女友達に告白して恋人に|好きな女性に告白する前にすること

恋人が欲しいと思った時、まず浮かぶのはそばにいる女性友達ではありませんか?ふざけ合っている中では何も感じていなかったのに、恋人としてどうだろうと考え始めると途端に女性として見てしまうようになるものです。

改めて考えてみるとかわいいところがあるなぁとか、顔もスタイルも悪くないなぁと思ったらあなたは恵まれているかもしれません。そばにいるのは気が合う証拠です。成功しそうな自信をパワーに変えて頑張ってみましょう。

 

女友達に告白して恋人になってもらうなら

まずは友達としてたくさん会おう

気になる女性友達との関係をさらに深くしていくために会う機会をどんどん増やしていきましょう。会えば会うほど自分を印象付けていくことができます。

そうするとその女性が遊ぶ相手を求めている時に「あの人どうかな?」と思い浮かべてもらえるような存在になれるはずですよ。

 

誘いがあればなるべく断らないようにして、相手にとってつかまりやすい男性友達とか自分のために都合をつけてくれる優しい男性友達という印象を与えたいですね。そうすれば相談事を話してくれるようにもなってどんどん信頼されていくと思います。

今まで順調に友達関係を育んできたのに急にがっついてはひかれてしまいます。徐々にその距離を縮めていくことが相手に警戒心を持たせないためにも大切ですね。

 

スポンサーリンク

 

男性としての自分を見せていく

友達関係が深まれば気になる女性友達に対して自分をどんどん見せていくべきです。仕事や学校のこと、家族のこと、趣味や特技、最近の出来事など相手に見せていける部分は無限にありますよね。

自分から心を開くことで相手もそれに応えようとしてくれることが多く、「わたしの場合はね…」と聞き出せるきっかけを作ることができるんです。

 

そうするとこちらにとっても相手をどんどん知っていくチャンスが生まれ、好きという気持ちもさらに高まりもっと積極的になっていけるのではないでしょうか。

女性の多くは男性からのアプローチを待っていたり、男性側からアプローチされることに喜びを感じるものです。すでに仲の良い友達ならこちらを嫌っている可能性も少ないのでためらうこともないはず。

自分を見せることに自信が持てるよう、自分磨きも怠らないようにしましょうね。

 

 

大勢での付き合いからふたりへ

距離が縮むまでは大勢での付き合いでも大丈夫。とにかくたくさん会ったり連絡を取り合い、今よりもっと仲良くなっていくことをおすすめします。

そのうちふたりの仲が縮まってきたなと感じるはずです。その時はさらに積極的になりましょうね。

 

その子だけを誘ってふたりだけの付き合いを始めていけるチャンスですから、もういいかなと感じたらためらわずに前に進んでください。

彼女の興味のあることや前に話題に上がったことをきっかけとして誘うと誘いやすいと思います。万が一ふたりの距離がなかなか縮まらなかった場合も諦めず、そんな時は素直に自分の気持ちを話してふたりになるための道を強引に切り開いていきましょう。

大勢でいる時もふたりになれる瞬間を意識して過ごすといいですね。相手もそれに気づいてくれることで「わたし達って気が合うんだなぁ」と感じてくれる気がします。

 

スポンサーリンク

 

恋人のような特別感を感じてもらう

恋人になるかもしれない異性として相手にも意識してもらいたいものですが、それならば「たくさんいる女性友達のうちのひとりなんでしょ」と感じさせてはいけません。

誘う時には「最初に君に声をかけてみた」と言ってみたり、「君だから話すけど…」と話題をもちかけて特別感を演出してみましょう。

 

女性だってそんなことを言われると気分がいいものです。一緒にでかける場所に関しても特別感をアピールできますよ。

「ずっと来てみたかったところなんだ」とか、「ここは特別な場所だから大切な人としか来ないんだ」と話してみてください。そんなことをしてくれる相手に対し、もしかすると自分に気があるのでは?なんて思いが生まれてくれるはずです。

ちょっとでも気持ちが伝わっている状態の方が告白にも持ち込みやすいですよね。気になる彼女をシンデレラ気分にさせ、女性としての優越感にひたらせてあげましょう。

 

 

散々ときめかせてから告白へ

友達関係のうちから相手をドキドキさせることは意外と簡単なことです。海やプールにでかけたらためらわずに脱いで鍛えたからだを見せましょう。

さりげなくものを拾ってあげたりエスコートしてあげる、彼女の見た目の変化に敏感に気づいて褒めてあげるというのも女性がドキっとする瞬間です。

 

あなたがいつもふざけすぎているようなキャラならギャップでときめかせることだってできます。自分が彼女にときめいているだけなんて悔しいですよね?恋が生まれるためにはドキドキが欠かせません。

さんざんときめかせてから男らしく思いっきり告白してみてください。友達から告白されると照れや迷いが生まれやすいですが、ときめきが生まれた後なら真剣に受け止めてもらえるでしょう。

スポンサーリンク

Posted by yan