モテる料理|男性から女子力が高いと思われ胃袋をつかむ

今は便利な世の中なので、”料理くらいできなくてもいいや”と思っている女性も多いかもしれません。

しかし、料理ができるという事は、プラスはあってもマイナスはないスキルの一つであり、男性からモテる要素の一つです。今回は”料理できるじゃん!”と、男性が特に感じるポイントをご紹介してみます。

 

男性から女性力が高いと思われ、モテる料理

リメイククッキングができる

肉所がやカレーなど、家庭的でわかりやすいスタンダードなメニューを男性は好みますよね。

そんなスタンダードなメニューをリメイククッキングで作ってしまう女性は、絶対に男性から一目置かれます。

 

このリメイククッキングとは、例えば初日はシンプルなポトフを作りスープを楽しんだかと思えば、翌日はそこにカレーのルーを入れてカレーライスにしてみたり、から揚げを作った翌日には、そのから揚げをつかって酢鶏にしたり、一つの料理から

全く違う料理にリメイクできる女性は、料理上手としか言えませんね。

 

また、リメイク料理は一見難しそうに感じますが、アイディア次第なので誰でも簡単にできますね。

こういったリメイク料理のレパートリーが何個かあれば、いざという時に便利で、家庭的アピールもできるのでオススメです。

 

スポンサーリンク

 

感覚で料理をつくる

今は料理本に限らず、アプリなどでもわかりやすく作り方を解説してくれるので、料理初心者にもトライしやすい環境と言えます。

しかし、お菓子作りであれば分量など正確でないと失敗しますが、料理は基本的に感覚で作れる人が”料理上手”という印象を与えます。

 

だからこそ、できるだけレシピを見なくても作れるレパートリーをいくつか持っておきましょう。

もちろん、レシピをみながら一生懸命作るのも愛らしいかもしれませんが、自分の舌と記憶だけでサッと作れるのは憧れですよね。

せっかくなら、大好きな彼にそういった一面を見せたいものです。きっとそんな姿を見ると、彼はドキっとしてしまうでしょう。

 

 

栄養素を知っている

食材には、それぞれの栄養素がありますよね。例えば、豚肉であればビタミンBが豊富で疲れを回復する効果があったり、キノコは食物繊維が豊富なので便秘の時に良いなど、食材にはそれぞれの効果があります。

例えば、彼が最近仕事で疲れているようであれば、牛肉料理より豚肉料理を作り、夏バテなど感じたらうどんにオクラや納豆など夏バテ防止の食材を入れるなど、素材の知識を持って料理ができると、かなりポイントも高いですよね。

 

もちろん、いっぺんに覚える事は難しいかもしれませんが、彼の好きなメニューに使う材料から少しずつ覚えて、彼をビックリさせましょう。

料理だけでなく、彼を思っている気持が伝わるので好感度はかなり高くなることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

洗い物と出来上がりが同じ

どんなに料理が上手でスムーズでも、洗い物はどんどん溜まり、スペースはなくなりゴチャゴチャしてしまうと意味がありません。

また、男性は料理の出来栄えよりも、こういった片付けがしっかりできているかといったポイントも、割と目に付いてしまうものです。

 

一方、料理が上手な人は使ったら洗うの繰り返しが上手く、片づけをしながら料理ができるのです。また、そもそも”洗い物をいかに出さないで料理が作れるか”ということも考えながらつくります。

例えば、材料をあらかじめジップロックの中で混ぜ合わせたり、作る順番などによっては綺麗に料理をつくる事が出来ます。

 

だからこそ、キッチンはいつも綺麗で同時に料理が出来上がるのです。こういったポイントは、料理だけでなく片づけも上手にアピールできるので、ポイントが高いですよね。

だからこそ、彼の視線を一気に集める事ができるでしょう。

 

 

材料を買いに行かず仕上げる

よく、”冷蔵庫の中のものだけで料理ができる人は料理上手”と聞きますが、まさにその通りです。

逆に料理が苦手な人程、たくさんの材料を揃えて料理をし、余計面倒なイメージを料理に付けてしまいます。

 

一方、料理上手な女性は”あるもので何ができるか”という目線で料理をします。例えば、1であげた酢鶏でもそうですが、本来は酢豚を作るつもりが豚肉がない場合、”鶏肉で作ろう”といった発想ができるかどうかも大事なポイントとなりますね。

こういった、無駄遣いをしないで立派な料理ができる女性は、どんな男性でも奥さんにしたくなりますよね。

そういった、家庭的で堅実的なアピールができるのもうれしいポイントなので、ぜひ””あるものでいかに何が作れるか”という目線も大事にしてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

  • リメイククッキングができる
  • 感覚で料理をつくる
  • 包丁さばきが上手
  • 洗い物と出来上がりが同じ
  • 材料を買いに行かず仕上げる

いかがでしたか。コンビニやデパ地下など、便利な環境はありますが、昔から”胃袋を掴む”という言葉があるように、料理ができるという事は、こんなにも男性に家庭的なアピールができる大きなポイントなのです。

そんな家庭的な一面を見ると、きっとあなたから離れられなくなるでしょう。

Posted by yan