元カレ・元カノのことを好きではないのに、忘れられない理由

元カレ、元カノのことを「好き」ではないのに、思い出してしまったり次の恋愛に進めなかったりと、過去に執着している自分がいたら、そこには忘れられない理由が隠れているのかもしれません。

単に元カレ、元カノへの「好き」が理由ではなく、他に考えられる理由がある場合は、元カレ元カノ自体が問題なのではなく、自身の問題になってきます。あなたにはこんな思いや理由が隠されていませんか?

 

元カノ、元カレを好きではないのに、忘れられない理由

依存期間が長かった

元カレや元カノと付き合っている時、あなたは相手に依存していたということはないでしょうか。

「この人がいないとダメになる」と思い込んでいた期間が長ければ長いほど、それが洗脳となり、自身からその考えが抜け切れていないことが考えられます。

 

「この人がいるから頑張れる」「この人のために」という思いも同様で、相手への依存心が強いことが原因で、過去の恋愛に執着を見せているとしたら、その洗脳を解くことが必要となりますよね。

自分の中で過去の人が自分の糧となっているという考えを排除しない限りは、次の恋愛には進めません。依存することが癖になっているのであれば、対象を「物」などに移してみるのも一つの方法です。

 

元カレや元カノといった「人」への依存は、「こうじゃなきゃダメ」という洗脳に近い感覚を抱き、自身をも苦しめてしまう原因になります。

依存心を拭うことが難しい場合は、買えるもの、足せるもの、補えるものといった「物」に気持ちを切り替えてみると、過去への執着は減らせるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

後悔が残っている

「こうしてあげていれば良かった」「あの時違う答えを出せば良かった」と、付き合っている時に後悔をした記憶はありませんか?

自分の出した答え、自分のとった行動に強い後悔がそこに残っている場合も、過去への執着が見られます。

 

例えば「今すぐ来て」と言われたのに、「友達といるから」と言って後回しにしてしまい、その行動が原因で相手は別れを考え始めたという場合は、別れへの後悔ではなく自分の行動に後悔が残っている状態と言え、自身の判断に間違いがあったことを今になって気付いた状況。

こうすれば違う展開が待っていたかもしれない、こうすれば別れなかったかもしれないという思いが、元カレや元カノへの未練だと思っているのなら、それは解釈が違います。

 

その時その状況の判断や応えは間違いだったのかもしれませんが、それがあるからこそ今があり、それが自分の成長へと導いてくれるものです。

その時はそうするしかなかったと、自分の中だけでも割り切ることで、過去への思いが拭えるでしょう。

 

 

常に他の異性と比較している

元カレや元カノを基準にして、以降に出会っている異性を、比べるといった行動はしていませんか?

よくありがちなのが、初めて付き合った人、片想いの期間が長かった人と、他の異性を比べてしまう行為です。

 

初めて付き合った人や片思いの人には、恋愛感情とは別の感情が加わり、「こんなの初めて」という新鮮さを感じる刺激や、恋に恋している自分が重なり、さらなる強い感情を抱くことが多いものです。

その時の思いと普通の恋愛感情を比べたら、劣る点やマイナス面が目立つようになるのは仕方がないこと。

 

「あの時はもっと気持ちが強かった」「あの時はドキドキがもっとあった」と比べてしまう行為は、当時の自分の思いや感覚を忘れていないだけです。

「あの刺激がほしい」「あの感覚がほしい」と思っているうちは、初めての人、片想いの人を忘れることはできず、得られない刺激や感覚をずっと求め続けてしまいます。

当時から年月も経ち、自分の大人になっていることを自覚し、新たな感覚を抱くことを目標に、他の異性との接点を増やしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

環境変化などの大きな分岐点と重なっていた

就職する、転職する、引っ越しをするなど、新たな環境に進む場合は、それなりに勇気や覚悟が必要になるものですよね。

この状況の時は誰しもが少なからず不安を覚え、「これでいいのか」という迷いも生じるものです。

 

大きな決断、選択が必要とされている状況の中でしていた恋愛には、余計強い思いが残ることも事実。

「大変な時に支えてくれた」「相談にのってくれた」「背中を押してくれた」といった背景があると、人生に影響をもたらしてくれた人という印象も残ります。

 

人生の大きな分岐点となる出来事と元カレ、元カノとの恋愛が重なっていた場合は、相手に恋愛感情以外の気持ちも持ったはずです。

ただ単にその時期に一緒にいた人というだけのことを、分岐点という出来事への思いが加わり、大きな存在だと勘違いしてしまっている状態。

今その人がいなくてもやれている状況、問題なく進めていることを考えれば、分岐点となる出来事と元カレ、元カノへの思いを区別して考えることができるようになるでしょう。

 

 

まとめ

「好き」という感情がない、未練がある訳ではないという状況なのに、元カレや元カノをいつまでも忘れられないという状況は、意外と多くの人に見られるかもしれませんね。

ただ過去への執着から得られるものは、その時の思い出や感情を思い出すくらいであり、自身の成長に繋げることは難しいです。

次の恋愛をするためにも、新たな自分をスタートさせるためにも、これらの原因や理由を理解し、気持ちを切り替える必要があるのです。

スポンサーリンク

Posted by yan