LINEの返信内容で男性の気持ちがわかる?それナシサイン?

LINEの返信内容で男性の気持ちがわかる?それナシサイン?
スポンサーリンク

気になる男性や彼に、メールやラインをしてもどう考えているのかわからない時ってありますよね。

女性は不安になると思いますが、LINEにはたくさんのサインが隠れているのです。LINEの返信内容でアリかナシかのサインを見抜くポイントをお教えします。

 

男性のLINEメッセージの返信内容で気持ちがわかる?

半日以上未読&返信なし

基本的に人は仕事をしていると、小まめに連絡を取れない事が多いと思います。だからこそ”すぐ返事をくれない!”と、怒るのは相手の事を考えていないのと同じ事になります。

しかし、仮にどんなに忙しい人でも携帯くらいは必ずどこかのタイミングで確認しますよね。そのタイミングで、1つメールを送るのに数分も掛かりません。

 

要するに、メールの返信速度は気持ちの問題で大きく変わると言っても過言ではないのです。

まして、男性は基本的に恋愛初期では気持ちも上昇するので、女性の事が気になっていれば時間を作ってでも連絡するものです。

 

だからこそ、たまにであればまだしも毎回返信に半日以上かかる場合は、興味自体薄いという可能性が大きいのです。

ですが、人は相手を好きになるとつい”仕事が忙しいから仕方ない”と、相手を思いやるフリをし同時に相手の本音を見ようとしません。

 

しかし、男性は女性が何も言わなければ”このペースでもOK”と思い、益々連絡の頻度は低迷するのです。

こんな時は、”もっとこうしてほしい”という気持ちを柔らかく伝え、改善が見られない時は相手の興味がまだまだ薄いと察しましょう。

 

 

スタンプでの返信

スタンプ機能付きのメールシステムは、とても便利ですよね。なぜなら、自分で表現しなくてもスタンプが代わりに表現してくれるので、とても便利な機能といえます。

そう、”便利”なんです。ここで、何か気付く人は相手の心理も見抜く力がある人です。この”便利”なシステムは、愛情表現などテレくさい時に使用するならまだわかりますが、本来であればそれも男性自身の表現で伝えてもらった方が女性は嬉しいですよね。

 

この”女性が嬉しい”という事を、男性は好きな相手の為には頑張るものです。また、話を切り上げたい時にあえてスタンプを使う事もあります。

このように、いつメールをしてもスタンプのみで返事が返ってきたリする場合、相手を悪い意味で女性に事を”ラクな存在”として認識している場合が多いのです。

この”ラクな存在”になってしまう速度が早ければ早い程、恋愛はマンネリしやすく既にマンネリしているケースも多いのです。

 

 

単語だけの返信

メールは、現代におけるコミュニケーションの一つです。また、表情まで伝わらないからこそ、もし相手の事が気になっているのであれば、少しでも相手に伝わるよう工夫したり言葉数が増えるのが普通です。

しかし、”だね””うん””はい””へ―”などこちらがどんな内容を送っても、5文字以下の返信ばかり届く場合は、”これ以上話を膨らませる必要がない”という気持ちの表れです。

 

例えば、女性側が『昨日、友達と飲みに行ったの』とメールをすれば、その女性に好意を抱いている場合は”友達って誰なのかな”や、”いつもどんな所で飲むのかな”など、相手の事を知りたいと思うのが普通です。

それなのに、『そうなんだ』など単語メールでしか返信しない男性は、相手に興味もなくとりあえずメールがくるから返信する、という感覚でしかない場合が多いのです。

これに気付かず、”リアクションは薄いけど返事くれるし”とポジティブに受け止めてしまい、メールを送り続けると”ウザい”と思われるようになる事もあるので、相手の反応を見抜く力は、恋愛においても大事な事なのです。

 

スポンサーリンク

 

メールの終わりが自分

メールはどちらかが質問ばかりしていても、楽しくないですよね。なぜなら、コミュニケーションというのは、お互いがお互いに興味を持つことで成立するからです。

しかし、メールをし返信はあっても毎回メール終わりが自分で、次にメールをするのはいつも自分という女性は意外にも少なくありません。

 

だからこそ、男性はメールが来るのを待っていればよく、それに適当に返信し、その後返信をしていなくても、翌日また女性からメールが丁寧に届くので、受け身でいる事が当たり前になってきます。

このような 関係は本来逆が理想的でメールは女性から終わらせ、次のメールは男性が送るという流れの方が、男性も追いかけている感があり、女性は受け取る側で余裕のあるかたちの方が恋愛は結果的に上手くいくのです。

 

また本来、男性が夢中であればこのかたちは自然と出来上がるものなのです。こういった男性の本能を上手く引き出せる女性とそうでない女性では、恋愛においての労力がちがってきます。

だからこそ、いつもメールの終わりが自分で終わってしまう人は、相手が自分に興味を持っているか再確認して軌道修正が必要なのです。

 

 

  • 1日以上未読
  • スタンプでの返信
  • 単語メール
  • メールの終わりが自分

いかがでしたか。”恋は盲目”と言われ、恋愛の最中にいると相手を見抜く力が誰しも薄れるものです。

しかし、男性は基本的に言葉ではなく態度に示す事が多いので、こういった反応を普段から感じ取れる女性は、恋愛で苦労する事も少なくなるので、しっかり相手の反応を見抜く力をつけましょう。

スポンサーリンク