喧嘩が減ったのはなぜ?彼氏、彼女と争わなくなったのは?

2017年8月4日

付き合いたての頃はよくぶつかり合っていた二人なのに、ある日ふとケンカしなくなってきたという変化に気づくことがあります。カップルのケンカはお互いにとって気分のいいものではないのでそれがなくなってきたのはいいことのように思えますが、「仲がいいほどケンカする」なんて言いますし、もしかするとどこか我慢し合っているだけなのかも?とちょっとモヤモヤ…。

そんな時に友達が恋人とケンカしたという話を聞くと不思議と羨ましく思えてきたりもしますね。恋人とのケンカはいいことなの?それとももしかすると別れの兆し?うやむやにしないで考えてみましょう。

 

彼氏、彼女との喧嘩が減ったのはなぜ?

お互いに理解し合えた証拠

恋人とのケンカの原因を思い返してみましょう。多くの場合は「自分の意見を聞いて欲しい」とか「自分の意見にも賛同して欲しい」という思いもあると思います。

子供が親にぶつかっていくような感覚に近いですが、恋人にも「こうじゃないの!」「こうしてほしいの!」とその都度伝えて自分を受け入れてほしいですよね。

 

それをお互いに繰り返すことで仲が深まっていくのだと考えると、長い交際の中でそのやり取りがしっかり済んだことによりケンカになることもないほど理解し合えたという証拠なのかもしれません。

最後まで話さなくても相手が言おうとしていることがわかるとか、表情を見ただけでだいたいどんな風に考えているかわかるという状態ならケンカがないのも良いこととして捉えていいのではと思います。

 

スポンサーリンク

 

言ってもわかってもらえないという諦め

先ほど述べたようなことを繰り返して自分をわかってほしいと頑張っていたのにいつもケンカになってすっきりしないまま終わる。

または、相手に意見を押し返されて我慢して終わる…悲しいですがそんなカップルも大勢います。特に片方が口下手な場合や気が弱い(優しい)場合は心の中でいろいろ思っていてもケンカを終わらせるために気持ちを飲み込んでしまうこともありそうですね。

 

そして、そのうちそんなやり取り自体もどんどんなくなっていくのです。どうせ言ってもわかってもらえないのですから当然でしょう。

今までのケンカの中でそんな風に対応してしまった経験はありませんか?心当たりがあるようなら今一度聞き上手になるように改心するべきです。恋人に「話せばわかってくれる人」とか「わかろうとしてくれた」なんて思ってもらえる人になりたいですね。

 

 

ケンカするパワーがなくなっているのかも

仕事が忙しかったり他の人との人間関係に悩んで疲れているのかもしれません。けんかは殴り合いでなくてもこころとからだを消耗します。

だからケンカの後はすっきりしたりぐったりするのです。これを機に恋人の健康に気遣ってあげられるようになりましょう。

どこか元気がないようならパワーが出る食事を用意してあげたり、家デートや近場で済むデートでも当分はわがままを言わないようにしましょうね。そしていろいろな話を聞いて心を軽くしてあげてください。そんなことも恋人としての大切な努めです。

 

スポンサーリンク

 

後ろめたいことがあるからケンカをしない

恋人とケンカをしなくなった時、相手が浮気をしている様子がないか最近の様子からちょっと考えてみるべきかもしれません。浮気をしていると後ろめたさから本命の恋人に優しくなる人も多いんです。

そして「自分達はうまくいっている」と油断させてちゃっかりまた浮気を楽しむ…そんな可能性もあります。

 

真相を知るにはあえてケンカになるようなことをしてみるといいでしょう。ちょっとわがままを言ってプレゼントをねだるとか、デートをキャンセルしてみるというのがおすすめです。

浮気をしているならプレゼントで機嫌を取ってくるかもしれませんし、デートをキャンセルされても浮気相手と会う時間が増えるだけ。がっかりした様子がないならそこを追求してみるとわかりやすいと思いますよ。

 

 

自分が慣れてしまっただけかも

相手の怒る様子に見慣れてしまったことで、今まで通りケンカをしているつもりの相手に対してこちらだけ何とも感じないなんていうことも起こりそうです。

それはあなたがケンカにストレスを感じなくなってきた証拠かもしれません。あなたにとってはいいことです。

 

でも、相手にとってはどうでしょうか?本気でぶつかっているつもりなのに軽く受け流されるのはストレスではないでしょうか。

次にそんなことがあったら相手の怒り具合をしっかり見て気持ちをちゃんと受け止め、ケンカに付き合ってあげようとするくらいでも悪くないかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

別れるかどうか迷っている可能性も

ケンカをしなくなったのは相手に対して熱くならなくなったから…そうです。最悪の場合は別れようと迷っているということも考えられるのです。どうでもいい相手とはケンカをするのも無駄な時間ですからね。

恋人は自分に冷たくなっていませんか?会う頻度は減っていませんか?不安なようなら徹底的に話し合いましょう。そこからもしケンカに発展してもそれはそれで二人の炎が燃え上がったと捉えることもできます。うやむやにせず、完全に火が消えてしまう前に対処しましょう。

Posted by yan