彼氏や彼女、夫婦を嫉妬させてしまう7つの言動

2017年8月4日

恋人同士や夫婦の間で嫉妬してしまう事があるのではないでしょうか?実は嫉妬って、好きな相手に大きなことをされるよりも小さなことをされた方が嫉妬に繋がりやすいのです。

ですが小さいことをしてしまった本人は全く気付いていない場合がほとんどです。では、”小さなこと”とはどんなことなのでしょうか?小さなことなのに嫉妬に繋がる言動を7つご紹介します。

 

恋人や夫婦を嫉妬させてしまう言動

異性との連絡先の交換

これは恋人同士に起こりやすい小さな嫉妬です。夫婦の場合「仕事ならしょうがない」というような感じになり、嫉妬というよりも「しょうがない」という言葉で終わります。

ですが恋人同士の場合、好きな相手が異性と連絡先の交換をした場合”連絡を取っている”という事よりも”連絡先を交換した”という方が嫉妬してしまいます。

 

その理由は、好きな相手が異性と連絡を取っている場合「嫌だけどしょうがない」と思えるのですが

異性との連絡先の交換の場合「なんで交換したの?」「ほんとに連絡先を交換する必要あるの?」となってしまいます。

こんな小さなことで嫉妬に繋がる場合もあるので、好きな相手を悲しませないためにも「本当にこの人と連絡先を交換するべきなのか?」をよく考えてから異性との連絡先の交換をしましょう。

 

スポンサーリンク

 

他の異性と楽しそう&嬉しそうにする

好きな相手が楽しそう&嬉しそうにしているのは嬉しい事なのですが、「なぜ楽しい&嬉しそうにしているのか」を相手に言わずにいると「なんでこんなに楽しそうにしているんだろ?」「自分の知らない所で異性になにか言われたのかな?」と思い、相手は不安な気持ちの反面、そんなあなたに嫉妬しています。

これって意外と無意識にやってしまう人が多いようですが、やられている相手は自分でもびっくりするほど嫉妬してしまっています。

 

 

モテ話

これは過去の話ではなく、現在のリアルタイムでのモテ話です。

恋人同士や夫婦でも、自分と結婚をしていたり付き合っているのに好きな相手にモテ話をされると口を利きたくなくなるほど嫉妬してしまいます。

 

例えば「○○が自分の事好きらしい」「○○に告白された」「バレンタインにチョコレートいっぱい貰えた」「○○(異性)からお土産貰った」等、日常生活の中で起きやすい事なので、モテ話をしている方は何も思わずに話しています。

もしこんなモテ話を好きな相手にして、いきなり口数が減ってしまった場合は「嫉妬をしているのかも!?」と察して話すことを辞めましょう。

 

 

異性を褒める

同性の友達と遊んだり、電話などをした時に自然と夫婦の事、恋人の話になります。

そうした日に日常会話として好きな相手に「○○(友達の名前)の彼氏って○○の帰りが遅くなると迎えに来てくれるんだってー!優しいよね」「○○(友達の名前)の奥さんは毎朝早起きしてお弁当を作ってくれるんだってー!すごいよなー!」と無意識に他の恋人、夫婦間の話を好きな相手にしています。

よくある話なのですが、話している方はただの日常会話なのですが、されている方は「だから何?そんなに羨ましいならその人の所に行けばいいのに」と好きな相手が異性を褒めていることに嫉妬してしまいます。

 

スポンサーリンク

 

異性に褒められる

例えば髪を切った次の日に「○○(異性の名前)に髪形良いね!って言われた」「前の髪型より今の方が似合う!って言われた」なんて、髪形を異性に褒められて嬉しくなったからとはいえ好きな相手に異性から言われたままの言葉で伝えていませんか?

仲の良い異性でない限り髪形なんて褒めてきませんよね。

 

そうしたことで言われた方は好きな相手の髪形を褒められたという事よりも「仲の良い異性が居るんだ」となり嫉妬しています。

もし異性に褒められたことが嬉しく、好きな相手に伝えたい場合は異性の名前は出さずに「いろんな人に髪形褒められたよー」と伝えることで相手が嫉妬することがなくなります。

 

 

ペットに溺愛

飼っているペット溺愛している人は多いのではないでしょうか?飼っているペットの場合情なども入り余計に可愛くて仕方なくなりますよね。

ですが、ペットの溺愛しすぎて好きな相手の事を放置していませんか?「そんなことで?」と思うかもしれませんがペットに溺愛しすぎて好きな相手を放置してしまう行為は嫉妬に繋がります。

 

ペットが可愛いのは分かりますが、好きな相手の事を放置せずにしっかりと構ってあげましょう。

もし「自分はペットに溺愛しすぎて放置しているかも!?」と思った方はその時のシーンを良く思い返してみて下さい。

その時あなたの好きな相手は機嫌が悪くなっていたり、口数が減っているでしょう。

 

 

知らない異性を褒める

夫婦や恋人同士であればデートや買い物によく行きますよね。

そんな時に自然と知らない異性が目に付き「あの人可愛いね」「あの人タイプ」「あの人の服装好き」なんて相手に言っていませんか?

 

何度もこんなことを相手に伝えてしまっている場合相手は嫉妬しています。ただの日常会話や思ったことを口にしているのは分かります。

ですが知らない異性が好きな相手のタイプとは真逆だった場合余計に嫉妬してしまいます。

この小さなことで嫉妬してしまい、言われた方はそこからデートがつまらなくなってしまう場合もあるので極力知らない異性を褒めることは辞めましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

嫉妬をした時に相手に「嫉妬した!」ということが伝えられる人ならいいですが、中には相手に伝えられずに自分の中で溜めこんでしまう人も居ます。

「嫉妬したなら言えばいいのに!」と思ってしまいますが、「好きだからこそ言いたくない」と思う人も居るので好きな相手を傷つけないためにも小さな事には気を付けましょう。

Posted by yan