嫉妬深い彼女と上手く付き合う対応方法と対処

カップルによって付き合い方は様々ですが、相手のことを好きすぎるあまり盲目になってしまう人がいます。盲目になってしまうと、嫉妬深さが露呈してしまうわけですが、彼女の嫉妬深さに悩んでいるという彼氏も少なからず存在します。

嫉妬深い=好きだという認識がある人にとっては、特に問題はありませんが、それを重いと感じてしまう人もいるのです。今回は、そういった嫉妬深い彼女と向き合っていくための方法についていくつか紹介していきます。

 

嫉妬深い彼女と上手く付き合う方法

相手しか見ていないことを証明する

嫉妬が生まれてしまう原因は、様々なものがありますが、中でも不安に思うということが大きな理由になります。もしも、相手が別に好きな人ができてしまったらという不安もあれば、浮気をされてしまうという不安があるのです。

この不安を払拭すれば、多少なりとも嫉妬深い性格というのは緩和されていくことでしょう。

 

それを証明するためにも、彼女しか見ていないという姿勢を見せるということが重要になってきます。見せ方は人によって様々であり、行動の示し方は彼氏自身の行動によって変わってきます。

それが、相手に対して好きと伝えるだけで満足するならそれでも良いですが、それだけで満足することは少ないと言えるでしょう。

 

最も簡単で実行しやすい方法として挙げられるのは、お揃いのものを購入するということです。これは、アクセサリーであってもぬいぐるみであってもどちらでも良いでしょう。

アクセサリーであれば、つけることによって、他の人が近寄りづらいようになりますから、非常に効果があるといっても良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

過去の女性の関わりは一切断ち切る

嫉妬深い彼女は、自分の周りの交友関係などを深く知りたがるという傾向があります。友達までなら問題はありませんが、それが元カノとなってくると、大きな嫉妬に変わってくることでしょう。

仮にも、SNSをしているとして、過去の投稿に元カノとの写真があったら、その時点で喧嘩になってしまうでしょう。

 

そもそも、投稿を消していない時点で、付き合うというのもおかしな話ですが、昔の話なら忘れている可能性も否めません。

また、元カノと連絡を取っているということが彼女に発覚した場合には、その時点で嫉妬してしまうこと間違いなしです。

 

思い出の写真やプリクラなどはまだ良いとして、現在進行形で連絡を取っているとすれば、彼女の不安も増えることでしょう。

関係は戻らないといっても、一度付き合った女性から変な色仕掛けをされてしまえば、気の迷いでよりを戻すという感情が生まれることもあります。そうならないためにも、彼女を安心させるためにも、過去の関係はすべて断ち切ることが重要です。

 

 

手が空いている時は基本構う

嫉妬深い彼女と付き合っていく上で、やはり不安にさせるということは一番の問題です。そのため、少しでも安心させるためにも、手が空いている時は基本的に連絡をするようにすると良いでしょう。

社会人として働いている場合は、お互いの仕事が終わってからではないとゆっくり連絡を取ることができません。

 

ましてや、数時間連絡が遅れてしまっては、彼女も不安に思うことですし、変な勘ぐりをしてしまう可能性もありあります。

そういった部分で彼女を不安にさせないことが、重要になってきます。

 

スポンサーリンク

 

好きという気持ちを伝えて安心させる

嫉妬深い彼女を安心させるためには、感情を伝えることが重要になってきます。ここで、ただ好きという感情を伝えることも重要ですが、様々な形で気持ちを伝えるべきなのです。

普段の生活の中で、LINEや電話などで気持ちを伝えることも重要ですが、それだけでは当たり前になってしまい、新鮮さにかけてしまうこともあります。

 

同じことをしていたとしても、相手を安心させることができません。嫉妬深い彼女を少しでも安心させるためには、常に気持ちを伝えることも重要ですが、ただ好きと伝えるだけでは意味がありません。

様々な形で気持ちを伝えるからこそ、相手に伝わる部分があるのです。

 

 

包容力と優しさを重要視する

嫉妬深い彼女をうけいれるということは、相当な覚悟が必要となります。そのためには、包容力と優しさを重要視しなければなりません。

嫉妬深い彼女は、彼氏のことをなんでも知りたいという欲が人一倍強いと言えます。

 

なかには依存しているという人も多く、そういった彼女と向き合っていくためには、自分なりに優しさを出すことが重要になってくるのです。

相手を包み込むためには、相手の悪い部分さえも受け入れていくことが重要です。嫉妬深い性格さえも好きになれば、包容力が身につくことでしょう。

 

しかし、自分にとって負担になる部分があれば、考えなければなりません。嫉妬深い性格と向き合っていくためには、我慢することも必要ですが、我慢しているだけでは不満が生まれてしまいます。

それさえも好きになるのであれば問題はありませんが、今後向き合っていきたいのであれば、念頭に置いておくべき項目です。

スポンサーリンク

Posted by yan