国際結婚で夫婦円満な生活を送る秘訣|外人と婚約中の人必見

今では当たり前となっている国際結婚。しかし、結婚後は大変なことも多いのが国際結婚でもあります。

そこで今回は、国際結婚で夫婦円満に生活するための秘訣について紹介します。外国人との結婚を控えている人や国際結婚をしている人は、ぜひ参考として一読ください。

 

国際結婚で夫婦円満な結婚生活の送り方

会話を常に意識する

国際結婚で一番の壁ともなるのが、言葉と考え方の違いです。付き合っていた時期がどんなに長くても、結婚後は付き合っていた時と同じようにいかないのは日本人同士でも同じです。

しかし、国際結婚をした人は、さらに言葉と考え方のズレが大きくのしかかってきます。

 

家族のこと、将来の生活設計、親族との付き合い方、など多くの問題が生じます。そこで重要となるのが会話です。

会話をして、話し合うことが国際結婚では面倒に感じてしまうことがあるのです。

 

言いたいことが伝わらない、言ってもわかってもらえないという心理から、会話をなくしてしまうのです。

しかし、重要なことこそ、しっかりと話し合うことが必要となります。伝わらないなら、辞書片手でも良いので諦めずに伝える、このくらいの強い気持ちがないと円満な夫婦生活は続きません。

 

日本人は、譲る心を持っています。そのため、相手の考えに従ってしまうことの方が多いのです。

はじめは良いでしょう。しかし、積もっていくことでいつしか爆発してしまいます。

 

爆発したら、その時の方が伝えることが難しくなってしまいます。冷静な気持ちが保てていない上に、言葉の壁が大きくのしかかってくるからです。

よって、日頃から会話を増やして、都度気持ちを分かり合える環境を作ることがポイントとなります。

 

スポンサーリンク

 

相手の国を客観視しない

国際結婚は、日本と他国がともに生活を送ります。国が違うために、全てを客観視してしまう傾向があります。

妻の国はそうなんだ、自分の国とは違う、と言うように外側目線で見てしまいがちです。

 

しかし、結婚をして一緒に生活をするということは、同じ目線で両国を見なければなりません。

相手の国を特別視しない、自分の国を特別視しないことが夫婦円満には必要なのです。客観視しているうちは、寄り添っているとは言えません。

 

どんなに環境ややり方が違えども、同じように行うことで距離を近づけて分かち合いながら生活をすることができるのです。

関係に溝ができないためにも、相手の国、自分の国というような考え方は捨て去りましょう。

 

 

感謝の気持ちをしっかりと表す

国際結婚だけではありませんが、感謝の心を素直に表現することは夫婦円満には最重要ポイントとなります。

日本人は比較的照れ屋な人が多いです。反面、外国人はストレートに表現するのが得意です。

 

自分が心地よい環境で過ごせているのも、相手が作り上げてくれているからだ、という感謝の気持ちを常に持ち、素直に言葉で伝えてあげましょう。

また、言葉で表すことが普通に身についている外国人から見ると、言われなければ感謝してくれていることは伝わりません。言わなければ、感謝していると思っていないのと同じと捉えるのです。

感謝だけにかかわらず、愛しているという気持ちも一緒に添えると、なお夫婦円満な生活を送ることができます。

 

スポンサーリンク

 

広い心の器を持つ

日本人は、こうであるべき、という固定概念にとらわれやすいです。自分をしっかりと持っているという点では、とても大切なことです。

しかし、その気持ちを相手に強要してはいけません。相手も、こうであるべき、という考えをもっているからです。

 

特に外国人は、その傾向が日本人より強いといえます。もし、意見や考えが食い違った場合は、一度相手の意見などを受け入れてみることで解決策が見出せる場合もあります。

そんな考え方もあるんだと気付き、自分の器を広げるチャンスにもなるのです。

 

また、強要同様に、束縛もできるだけ避けるように心がけましょう。多くのケースでは、女性側が母国を離れて男性側の国へ嫁ぎます。よって、環境の変化などで、考えている以上にストレスが溜まっているのです。

その上、あれはダメ、これもダメ、と束縛をしてしまうと、夫婦の関係を円満に保つことはできません。大きな広い心の器が求められるのです。

 

 

小さいことは気にしない

これも国際結婚だけの問題ではありませんが、特に生まれた国が違う人同士がひとつ屋根の下で暮らすのです、違うことだらけなのは当たり前です。

ひとつひとつ気にしていたら、家に居ることすら苦痛に感じてしまいます。

 

よって、小さなことは気にしないというくらいの気持ちで生活することも夫婦円満に暮らすためには必要です。

しかし、どうしても気になることについては、しっかりと相手に伝えましょう。

全てを、いいやいいや、で受け流してしまうのは、今は良くても将来に大きく響いてくる場合もあるからです。言わなければいけないことは、気にしない、で片付けないように注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

国際結婚の夫婦が円満に生活をするための5つのポイントは把握できましたか。振り返ってみると、国が違うために言葉や考え方、習慣が違うということを受け入れるだけで、夫婦円満に生活することができるのです。

相手を愛している事実があれば、乗り越えられる壁です。ぜひ、素敵な夫婦生活を送るヒントにしてください。

Posted by yan