嫉妬した時の対処|恋愛ジェラシーしてしまう?

2017年8月4日

嫉妬をしてしまうのは、カップルである以上仕方のないことであり、相手のことを好きなら必ずといっていいほど生まれてしまう感情の一つです。

嫉妬をすればどうなるかと言うわけではありませんが、嫉妬から恋愛が終わってしまうと言うこともあります。

あまりにも嫉妬が強すぎてしまうと、相手を束縛してしまうことになりますから、今回は、そういった嫉妬した時の対処法について少し紹介していきます。

 

恋愛で嫉妬した時の対処法

その人の恋人である自信を持つ

相手が、誰かからチヤホヤされてそれが嫉妬という感情になってしまうのであれば、その人の恋人であると言う自信をつけると良いでしょう。

やはり理想の高い人や、周りから慕われるような人と付き合ってしまえば、誰かからチヤホヤされてしまうというのは普通にある話です。

 

しかし、そうなった時に一々嫉妬をして仕舞えば、きりがありませんし、冷静になることすらできません。相手が浮気性ではない限りは、周りからチヤホヤされたとしてもその人たちに気持ちがなびくということはそうそうありません。

そのため、ここで重要になってくるのは、その人の恋人であるという自覚と自信を最大限持つということが重要になります。

 

そういった自信があるからこそ、嫉妬をする前に、自分が恋人だと言い聞かせることによって、嫉妬をせずにすみます。

ただし、それでも嫉妬をしてしまうという場合は、まだ恋人としての構え方ができていないことになるので、嫉妬の回数を減らしていくことが重要です。

最終的には、自分がその人の恋人だから大丈夫という安心感があれば、嫉妬をしなくなっていることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

嫉妬したことを相手に伝える

嫉妬をしてしまった時は、そのことを相手に対して素直に伝えるということが重要になってきます。その気持ちを相手に伝えることによって、相手から何かしらのアクションを受けることができるでしょう。

仮にも、相手に嫉妬をしたことを伝えたとして、鬱陶しがられてしまったとしても、伝えることに意味があるので気にする必要はありません。

 

問題は、自分が嫉妬をしなくなるためにはどうするかということなのです。嫉妬をしたことを相手に伝えると、少し罪悪感が生まれてしまうこともあるでしょう。

何度も嫉妬した感情を相手にぶつけてしまうと、相手に負担をかけてしまっているのではないかという感情が生まれてきます。

 

何よりも、嫉妬をすることで、自分自身にも負担がかかっているので、そのことを相手に伝えることで少しは楽になることでしょう。

しかし、相手のことを考えると、嫉妬をしないほうが気楽になれるという感情も生まれますから、嫉妬を極力しないようにもなれるのです。

 

 

自分に冷静になってみる

嫉妬をしそうになった時は、自分に対して少し冷静になってみることが重要です。自分に冷静になってみると、嫉妬をする感情というものが、いかに感情に身を任せているのかということがわかります。

自分の感情をぶつけるというのは、彼氏彼女の関係で非常に重要になってきますが、伝え方を間違えてしまうと、それが別れの原因にもなってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

嫉妬が激しすぎて仕舞えば、それが束縛につながってしまう可能性もありますし、自分に冷静になれなくなってしまいます。しかし、嫉妬をするということがわかっているのなら、一度自分の中でその感情を再確認すべきなのです。

嫉妬をしたとしても、相手のことを思えば嫉妬をしなくなる人もいますし、嫉妬したところで何も変わらないという意識が芽生えれば自然と嫉妬もしなくなるのです。

 

状況によっては、自分に対して冷静になることができないという人もいますが、そういう状況になった時にこそ、冷静になるべきなのです。

頻繁に嫉妬している人は、いきなり冷静になるといっても無理な話ですから、徐々にそういう感情を生まれさせていくと良いでしょう。

 

 

心に余裕を持つ

嫉妬をどうしてもしてしまうという人は、心に余裕を持つという練習をしてみると良いでしょう。人間として誰しも嫉妬をしてしまうものですが、心に余裕を持つことによってそれを対処できることもあります。

嫉妬をしたとしても、自己解釈することができれば、自分の中で何かしらの対処をすることができますから、行ってみることが重要です。

 

心に余裕を持つには、やはり自信をつけるということが重要になってきますし、相手に対して少し寛大になるということが必要です。

何をするにしても相手のことばかり考えて行動しているのであれば、心に余裕がなくなってしまいます。

 

そうならないためにも、嫉妬をしそうになったらまずは自分自身を改めて見つめ直して、嫉妬をすべきなのかを考えることが重要です。心に余裕を作るにしても、視野を広くするということも一つの方法です。

物事の視野を広げることによって、心にも余裕ができるようになりますし、相手に対して寛大になることができるので、実践してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

Posted by yan