彼氏にプロポーズされる前に考えるべき5つのこと

2017年8月4日

好きな彼から「結婚しよう」とプロポーズされたら、嬉しさや感動で思わず即答で「はい」と答えてしまう女性は多いでしょう。

しかし結婚するからには、結婚前に考えておくべき点や覚悟するべき点があることを忘れてはいけません。

彼からプロポーズされたらすぐに返事ができるように、今のうちから考えておいても良いかもしれませんね。

 

彼氏にプロポーズされる前に考えるべきこと

経済的な安定や安心

結婚するということは、二人が家族となり、共に生活することとなりますよね。現実的に考えて、彼との将来に経済的な不安がないかをまずは考えてみるべきです。

例えば夢を追いかけ続けて定職に就いていない、海外旅行が好きで収入のほとんどを旅行に費やしているなど、経済的に不安を感じる点があれば、一度時間を置いて考える必要があります。

 

あなたが妊娠し働くことが難しくなった場合、今の彼の収入だけでやっていけるのか、安心した生活が送れるのかは、現実的に考えておくべきです。

実際に経済的な問題が夫婦の喧嘩となるケースは多く、近い将来の問題点となるかもしれません。
結婚しても安心できる安定した経済力があるかを見極めてみましょう。

 

 

彼の家族関係

結婚は二人だけの問題ではなくなってきます。お互いの両親、兄弟といった繋がりも、結婚には関わってくるのです。

例えば田舎暮らしで彼が長男といった場合、将来的に彼の家族と同居することも少なくありませんよね。

 

彼の家族を全く知らない状態で結婚を決めてしまってから、「義母と性格が合わない」「小姑がいる」といった現実を知り、逃げたくても逃げれない状況になってしまえば、彼への気持ちも変わってしまうかもしれません。

彼の家族関係について結婚前に把握することも重要なこと。プロポーズされたら、「家族に会ってみたい」と、一度面識を持ってみることも必要でしょう。

 

スポンサーリンク

 

同棲を

結婚に迷いがある、覚悟が決めれないという場合は、結婚の前に一度同棲してみるというのも判断材料になります。

彼との付き合いが浅い、彼の性格がいまいち掴めない、生活パターンを知りたいなど、今思っている不安が解消されるかもしれません。

 

結婚は、することは簡単であっても継続させることはとても難しく、後から「こんなはずじゃなかった」と後悔する女性も少なくはありません。

そして後悔のほとんどが「情報不足」であり、想像の中だけで解釈してしまったパターンに多いのです。

 

同棲をすることで、今まで見えなかった彼の一面を見れるかもしれませんし、「これなら大丈夫」と覚悟を持てるかもしれません。

どのような生活になるのか、一度予行練習として同棲してみるのも一つの方法です。
この同棲生活が上手くいかないようであれば、実際結婚も上手くいかないでしょう。

 

 

自分の自由は少なくなる

結婚して幸せを手に入れる代わりに、あなたの自由は多少減ってしまうことは避けられません。

これまで自由に友達と遊んだり飲みに行ったり、趣味に時間を費やしたりといった自由な時間は、今のようには確保できません。

 

よく結婚してから挙がる不満が、「一人の時間が欲しい」という不満です。

今までの生活に加えて、夫の世話や食事の管理、家事や育児と時間が奪われてしまうため、仕事をしている女性であれば、自由な時間を確保することは難しいです。

趣味に費やす時間が無くなり、独身の友達との交流も少なくなることに不満を持つようであれば、もう少し結婚を考えた方が良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

彼の周囲の評判

もちろん女性にも言えることですが、結婚してから変わってしまうという人は少なくありません。
ただ結婚前に把握することは困難で、自身で確かめるには限界があるでしょう。

この時役立つのが、周りの評判です。

 

彼の友達、家族、同僚といった人たちと関わる機会があれば、彼にどんなイメージを持っているかを聞いてみると参考になります。

あなたが「優しい人」と思っていても、周りからは「よく嘘をつく」「二面性がある」といった意見が聞かれれば、もう少し彼の観察が必要です。

 

周囲にいる人は、彼の素の部分も見ているはず。あなたには「好き」があるから隠している可能性もあります。

身近にいる家族や友人の意見はかなり参考になるため、一度接点を持ってみると良いかもしれませんね。

 

「家族を紹介してほしい」「友達と会ってみたい」と彼に伝え、普段の彼の様子や言動を見てみると、また考えや見方が変わってくるかもしれません。

そこに迷いがある人こそ、客観的な意見やアドバイスに耳を傾けると良いでしょう。

 

 

まとめ

プロポーズされた瞬間は、「嬉しい」と思う女性がほとんどでしょう。

ただ「結婚してもいいのだろうか」「どうしよう」と迷いが出ているのなら、あなたには何かしらの不安が残っているということですよね。

 

結婚をする上で考えておくべき点を把握し、さらに結婚にあたっての不安を取り除く必要があります。

それを踏まえた上で、「この人とならやっていける」「一緒に居たい」と思えるのなら、結婚しても夫婦として上手くいくことでしょう。

スポンサーリンク

Posted by yan