

片思いの相手が、自分があるがままでいられる相手だったかを振り返ることももしかしたら何か良い助けになるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

感覚を大事にする

片思いで終わってしまう人の関係性というのは、どこか自分の思いの中に、違和感があるように感じるのです。

「あるがままでいる」での述べましたが、自分に無理をしていた面があったのではないかと思います。

 

会話に無理して同意したり、相手の気を損ねなかっただろうかと心配ばかりしていたり…。

そういった無理をしていると、相手にそれがなんとなく伝わります。

 

結果、相手も気を使ってしまい居心地が良くない状態になります。そうなると関係を深めることが難しくなってしまいますね。

自分がそうなってしまっていると思ったら、もしかしたらこれは、恋とは違う形なのかもしれないと考え直してみるのも良いかもしれません。

 

恋ではなく、憧れの人と仲良くしている自分が楽しかっただけ、なんていう自分の思いに気づくきっかけにもなり得ます。

もちろん、考え直してみて、やっぱりこの人が好きだなと思えたならそれも素敵だと思います。

 

「好きだから仲良くしたい」と「憧れのあの人と仲良くしたい」は、同じように見えて、動機がまるで違います。「憧れのあの人と仲良くしたい」だと、違和感を感じてしまうように思うのです。

違和感を大事にすることも大事なのではないかなと思うのです。

 

 

なぜ実らなかったのか自分と向き合う

上手くいかなかった恋のことを振り返るのは、あまり楽しいことではないですし、避けがちだと思います。

繰り返し振り返る必要はないですが、いちど、しっかりと自分の中でなぜこうなったのか原因を考えるのが今後の為に良いことだと思います。

 

スポンサーリンク

 

せっかくの経験を無かったことにして通り過ぎてしまうのは、もったいないことです。 この恋を通して感じた自分の気持ちも、すべて無駄にしてしまいます。

どうせなら、せっかく感じた自分の気持ちを大事にして、次へと生かしましょう。どうしてこう思ったのか、その思いが嫌だったのであれば、次はどうしたらそんな思いを抱かなくてすむのか。

一度自分の中でそのことを整理できれば、次の恋はもっと楽しめるようになっていけます。

 

 

自分磨きを楽しむ

次に現れるかもしれない恋の為にも、自分の魅力を高めていくことが大事になってくるかと思います。自分の魅力が高まれば、自分のことをいいな、と思ってくれる人が増えていきます。

増えてくれば、次の恋のお相手からもいいなと思ってもらえる可能性が増えていくということになります。

 

どんどん可能性を増やしていきたいですよね。そのためにも、今自分が出来ることをどんどんやっていくのがいいのではないでしょうか。

例えば、新しいお洋服を買ってみる、いつもは行かなかった集まりに一度だけ行ってみる、お化粧を変えてみるなど。

 

お化粧は、早く印象を変えるのに適しているかもしれません。普段ほとんど化粧をされない方は、少しお化粧をしてみるだけでも印象が変わります。

眉毛を描くだけでも印象は全然違ってきます。チークを差すだけでも女の子らしい雰囲気になります。

 

もちろん普段からお化粧をされている方でも、しっかりメイクの方はナチュラルメイクに、ナチュラルな方は少し濃い目に、などアレンジしてみると自分でも新鮮な気持ちになれることもあるかと思います。

意外といつものお化粧より似合っていて素敵かも、という発見に繋がるかもしれません。自分に関する何か新しいことを試してみることが、自分磨きにつながると思うのです。

 

とはいえ自分が楽しめなければ、自分磨きがつらい作業にもなってしまいます。つらい作業では続けることが困難です。

ですのでつらい作業にはせず、あくまでも楽しめることから手を付けていけるといいですね。

 

スポンサーリンク

 

いかがでしたでしょうか。

片思いも、貴重な恋の経験です。せっかく経験した恋ですから、しっかり生かしてさらに素敵になっていきたいですね。

Posted by yan