婚活パーティ後にデートに誘うコツ・気を付けること

2017年8月4日

婚活パーティーで出会った相手ともう一度会いたい!!デートに誘いたい!!そう思っても、どのタイミングでどのように誘って良いのか悩むところですよね。

一度悩んでしまうと、人は次の行動へはなかなか進むことが出来なくなってしまいます。でも、せっかくの出会いをその後も繋げるには、何はともかく連絡を取らないことには始まらないのです。ここでは、婚活で出会った相手をデートに誘う方法方法を紹介します。

 

婚活パーティで出会った人をデートに誘うコツ

カップリング=恋愛スタートではない?

婚活パーティーで、カップリングが成立すると、これから意中の人と恋愛をスタートさせられる!と心が浮かれてしまいますよね。

でも実は、婚活パーティーでカップリングが成立したからといって、二人の恋愛がスタートしたわけでは決してないのです。

 

婚活パーティーでの出会いというのは、ただ異性と知り合いになるきっかけが出来たというだけなのです。

いくら婚活パーティーだからといっても、ほんの数時間、たった1回のパーティーで知り合った人と、すんなり恋人関係になれるほど、残念ながら恋愛は簡単ではありません。

とは言っても、せっかく知り合うきっかけが出来たわけですから、あなたのその後の行動次第では、恋愛に発展し、ゆくゆくは結婚ということも全くないわけではありません。

 

スポンサーリンク

 

パーティー終了後は、2次会、お茶に誘っても良い?

もし、参加したパーティーが早い時間に終わったなら、カップリングした相手やパーティーで出会った相手は、むしろ積極的にお茶や飲みに誘ってください。

その時間は、後々とても重要な役割を果たしてくれます。

 

というのも、カップリングが成立していても、パーティーで会話した時間は、10分程度と本当に短いですよね。

たった10分話をしただけでは、時間がすぎると記憶から抜け落ちてしまうもの。

 

でも、当日中にどこかお店に入って、改めて話す機会を設けることで、相手の記憶に自分のことを残すことが出来るのです。

ただ、相手を誘う時に、気をつけなければいけない事が3つあります。

 

 

婚活や恋愛に対しての温度差

1つ目は、婚活や恋愛に対しての温度差です。

婚活をする人の中には、1日でも早く恋人を見つけて結婚したい!!と焦っている人もいれば、出会いのきっかけがあればいいなーと気長に構えている人もいます。

 

例えば、あなたが前者でカップリングした相手が後者だった場合、どうしても二人の間には温度差が出来てしまいます。

ですので、相手のプライベートを細かく聞いたり、もし付き合ったらとか結婚は・・・と将来のことを話したり、ガツガツしてしまうと、相手を引かせてしまう事もあるので、テレビなど身近な話題やパーティーで話をしていた事の続きなど、当たり障りのない会話を心がけましょう。

 

 

お店にいる時間

2つ目は、お店にいる時間です。

好意を持っている人とパーティー終了後に、お茶が出来たら、嬉しくて長い時間一緒に時を過ごしたくなるかもしれませんが、大体30分くらいで解散しましょう。

 

パーティー後にお茶をしたり飲みに行ったりするには、その相手の記憶に留めやすくする事が目的です。

沢山の初対面の人と話をして、疲れているのにその後も長い時間引き止めてしまうと、せっかくあなたに興味を持っていた相手に、良くない印象を残すかもしれません。

 

時間を見計らい『お互いパーティーで疲れているだろうし、今日はこの辺で。またメールしますね』と解散することで、そうした心遣いができるのかと、相手により良い印象を持たせることができるでしょう。

もし、解散するタイミングがつかめなければ、相手の電車時間を最初に聞いおいたり自分の電車時間を相手に伝えておけば、それをきっかけに帰ることが出来ますよ。

 

スポンサーリンク

 

パーティーが終了する時間

3つ目は、パーティーが終了する時間です。

もし、パーティーの終わった時間が、21時を過ぎているような時は、カップリングしていたとしても、お茶や飲みに誘うことは止めましょう。

理由は上でも書いたとおり、パーティーは、どうしても疲れるものだからです。そんな時は、終了後にメールのアドレスやライン等の連絡先を必ず交換しておきましょう。

 

 

1回目の連絡は必ずその日のうちに

婚活パーティーは、ある種独特の雰囲気があります。

そんな中での出会いは、とてももろくてたとえカップリングがせいりつしていたとしても、その場から離れ時間が経つにつてて、その時の感情が薄らいでいく可能性が高いのです。

 

ですから、当日中に連絡先を交換した相手には、必ずメールをしましょう。これは、パーティー終了後お茶をした人にも言えることです。

文の書き出しとしては、

『今日はありがとうございました。』や『今日はお話できて良かったです。』といった感じでしょうか。

 

その後に、相手を気遣うような一文、例えば『今日は疲れているでしょうから、ゆっくり休んでくださいね』や『明日は、寒くなるようなので風邪を引かないようにね』などを入れると好感の良いメールになるでしょう。

ただ、間違っても、1回目のメールが長文だったり、ガツガツした内容のメールを送らないよに気をつけてくださいね。

 

 

初デートは2週間以内に約束を

上でも書きましたが、婚活パーティーで出会った人は、どれだけカップリングしていたり好印象だったとしても、印象は薄く時間が経つほど、相手を忘れてしまうものです。

さらに言えば、相手が他の婚活パーティーに参加して、そこで知り合った人とどんどん進展していってしまう可能性だってないわけではありません。

ですので、1日少なくとも1~2回は、相手を思いやったり気遣ったりするメールを送りその中で、さり気なくデートに誘いましょう。

 

スポンサーリンク

 

いかがでしたか?婚活パーティーでの出会いでは、ゴールではありません。むしろそこからが勝負です。

パーティーから時間が経つほど、印象が薄らいでしまいます。ガツガツし過ぎるのもいけませんが、どうしうようどうしようと迷って、メールを送らなければ、せっかくの出会いも実を結ぶことはありません。

男女問わず、素敵な相手と出会いった時は、すぐアクションを起こして、チャンスを掴みましょう。

Posted by yan