シングルマザーが恋愛する際に気を付けるべき4つのこと

今では珍しくもなくなった離婚ですが、離婚後も再び恋愛したいと考える女性も少なくありませんよね。

ただもし元夫との間に子供がいるという場合は、恋愛する前に気を付けるべきポイントを把握しておく必要があります。

「そろそろ新しい出会いが欲しいな」「再婚を考えたいな」と思ったら、行動に起こす前にこれらのことを頭に入れておきましょう。

 

シングルマザーが恋愛する際に気を付けるべきこと

シングルマザーであることを隠さない

恋愛したいあまりに、シングルマザーであることを隠してしまう女性がいますが、これは子供にとっても、また恋愛を進めていく上でもあまり良いことではありません。

というのも、シングルマザーであることを隠してしまうと、相手の男性は当然あなたと二人のことだけを考えることとなり、後に子供の存在が障害だと感じやすいからです。

 

特に男性に子供がいない場合は、子供の扱いに慣れていなかったり、具体的な対処が分からず、子供の存在を伝えた後に「厄介」「面倒」と考える人が多いのも事実です。

恋愛に進展しそうな男性、新たな出会いがあった際には、できるだけ早い段階でシングルマザーであることを伝えるべきです。

男性がその事実を受け入れた上での好意であれば、それなりに覚悟ができている証拠ともみなすことができるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

母親であることを忘れない

シングルマザーの恋愛で欠かせない必要な意識が、母親であるということです。

子供が一人で何でもできるようになったから、もう大きくなったからと、母親であることを忘れ、女であることを意識する女性もいます。

 

よく言われるように、あなたは一人の女性である前に、もう既に一人の母親です。

子供の行事をそっちのけでデートを楽しんだり、子供を夜中に一人残して彼に会いに行くことは、子供が犠牲になっているという事実に繋がりますよね。

 

あなたが恋愛することで子供に支障が出るようであれば、今恋愛することは避けるべきです。

第一に子供のことを優先する、子供に負担がかかるような行動は避ける、子供に寂しい思いをさせないという意識は、子供の年齢関係なく持つべき意識です。

どうしても彼とデートをしたいというなら、子供も一緒に楽しめるデートを選んだり、時間を決めてのデートをするように心掛けなければならないのです。

 

 

子供の話に耳を傾け信じる

「この彼であればきっと子供も受け入れてくれるだろう」と思った場合、子供を交えて食事やデートをするかもしれませんね。

早く子供と彼が仲良くなってほしい、お互いに受け入れて欲しいという焦りもあり、頻繁に会わせることもあるでしょう。

 

ただこの時気を付けたいポイントが、子供の目線から見た彼です。

つい子供に受け入れてほしくて「良い人なんだよ」「優しいから○○にとっても良い人だよね」と、諭すように、説得するかのように子供に言ってしまいがちですが、ここでは子供の話に耳を傾けるべきです。

 

子供が「あまり好きじゃない」「会いたくない」と言っているとしたら、そこには何かしらの理由や原因が隠されています。

もしかしたらあなたの見ていない所で、その彼から子供は何かされている可能性だってあります。
ここで「何わがまま言ってるの」「勝手なこと言わないで」と子供を否定してしまってはいけません。

子供目線でしか見えない彼の正体があるかもしれないため、子供の話に耳を傾け、その話をきちんと信じてあげる意識が必要です。

 

スポンサーリンク

 

彼の子供への接し方

彼があなただけを優先する、あなただけを見ているという恋愛なら、子供に辛い思いをさせてしまうかもしれません。

一緒に会っていても自分にだけ話しかけてくる、子供と一緒に遊ぶことがない、「できれば連れてこないで」とないがしろにするといった面が見られたら、彼はあなたとの恋愛だけを考えていて、子供を含めた将来のことまでは考えていないでしょう。

 

もし彼が子供も受け入れた上で将来のことを考えているとしたら、子供がどうやったら自分を受け入れてくれるか、どうやったら安心できるかといった子供を含めた考え方をするはずです。

まるで子供がいないかのような恋愛の仕方を好む彼であれば、具体的に将来を考えている訳ではなく、ただあなたと恋愛を楽しみたいと思っているだけでしょう。

 

そこにあなたが望む再婚や将来への期待に、応えられるだけの覚悟や意識は持っていません。

彼が子供に対してどんな接し方をしているのか、関わりを持とうとしているかを、母親として見ることも必要になるでしょう。

 

 

まとめ

シングルマザーであっても恋愛に興味を持ち、いつか誰かと一緒になりたいという希望を持つことだってあるでしょう。

ただ、恋愛をしてしまうと突っ走ってしまうタイプの人、女であることを常に意識している女性は、これらの気を付けるべきポイントを頭に入れておくべきです。

 

そこに子供がいる以上は、恋愛だけを考える訳にはいかないもの。

自分の意思や選択が子供にも影響が出ることを改めて考え、その上で恋愛を楽しむよう意識すれば、シングルマザーだって恋愛を満喫することができるのです。

スポンサーリンク

Posted by yan