結婚したら男を幸せにしてくれる女性の5つの特徴

2017年8月4日

長くお付き合いしていたり、お付き合いを始めた女性が結婚適齢期であったりすると、女性のほうは結婚を意識した言動を暗にほのめかしたり、明らかに「結婚」という言葉に敏感に反応したりということがありますよね。

男としてはまだまだ、恋愛だけしていたいという思いがあったり、漠然と結婚という足かせが怖かったり、この彼女と本当に一生関係を結んで行けるのか?と不安に思ったりということがあるのではないでしょうか。

確かに、自分を幸せにしてくれない女性と結婚したら、あなたは墓場に足を踏み入れることになります。しかし、結婚することであなたに一生の幸福をもたらしてくれる女性もいるのです。それではあなたがどんな女性を結婚相手に選べばいいのかご紹介いたしますね。

 

結婚したら男を幸せにしてくれる、女性の特徴

慈愛に満ちた女性

なんといっても結婚生活で一番大切なことは「思いやり」です。おつきあいしている時はどちらかがわがままでもどちらか一人に思いやりがあれば、なんとか続いていくことも可能です。

しかし、長い人生、自分だけが優しくして相手が我がまま放題ふるまったり自己中心的な考えを持っているとやがては結婚生活を維持することはできなくなります。

 

離婚になることもありますし、あなたが、安らぎを求めてついつい不倫に走ってしまうということにもなりかねません。

結婚相手を選ぶ際は、その女性が思いやりに満ち溢れた女性かどうかというのはなによりも一番大切なことです。

 

もしも、あなたの彼女が他人に対して意地悪な言動をしていたり、テレビに出てくる見知らぬ人に悪口を言ったりするような女性であれば、結婚するのはやめたほうがいいと言えます。

あなたに意地悪な面を見せていなくても、誰かに意地悪な言動ができる人というのは慈愛の心が欠如しています。

長い結婚生活の中でその意地悪な面があなたにでてくることも十分考えられます。結婚相手は誰に対しても優しい気持ちでいられる思いやり溢れる女性を選びましょう。

 

スポンサーリンク

 

友達に正直な女性

あなたの彼女が女友達とどういう付き合いをしているか見るのも大切です。というのも、おんな友達の中で正直にいつも自分の気持ちや状況を言える女性がよい結婚をできる人だからです。

女友達に見栄を張って、嘘をついたり、本心を言えないような人は、結婚生活においても人間関係で見栄をはる場合があります。

 

家庭の中でお母さんが見栄を張っていいことは何一つありません。見栄のために、子供は必死になって習い事や勉強を強いられることになりますし、あなたにも出世を強いることになりかねません。

ありのままの等身大の自分を女友達に見せられる女性は結婚生活を見栄で苦しいものにはしません。

 

 

彼氏の家族と積極的に仲良くしてくれる女性

どんなにあなたのことを愛していると思わせてくれる女性であっても、積極的にあなたの家族と関わらない女性は結婚したら大変なことが多いです。

あなたの家族とあなたのお嫁さんが仲良くできないことほど、結婚生活であなたを苦しめる事柄はあまりないともいえます。

 

お互いに愛し合っているのに、問題が発生する夫婦の原因は奥さんが夫の家族と仲良くできない場合が非常に多いのです。

おつきあいしている段階で積極的にあなたのお母さんと仲良くしたいという態度を見せる女性は結婚後もうまく嫁姑関係を継続していくことが可能ですし、あなたを板挟みにして、苦しい立場に追い込むことはありません。

 

スポンサーリンク

 

節約できる女性

結婚は愛だけでは成り立たないのはすでに知れ渡っている事実ですよね。そう、結婚には生活するお金が必要なのです。

結婚生活で使うお金は給料が高ければよいと思っていませんか?実は違うのです。長い結婚生活でお金で苦労しないためには、給料をあげるよりも、節約する知恵があることのほうが重要です。

 

実際に、1000万円の年収があるのに、貯金が全くない家庭は存在します。

それから、ご主人の年収が300万円で奥さんのパート代が100万円程度なのに、ちゃんと貯金できてマイホームを購入する家庭もあります。

 

この違いは奥さんが節約できるかどうかということにかかってきます。

どんなに給料が良くてもバンバン買い物をして、子供に習い事をさせ、ブランド物に身を固めて高級車を乗り回すような生活をしていたらすぐにお金は羽をはやして飛んで行ってしまうのです。

身の丈にあった暮らしをし、日々節約に努めることができる女性はあなたに経済的安定を生涯にわたってもたらしてくれます。

 

 

料理に興味がある女性

そして、人間が生きていくために必要なことは食べることです。この毎日必要な食事をいかに楽しいものにするかというのは生きる上で大切な要素でもあります。

どんなにスタイルがよくてきれいな女性であっても、毎日、コンビニ弁当や外食だったらあなたの心は休まることは難しいです。

 

疲れて帰って来て、玄関に入ったとたんあなたの大好きな食事の芳しい香りが漂っていたら、あなたの疲れも吹っ飛んでいくことでしょう。

おつきあいしている時にお料理ができない女性でもその女性が料理をすることに興味がありそうなら、その女性を奥さんに選んでも大丈夫です。

 

お料理の腕というのは練習次第でなんとかなるので、お付き合いしている段階では彼女が料理に興味があるかどうかの確認をしてみてくださいね。

彼女が自分は料理が苦手だからと全く手料理をする気がないというスタンスならば、残念ながら、その彼女は結婚相手にはむいていません。

 

男性は結婚相手を選ぶ時に、漠然とした不安感に悩まされることが多いです。しかし、未来の自分の幸せを確認できればその漠然とした不安は解消することができます。

彼女が結婚を意識しはじめたら、彼女は自分を生涯にわたって、幸せにしてくれるだろうかということを念頭において、彼女の人となりをもう一度見つめてみましょう。

スポンサーリンク

Posted by yan