彼氏・男性と目を合わせられない女性が克服するには?

片思いの彼が目の前にいると緊張してなかなか視線を合わせることができませんよね。本当は、相手の目を見たいけれど、視線を合わせるのも恥ずかしいってこともあります。また自分の話の反応が目に現れたりすることもあるので、それを見るのが怖くて視線を合わせることが出来ないこともあります。

でも好きな相手なら、ちゃんと向き合って話をしたい!そんな時、彼の顔のパーツのどこを見たらいいでしょうか?さりげなく彼を見たい時に、どこに視線を合わせると、不自然さを感じさせることなく話が出来るでしょうか。今回は、そんな彼と視線を合わせることが恥ずかしい、怖いという女性におすすめしたい方法をご紹介します。

 

彼氏・男性と目を合わせられない女性が克服するには?

おしゃべりをする時には、彼の鼻を見てみよう

誰でも目の前に憧れの人がいたり、片思い中の人がいると緊張するものです。緊張すると声が上ずったり、思わず言葉を飲みこんだりすることもあるはず。

しかし彼に良い印象を残すためには、ちょっと頑張っておしゃべりをすることも大切です。そんな緊張してしまう時、彼の顔のどこを見ると良いでしょうか。

 

そのおすすめの場所の1つが鼻です。目と鼻はとても近い場所です。そのため話をしているときに彼の鼻を見ていても、目のあたりにも視線が行くので、彼は不自然に感じることもありません。

また自分は彼の鼻を見ていても、視野には彼の瞳が入るはずです。会話の途中に笑ったりすると、彼がわらっているな、瞳がきれいだなとわかるはずです。そのため、緊張して片思いの彼の眼を見ることが出来ない時には、彼の鼻のあたりを見るのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

彼の口元を見る

視線を合わすのが怖い!でも彼のそばで、彼のオーラを感じたい。そのオーラだけで幸せになれるということもありますね。

片思い中の彼だったら、まだまだそれほど親密度が高くなく、もしかすると彼と至近距離で接することが少ないかも?もしもカフェで彼と会う、図書館で彼と会うなどテーブルを挟んで1メートル以上の距離を置いて彼と接する場合は、彼の口元を見るのがおすすめです。

 

少し距離があるので、視線がずれていても気になりませんよ。また至近距離ではなく、少しだけ距離を置いていると、それだけ視線の先の見る範囲が広くなるというもの。

そのため彼の口元や歯などいろいろな部分が見えてきますよ。口元に視線を合わせていると、笑った時にその笑顔がよくわかるので、あー私の話したことで彼が笑ってくれている…と自分まで幸せな気持ちになることができます。

 

 

彼のまつ毛を見る

まつ毛も目の一部じゃん?と思う人もいるかもしれません。しかし気になる人を目の前にした時、そしてとっても緊張して目を合わせられない時には、眼球の中の黒目とまつ毛は大きく異なるものなのです。

至近距離であれば、黒めの中に自分がうつっているのを確認できることもあります。そんな状況が一番ドキドキする嬉しいことでもあるのですが、恥ずかしすぎて穴があったら入りたいと思ってしまう女子もいるのですね。

 

また自分がうつっているのはいいけれど、もしも彼と話が合わなかったら?もしも彼が自分に対して嫌な気持ちを抱いたら?と思うと怖くもなります。

また始めは彼の黒目の中に自分がうつっていたのに、途中からうつらなくなったと思うと少しショックを受けてしまうことも。それらを考えると、やっぱり片思い中の好きな彼の目はちょっと見づらいですね。

 

そんなときにおすすめしたいのが、まつ毛を見ることです。まつ毛は本当に黒目と近い距離になるので、彼と至近距離で話しているときにまつ毛を見ていても、視線が合っていないとばれることはありません。

また笑った時の目じりやうるんだ目というのも感じ取ることが出来るので、幸せな気持ちになることができます。

 

スポンサーリンク

 

あえて視線を外し、5秒に一回くらいは視線を合わす

片思いの彼と恥ずかしくて視線を合わすことが出来ない!また鼻も口もまつ毛も見ることが出来ないくらいシャイになってしまう人は、あえて視線は外してもいいでしょう。

自分の手元を見たり、外の景色を見たり、持っている雑誌に目を落とすなんてこともいいですね。

 

しかしメインは彼との会話。そのため10秒に1回くらいは、きちんと視線を合わせることが大切です。あまり視線を合わせないことが続くと、彼があれ?この子は自分のことが好きではないのか?と勘違いしてしまうことがあるからですね。

本当は好きで好きでたまらないというのに。彼に好きという気持ちのこもった視線を時々投げかけるのも、とっても効果的。そのために恥ずかしくて視線を合わせることが出来なくても、時々目を合わせるように心がけましょうね。

 

 

まとめ

目は口ほどにものを言うといいます。そのため片思いで恥ずかしくても彼の顔や視線を見て話をしたいですよね。でもそれが出来ない場合、上記の方法を是非試してみてください。

会話の最中にも視線の不自然さを感じることなくおしゃべりが出来るはずです。まただんだん彼の顔を見ることに慣れてくるので、次第に視線を合わせるのも恥ずかしくなくなりますよ。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA