モテる男を落とすテクニック|どんな女性を好きになる?

あなたの好きになる男性は、どんなタイプの人でしょうか?いつも好きになる男性のタイプが、他の女性からもチヤホヤされている、いわゆる『モテメン』だった場合、当然のごとくライバルはたくさんいます。

それでも、その男性とどうしても付き合いたいと思ってしまうのは、正直なところですよね。今回は、モテる系の男子を落とすためのテクを集めましたので、ご紹介していきたいと思います。

 

モテる男を落とす女性になるには?

モテる男性は、意外と内面を見てる

好きになってしまった男性が、女性に特にモテる時、あなたは気負いして、ついつい張り切りすぎてはいないでしょうか。そうなってしまうのも当然です。

なぜなら、彼の周りには綺麗な女性ばかり。『美男美女じゃないと釣り合わない』という概念から、ついついメイクを濃くしたり、ファッションに気を使ったりしがちだと思います。

 

しかし、モテる男性の周りには、綺麗な女性ばかりなのです。そうなってくると、意外なことに、男性は外見にそこまで魅力を感じなくなるもの。そう、重要なのは、着飾ることよりも中身を磨くことなのです。

これはおしゃれをやめなさいと言っているのではありません。それよりも、もっと磨くべきところが内面にあるということです。

そして、女性の意外と粗野なところやいい加減なところがあることを、モテる男性は知っているのです。モテる男性は、女性に過剰な理想を描いたりしていません。

 

 

黒髪ストレートが好き

最近では、アイドル人気のおかげか黒髪ストレートの女性が増えてきましたよね。芸能人を見てもそうです。しかし、長年髪を染めてきた女性にとって、黒髪に戻すことはなかなか抵抗があると思います。

調査によると、男性の約60%以上が好きな髪色は?という質問に、『黒髪』と答えているのです。そう、男性にとって、王道とも言える憧れの髪色とは黒なのです。

 

黒髪が好きな理由として1番に挙げられるのは、『清楚に見える』というものです。また、清楚に並んで『遊んでなさそう、真面目そう』という意見もあります。

また、『茶髪に染めた根本から黒が出ているのが嫌』などという意見もありました。全体をまとめると、『清楚そうに見え、清潔感があり、遊んでなさそう』な見た目ほど男性を惹きつけるコツであるということでした。

 

また、ストレートが好きな理由としては、『きちんと感がある』『サラサラそうで、触りたくなる』という意見がありました。

くるくると巻くことについてどう思う?という質問には、『緩やかなカールならいいけど、巻きすぎはNG』や、『悪くはないけど、やっぱりストレートがいい』という意見が多数を占めました。日本人らしい黒髪ストレートは、とても好評のようです。

 

 

モテる男性は、女性のあざとさを見抜いている?

モテる男性は、尽くされ上手です。多くの女性が自分のことを甘やかしてくれることを知っており、上手に尽くしてもらいながら生きてきました。そして、モテる男性は、女性のあざとさを見抜いているのです。

あざといとは、よく言えば小悪魔的、小賢い、悪く言えば抜け目がなく貪欲ということ。自分に何かしてくれる女性に対し、『下心がある』ことを見抜いているのです。

 

例えば、グループ飲み会にて一番に来た料理を寄せ、取り分けようとする女性、部屋掃除をしてくれる女性、お弁当を作ってくてる女性が『ただの奉仕活動』をしているとは考えていないのです。

自分をより良く見せたいとする気持ちはわかりますが、慎重に行動することも重要です。一度『あざといな』と彼に思ってしまわれると、警戒されてしまいますので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

小綺麗でいて、男性には公平に接することができる女性

前項で、男性はあざとい女性を見抜いているということをお伝えしました。その中でも、男性が幻滅してしまうことがあります。

それは、自分にだけ外面のいい女性です。自分自身への態度はすごくいいのに、周囲の人間からはなんとなく嫌われている・・・。そんな女性を、モテる男性はすぐに嗅ぎわけます。

 

好きな男性を特別扱いしたい気持ちはわかりますが、特別扱いをするのなら、それを全員にしようとする姿勢が重要です。

それでは特別ではなくなるのでは?そう思う人もいるでしょうが、そうではありません。誰に対しても平等に優しい女性に男性は弱いのです。

 

また、小綺麗でいることも大切です。周囲への気遣いは忘れないのに、自分のことはおろそか・・・。それでは元も子もありません。相手の口は拭いてあげるのに、自分の襟元にはシミがついているのと同じです。

いつも身辺を身綺麗にすることを心がけ、なおかつ男女平等に優しく接しましょう。ひょっとすると、あなたの評判を彼に伝えてくれる人が現れるかもしれません。

 

 

簡単にはなびかないが、笑顔を絶やさない女性には弱い

モテる男性は、自分がよくモテることを熟知しています。そんなモテる男性は、自身が口説けばどんな女性も落とせるという変な自意識とプライドを持っています。これは、本当にモテるのだから仕方ありません。

そういった男性が、自分になびかない女性を見つけた時には、好奇心を煽られるものです。そして、どうやったらその女性を落とすことができるだろうと考えます。

 

そこで大事なことは、もしお誘いをされても簡単にそれに応じてはいけないということです。

しかし、男性は意外と打たれ弱いもの。もしもプライドの高い男性であれば、一度デートに誘って断られたら、二度と誘いたくないと感じるかもしれません。そして、あなたに声がかかることは二度とないかもしれないのです。

 

そうならないために重要なのは、一度目のデートにはOKを出すことです。そして、笑顔を絶やさないことです。男性は、女性の笑顔にはめっぽう弱いもの。

一緒にいるだけでしあわせになれるものです。そうして、『あぁ、この子ならいけそうだ』と男性が思ったところでも、すぐにOKしないことが大事です。

 

 

居心地の良さを提供する女性に

モテる男性は、いろんな女性からアプローチをされる分、彼女がいない時期には遊んでいることも多いもの。しかし、それは男の性(さが)のようなものであり、目くじらを立ててはいけません。

できることなら、あなたと一緒にいる時には『安らげる』と言ってもらえるような、居心地の良さを提供してあげることです。

 

では、居心地の良さとはなんなのでしょう?あなたが心がけることは3つ。彼の話を聞いてあげて、時にはいたわり、いつも優しい笑顔でいることです。

癒されたいという願望を持っている男性に自分の話をしているようでは、聞き役に回った彼を疲れさせてしまいます。そして、彼の話には意見せず、「そうだったんだ、大変だったね」などと、いたわってあげること。

 

最後に、最高の笑顔(ハキハキというより、ふんわり)を彼に向けてあげることです。

こうして彼が『一緒にいるとなんだか落ち着く』と感じるようになると、いつも疲れた時の帰り道はあなたになっていくのです。

 

スポンサーリンク

 

彼が気になっている女性の悪口は絶対に厳禁

一緒にいる時間が増えてくると、自然と彼の口から他の女性の話題が上がってくるかもしれません。それがあなたも共通の知り合いだった場合、負けたくないという一心から、つい相手のことを悪く言ってしまうという人もいるかもしれません。

初めは「そうなの?」と聞いていた彼も、そのうち「へぇ」とそっけなくなり、最後には「けど俺はこう思う」と、相手の女性を擁護し始めるかもしれません。

 

自身が抱くジェラシーから相手の女性を陥れようとしてしまう気持ちもあるかもしれませんが、できるならそれは避け、彼の意見に「私もそう思う」と頷いてあげましょう。

これは、芸能人の女性を彼がいいなと言った際にも言えること。「私はこの女性は性格が悪いと思う」と言うのと、「私もこの女性が好き」と言うのでは、印象が違いますよね?まさにそれなのです。

 

 

フラフラしていてはダメ。自分を持つこと

よく、女性は優柔不断だと言われがちです。相手の意見を鵜呑みにし、その通りに行動してしまうことです。しかし、モテる男性ほど、芯があって自分を持っている女性が好きです。

ああなりたい!こうなりたい!と思い、それを真似するのはいい事かもしれませんが、あまりにもそれがぶれていて、いつも流行に振り回されてファッションや髪型を変えている女性は、真のモテ女にはなれません。

自分のスタイルやファッション、こうありたいと思うものはいつも買えないことが重要です。そう言った芯の強い女性ほど、賢く強く生きていると男性に見られがちだからです。

 

 

主導権をうまく握ること

次のデートのお誘いをされたら、ちょっと考える仕草をした後に、「ありがとう。けど、その日は用事があって・・・」などと、一度断りましょう。

その後で、「でも、○○の日なら会えるかもしれない」などと、こちらから代案をし、主導権を握ってしまうのです。

急な予定変更に、彼はきっとどきりとするはずです。しかし、代案を出されてしまうと、男性も断りにくいもの。すぐに返事をくれるはずです。こうして主導権を握っていかないと、モテる男性は特に捕まえにくいです。

 

 

女子アナ風な清潔感

男性の好みを聞いていると多く登場するのは、ズバリ女子アナです。有名なスポーツ選手や芸能人も、女性アナと結婚している人が多いことからも明らかなように、女子アナというのはモテる男性に好かれるためのキーワードなのです。

では、女子アナの何がそんなに魅力的なのかというと、「清潔感」や「言葉遣い」「表情」です。服装は、常に暗くならず明るめな上に、髪はきちんとしてある。

 

乱暴な言葉は使わず、いつも丁寧で綺麗。そして、明るい表情で周囲を和ませる・・・。こう考えると、女子アナが無敵な理由がわかります。

しかし、完璧な女子アナを目指さなくても大丈夫なのでご安心ください。あくまで風でいいのです。この『風』というのは、完璧になりきらなくていいということ。

逆に、完璧になりすぎてしまうと『プロっぽさ』が漂ってしまい、敬遠されがちになってしまいます。そこまでは目指さなくていいのです。

 

 

ケバいメイクは卒業すべし

20代前半には、とにかく派手に綺麗に着飾りたいもの。ついついメイクにも気合が入りすぎることでしょう。しかし、20代後半や30代に突入してくると、だんだんごまかしのきかない年齢へとなっていきます。

ナチュラルメイクが好きな男性が多いということは、モテテクを読んだことのある女性ならば誰しも周知だと思います。これは、モテる男性にとっても同じこと。やはりナチュラルメイクであることがモテへの近道です。

 

しかし、男性は結構鈍感。ナチュラルに見える化粧であれば、多少厚塗りでも気付きません。ですので、ファンデーションはバッチリ、目元はうっすらくらいのメイクが理想です!

『この子肌が綺麗なんだな』と思ってもらえるようなメイクならバッチリです。つけまつげを二重につける必要はありません。

 

スポンサーリンク

 

色気の出し方に注意すべし

色気と聞くと、女性は意外と勘違いしがちなことがあります。それは、男性が感じる色気と女性が感じる色気というものには差があるということです。

昭和時代のような色気は、今の草食系男子時代には通用しません。これだけは間違いないです。では、今時男子の好きなタイプの色気とは、どのようなものなのでしょう?

谷間を晒したり、キビキビとした姿勢、また派手な格好は、モテません。それよりも、姿勢良く、動作はやや遅め、ゆったりとした話し方をし、女性らしい服装でいることです。

Posted by yan