失敗しやすい告白の仕方|失恋は濃厚?成功しない?

2017年8月4日

相手への気持ちが高まってくると、気持ちを伝えたい衝動に駆られてしまうことがあるでしょう。
ただ、結果的に残念なことになってしまえば、その告白は無駄なもの、あるいはもったいないものになってしまうこともあります。

失恋しやすい告白を把握し、その衝動を抑えることも時に必要です。どんな告白だと失恋してしまう可能性が高いのでしょうか?

 

失恋濃厚?失敗しやすい告白の仕方

出会って間もない告白

「はじめまして」と会ったばかりな相手に、急に告白してしまえば、当然フラれてしまう可能性は高いです。

相手の情報を、「見た目」しか知らない状態で告白されても、嬉しくは感じるものの受け入れることが難しいですよね。

 

付き合う上では、やはり相手のことを知らないことには、先に進みたいという欲や期待は持てません。

特に大人の恋愛では、より相手の中身を知りたいと感じる人が多いことから、一目惚れによる告白は失恋しやすい告白となってしまうでしょう。

 

「この人カッコいい」「この人と付き合ってみたい」と思ったとしても、相手をもっと知る努力が必要です。

行動が先走ってしまわないように、フラれる可能性が高いということを頭に入れておくと、衝動的な行動は抑えられるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

恋人がいると分かっていての告白

相手に恋人がいると分かっていながら、どうしても気持ちを伝えたいと抑えられない人もいますよね。

「もしかしたら相手と別れてくれるかもしれない」「自分に興味を持ってくれるかもしれない」と思い告白をするものの、「今相手いるから」と断られてしまう。

 

恋人がいることで断られることを前提に思いを伝えた場合は、その後も気持ちを継続させて努力していけるかもしれません。

が、恋人がいると分かっているという時点でショックを受けているのに、断られることでさらに傷つき、好きな気持ちをキープできないでしまう人もいるでしょう。

恋人がいると分かっているのなら、告白前に恋人との関係性や状態を知ることも必要です。何の不満もない、関係が上手く行っているという状態で告白すれば、当然フラれる確率は高くなります。

 

 

上から目線の告白

「あなたとだったら付き合ってもいいけど」とか「今なら付き合ってあげるけど」と、上から目線の告白は失恋しやすい告白です。

相手が追いかけてきていると誰もが分かる状態で、上から目線で告白することには問題ないですが、相手の気持ちが確認できていない状態で上から目線の告白は、見下されているかのような意識を相手が持ってしまいます。

 

「付き合ってあげてもいい」なんて自分を過剰評価している人、発言に、良い気がする人はいません。

ましてや特に特別な感情を抱いていない、恋愛対象として見ていないという段階であれば、友人としてもどうかと考えてしまうでしょう。

 

プライドが高かったり恥ずかしさを隠すために上から目線で告白しているのなら、かえってそれは損している告白の仕方です。

対等、あるいは謙虚な姿勢で告白した方が、印象も良く良い反応を期待しやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

相手の状況を考えていない告白

相手が忙しい状況、暇がない状況の中で、自分の思いを先行させた告白は、相手にとって負担となってしまいます。

例えば仕事で休みがなく、毎日寝る時間も惜しいと感じている人に告白をした場合、「今はそんな時間ない」「恋愛している余裕がない」と返されてしまいます。

 

確かに好きな気持ちが強くなると、相手に伝えたくなるものですが、相手の状況を考えていない告白は失恋しやすい告白となってしまいます。

仮にあなたに良い印象を抱いていたとしても、そのタイミングが合わないことによって、二人は進展しないということもあるでしょう。告白するにも、タイミングが大切です。

自分の気持ちだけ考えるのではなく、相手の状況や立場を考えた上で、告白する日を決めた方が良いでしょう。

 

 

時間をかけすぎた告白

相手のことを好きになってかれこれ3年が経つなど、相手と知り合って時間がかなり経っている場合は、告白しても断られてしまうことがあります。

恋愛に進展するためには、相手のことをもっと知りたいという興味と好奇心が必要で、知り尽くした後ではその思いが薄れてしまうのです。

 

中には知り過ぎたことによって、「異性として見られない」という人もいるくらい。告白するのが遅すぎたと言える状況です。

告白を急ぎ過ぎるのもNGですが、逆に時間をかけすぎてしまうのもNGな結果になってしまうのです。

二人の間に多少の距離感があり、深く知らない程度の仲での進展には期待が持てます。

知り合って何年も経っている状態から恋愛関係に進展させるのは、難しくもあり大変なことなのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

失恋すると分かっていたら告白はしないかもしれませんね。ただ、失恋しやすい告白が存在していることを頭に入れておけば、フラれてしまう確率を下げることは可能です。

衝動的な告白、自分のことしか考えていない告白は、相手にとって「迷惑」となってしまうこともあります。タイミング、状況、距離感を確認しながら、成功率の高い告白を心掛けていくと良いでしょう。

Posted by yan