価値観の違いで別れる前に、恋人との相性が合うか確認を

2017年8月4日

価値観の違いによって別れたという話はよく聞くことですよね。人それぞれ育った環境や交流の違いから、すべて同じ価値観という人には出会うことが難しいものです。

ただ、長い付き合いをしたい、結婚を考えたいと思っている恋人に対しては、チェックしておきたい価値観のポイントがいくつかあります。

後になって「価値観の違いが大きい」とならないためにも、事前に自分に合うかを確認することもできるでしょう。

 

価値観の違いで別れる前に、恋人との相性を確認

金銭感覚

まずは金銭感覚です。あなたが節約するタイプであっても、相手の浪費癖が激しいとなると、そこに金銭感覚のずれが生じます。

このように極端な価値観の違いがあると、必ずと言って良いほど衝突が起き、このケースの場合は浪費癖が激しいタイプが倹約家タイプに合わせる形が多くなります。

 

すると浪費癖の激しい人は、お金を使うことができず、それによってストレスが溜まり、あなたといることに「居心地が悪い」と感じるようになり、価値観のずれに不快感を示すように。

デート中のお金の使い方、使い道を見ていれば、相手の価値観を知ることができます。

交際前に「お金遣いが荒いな」「ケチだな」と自分とは違う印象を持った場合には、今後金銭感覚のずれによる衝突の可能性が高いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

優先順位の順番

仕事を第一に優先する人もいれば、恋愛を第一にする人がいるように、優先順位にも価値観が表れます。

例えば仕事を第一と考える男性と恋愛を第一と考える女性が付き合えば、「私と仕事どっちが大事なの?」という質問が飛ぶようになるでしょう。

 

仕事を第一にしている男性にとって、この質問は重く、プレッシャーとなったり引いてしまうこともあるかもしれませんね。

しかし女性にとっては恋愛に重きを置いているために、「仕事ばかりなんてひどい」「放っておくなんてあり得ない」という感覚が普通なのです。

 

この優先順位の価値観は意外と重要で、どこに重点を置いているかによって、その後の付き合いが大きく変わります。

第一に恋愛以外のものがある人と、第一に恋愛の人とでは、恋愛に対しての温度差が激しく、釣り合わなくなってしまうのです。

 

もしあなたが恋愛以外のものを第一に考えている場合は特に、相手の優先する第一のものを確認すべきです。

「恋人が一番」「恋愛無しでは生きられない」というタイプであれば、あなたにとっては負担となり、その恋愛では犠牲になることも多くなるでしょう。

 

 

プライドや見栄に対する意識

恋人に対してプライドや見栄を強く見せるという人がいる反面、逆に「素を出していきたい」と感じる人もいますよね。

恋人には良いところを見せたいと思う人と、恋人には悪いところも見せていきたいと思う人が付き合うことでも衝突が起きてしまう可能性があります。

 

恋人に良いところを見せたいと思う人は、多少の嘘や大袈裟な表現が見られてしまうため、素を出していきたいと感じている人にとっては、それが「不信」であると感じます。

プライドや見栄のためにつく嘘や大袈裟な表現に、信用することができないと感じた側は、素を出したいのに出せないという状態に陥るでしょう。

 

こうなってしまうと、二人の間には壁ができてしまい、心を開くこと、本音で付き合うことが難しくなり、お互いを認め合った付き合いができなくなります。

どこか疑いながら、どこか距離を置きながらの付き合いとなり、そこに信頼関係や信用を築くことができません。

どの程度プライドが高いのか、どの程度見栄を張るのかも、事前にチェックしておきたい価値観です。

 

スポンサーリンク

 

相手に何を求めているか

恋人に何を求めているかという価値観も大切です。例えば、「恋人には癒してほしい」と感じる人、「恋人から刺激がほしい」と感じる人、「恋人には愛情を求める」という人など、いろいろタイプがいるでしょう。

癒してほしいという人は、恋愛に安心や安定を求めているタイプ。刺激がほしい人は、恋愛にスリルやドキドキ感を求めているタイプ。

 

愛情を求めている人は、相手にしてもらいたい、かまってほしいと相手の存在や表現を大事にするタイプで、人によっては束縛や干渉が激しいタイプの人もいるでしょう。

恋人に何をしてもらいたいか、求めているかの価値観によっても、ずれや喧嘩が起きやすく、満たされなければ不満に思ってしまいます。

 

自分と相手が恋人に求めている内容が全く違うものなら、いくら期待しても要望しても、叶えてくれることは少ないです。

「付き合ってみたらなんか違う」となってしまう原因となりかねない問題なため、何を望んでいるのかを前もって把握すると、付き合ってからの違いを最小限にとどめることができるかもしれません。

 

 

まとめ

価値観と一言で言っても、その内容は様々ですよね。違いがあって当然ですが、長く付き合っていくためには、相性が大切になります。

付き合っていくうちに「あれ?なんか違うな」とならないよう、その人の様子や行動を観察したり、時間をかけて知り合っていくことで、より良い関係を築くことができるかもしれないのです。

スポンサーリンク

Posted by yan