【恋愛依存】彼氏・彼女に依存する原因、対処法

2017年8月4日

付き合ってしばらく経ってしまうと、相手を好きすぎるあまり依存をしてしまうという人がいます。好きという感情が先走ってしまうと、どうしても相手にも自分の気持ちを伝えて、安心させようとします。

しかし、相手に依存してしまうと、自分自身をなくしてしまう可能性もあるので要注意です。今回は、恋人に依存してしまった時の対処法について、紹介していきます。

 

彼氏・彼女に恋愛依存

依存することは悪くない

カップルによって付き合い方は様々ですが、一般的に相思相愛のカップルなら、余程サバサバしていない限り、様々な形で好意をつたえているはずです。

そうなれば、相手に伝えることも増えてきますが、相手のことが好きすぎてしまうと依存につながってしまいます。

 

恋愛をすることにおいて、依存をするということは決して悪いことではありません。ですが、自分を破滅に追い込んでしまうような依存をしているようであれば、気をつけたほうがよいでしょう。

やはり、カップルという立場は友達でもなく身内でもない存在であり、特別な存在であることに変わりはありません。

 

そのため、相手を頼るというのはごく当たり前のことであり、依存してしまう感情もごく当たり前の感情なのです。過度な依存になってくると、自分を壊してしまう原因につながってしまいます。

そのため、多少なりとも思慮分別をわきまえた依存をするということが重要になってきます。

 

スポンサーリンク

 

依存してしまうとどうなる?

依存をしてしまうということは、カップルとしてごく当たり前のことであることは前述しました。しかし、中には依存をすることが悪いという人もいるのです。

そもそも、依存をしてしまうとどうなるかというと、自分自身を見失ってしまう恐れがあるのです。

 

依存をすることがダメだと思っている人は、この自分自身を失うということを危惧して言っているとして良いでしょう。しかし、依存という感情は悪いというだけではありません。

依存をするということは、相手のことを好きだという気持ちがあるからこそ生まれる感情といっても良いでそう。

 

相手からすれば、自分のことを好きすぎるあまり依存してしまっていると思うことでしょう。カップルの関係で、好きという感情がうまれることは当たり前ですから、依存も当たり前なのです。

しかし、相手のことを考えすぎるあまり、仕事やプライベートに支障をきたしてしまう人も少なくはありません。そうならないためにも、依存をするというのであれば、自分の中での最低ラインを決めておくことが重要です。

 

 

そもそも依存してしまう原因は?

誰かに依存してしまうという感情が生まれてしまうのは、その人がどこかにいってしまいそうで怖いからです。そのほかには、自分に自信がなくなってしまっており、相手を頼ることで自己実現をしようとしているからです。

依存をすることによって相手を頼ることになりますが、頼らなければ解決できないことは非常に多く存在します。

 

これは、男女関わらずどちらでも発生するような感情であり、ある種仕方のないことと言っても良いでしょう。しかし、何もが相手に頼ってばかりで行動していると、常に相手主導の恋愛をしてしまうことになります。

確かに、それでも良いと思う人もいるでしょうが、関係を継続させたいと思っているのなら、立場をわきまえるべきなのです。

 

スポンサーリンク

 

恋人に依存しそうになった時の対処法

仮にも、相手に依存しぞうになったときは、様々な対処法があります。自分の好きだという感情を相手に伝えたいのであれば、直接伝えても構わないでしょう。

しかし、それを毎日伝えているとすれば、それが当たり前になってしまい重いと感じてしまう人もいます。

 

そのため、そういった感情を生まないためにも、ほどほどに伝えることが重要です。自分の中で、相手に依存していると実感し始めているのなら、思い出を振り返ってみると良いでしょう。

自分が不安になって相手のことを依存しているとすれば、自分が相手にとっての特別な人だということを実感することが重要です。

 

実感するために相手からの言葉を待つのではなく、自分からアクションを起こして実感するべきなのです。

2人で作った思い出は、2人でしか作れないものであり、その時の感情を思い出せるのも恋人だからこそできることなのです。

 

 

依存すべきシーンを間違えない

どうしても相手に依存してしまうという人は、依存すべきシーンを間違えないということが重要です。仮にも、依存をしてしまったとして仕事がないがしろになってしまうのであれば、気をつけたほうが良いでしょう。

恋人は恋人は、仕事は仕事というラインを引いていないと、両立することができないからです。

 

多少の依存をすることがあったとしても、その感情を少しでも相手にださないことが重要です。依存という感情は、伝わり方によっては非常に重くなってしまいますから、注意しなければなりません。

関係を継続させるためにも、過度な依存には気をつけ、場をわきまえた依存をすることが重要です。

スポンサーリンク

Posted by yan