彼氏が元カノに嫉妬しているのに対して妬いた時の対処法

彼のことが大好きで彼には不満はありません!そんな自信をもって言える女性でも、一度は気にしてしまうのが「元カノ」の存在。一体どういう人だったのかな?もう気持ちは残ってないのかな?私より可愛かったのかな?などなど。

一つ気になり始めたらもう夜も眠れません。むしろまだ彼氏の身近にいたり、連絡先が残っていたり、なんて知ったら気が気ではありませんよね。

もしかして元カノから連絡がきていたり、本当は彼氏はまだ好きなのでは?なんて余計な妄想までして勝手に心を乱していませんか。そんなこと全然気にならないよ、という女性もなかにはいると思いますが、悩むほどはいかなくてもどうしても気になってしまうのが女性の性。

今回は元カノへの嫉妬がおさまらなくて辛い女性に、元カノへの嫉妬がおさまる方法をご紹介します。

 

彼氏が元カノに嫉妬している時の対処法

男性の脳の作りを理解してあげる

女性の脳は恋愛の思い出をどんどん「上書き保存」していくのに対して、男性はきれいに「フォルダをわけて保存」します。

よほどのことがなければ元カノの存在は男性にとって、いつまでも永遠なものなのです。

 

女性は別れた男性に対して全然興味がなくなったり、平気で悪口を言えたりします。しかし男性はたとえ浮気されようとも元カノことを悪く言いたがる人は少ないです。

男性にとって一度愛した女は「歴代俺の愛した女」としてずっと残ります。

 

スポンサーリンク

 

なのでどれだけ忘れさせたいと思っても忘れないのは男性の特性でもあるのです。

そこで重要視してほしいのは、男性が過去を美化するということ。今目の前にいる彼女にはかかっていないフィルターが、元カノにはかかります。

 

よって元カノのことを「もうどうでもいい」や悪く言わせたく躍起になっている女性がいたら、無駄なのでやめましょう。

男性の特性を理解して、「またきれいな思い出に美化してますね。」と上から目線で見てしまえば気持ちもおさまってきますよ。

 

 

彼氏に不安で辛いことを伝える

元カノへの嫉妬がおさまらなくて、もやもやが止まらない…せっかく一緒にいるのに素直に楽しめない。そんなことになっていませんか。
せっかく幸せな関係を築いたはずなのに、元カノへの不安な気持ちで台無し。

そんなときは、我慢せずに彼に気持ちを打ち明けてみるのもいいでしょう。

 

もちろんそのときに、キツイ言い方や怒り口調で言ってしまっては、あなたの辛い気持ちを彼も理解してくれません。
むしろなんで過去の恋愛をとやかく言われなきゃならないのかと、不満に思われてしまうかもしれません。

伝えるときはきちんと、彼が大好きでそれ故に気になってしまって不安だ、という女の子らしさと謙虚な気持ちを忘れないでください。

 

大好きな彼女の悲しそうな顔をみれば、「こんなに不安にさせてしまっていたのか…」と彼も少しは気づいてくれるはずです。

それと、しつこく伝えるのはやめましょう。一度彼が理解してくれたら、自分自身も気持ちを整理して、彼とのこれからに前向きにいきましょう。

 

スポンサーリンク

 

自分磨きに徹する

わかってはいるけど…やっぱり気持ちがおさまらないのが嫉妬心。でもその気持ちはあなたにとって、プラスにはなりません。

元カノへ嫉妬をして小言をいったら彼氏は嫌な顔をするし、気持ちはギスギスして顔も暗くなるし、全然いいことなしです。

 

しかしその気持ちをプラスにかえてください。嫉妬するのは、彼女に対して自分がライバル心を抱いているからですよね。そのライバル心をあなたの向上心にかえていくのが、嫉妬心を消せるチャンスです。

元カノにここが負けてるな…と思えばカバーできるような努力をしてみましょう。彼の好みを研究して、彼のベスト可愛いを目指しましょう。

 

自己満足でかまいません。歴代元カノのなかでトップになって、自信をもって彼氏とお付きあいしましょう。

なにより自分に自信を持つことがすべての嫉妬心への対抗策になります。

 

 

まとめ

今回は嫉妬心が和らぐ方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。少しは気持ちが落ち着きそうでしょうか。彼と今付き合っている女性であるあなたは、残念ながら元カノとは同じ土俵にたっていません。

良くも悪くも元カノとは勝負をすることができないのです。勝負することができるのは、あなたが彼氏と別れた時です。勝ち負けではありませんが、なんにせよ彼をこれから幸せにできる女性は今あなた一人しかいません。

 

彼の中で生涯をともにできる権利を最優先でもっているのも、あなたなのです。頭でわかっていても…と苦しんでいるのなら、とりあえず上記のことを実行してみてください。

いつかあなたから嫉妬心や不安が消えて、大好きな彼と純粋に向き合える日が来るのを願っています。彼の元カノに対しての今の気持ちなんて、正直どうでもいいのです。大切なのは今彼と愛し合ってる自分なのですから。

スポンサーリンク

Posted by yan