男性・彼が結婚を決める瞬間はこんな時|決めない理由は?

そろそろ結婚したい!そう思っても、彼から結婚の意志が伝わってこないと、不安になります。特に、結婚適齢期に近づくに連れ、彼は自分と結婚する気があるのかしら?このままずっと付き合っていって将来はあるのかしら?と悩んでしまいますよね。

かと言って、プレッシャーを掛けて逃げられるのも嫌。そう思うと、身動きが取れなくなってしまいます。そこで、男性が付き合っている女性との結婚を決めた瞬間について紹介します。

 

なぜ男性は結婚を決めないのか?

結婚というのは、男性にとってあなたの人生も背負い込むことになる責任重大な決断になるので、たとえ彼女がいてもそう簡単には結婚を決めることが出来ないようです。

そして、男性は結婚に対して3つのタイプに分かれるそうです。

 

  1. 結婚願望が強く、恋愛よりもとにかく結婚したいタイプ
  2. 結婚願望はあるが、今すぐではないタイプ
  3. 全く結婚願望がないタイプ

 

もし、あなたの彼氏が①のタイプならば、すでに結婚しているか、プロポーズされている可能性が高いので、ここでは特には書きません。

付き合っている彼が③のタイプの場合、どれだけ待っても彼からプロポーズの言葉を効く可能性は低いです。

 

残念ですが、もし結婚を望むのであれば、今の彼に見切りをつけて、新たな出会いを求めたほうがいいかもしれません。

世の多くの男性は②の結婚願望はあるけれど、それが今すぐではないタイプに属していると思います。もし、彼との結婚を望むなら、結婚に向けて何かしらのアプローチを仕掛ける必要があるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

男性はどんな時結婚を決めるの?

多くの男性が、結婚願望はあるけど、今すぐ結婚を望んでいるわけではないことがわかりましたが、では、一体男性はどんな時に、彼女との結婚を意識するのでしょうか?

 

体調を崩したり気分が落ち込んでいる時に彼女が支えになってくれた時

人は、体調を崩してしまうと、誰でも心細くなってしまうものです。

しかも、男性は女性より精神的に弱いもの。風を引いたりインフルエンザに掛かったりすると、特に男性が一人暮らしをしている場合、このまま死んでしまうのではないかという恐怖に耐えている人が少なからずいるようです。

 

また、仕事で大きなミスをしてしまった時、一見大丈夫そうに見せていても、実は結構落ち込んでいたりします。

そんな時に、彼女が看病をしてくれたり、そっと寄り添って支えてくれたりすると、その様子を見た男性は、一気に結婚を決めることがよくあります。

 

 

彼女の家庭的な一面が見られた時

デートを重ねていく中で、彼女の家庭的な一面が見られると、男性は結婚を意識する傾向にあるようです。

ここでいう家庭的な一面がどんなものかと言えば、例えば、あなたが作った手料理が美味しかった時、男性はあなたに家庭的な一面を見ます。

 

『男心をつかむには男の胃袋をつかむのが1番』という言葉がある通り、彼女が料理上手だということが、彼の中で結婚相手として急上昇するようです。

他にも、子どもや動物に対して優しく接している様な姿を見ると、男性はそこに母性を感じ、結婚してからの幸せそうな生活を思い描くようです。

 

スポンサーリンク

 

周りの友達が結婚した時

自分の結婚を考え始めるきっかけが、周りの友達が結婚した事だったという男性は、結構多くいます。

というのも、『結婚』に対して漠然としたイメージしかなく、責任という点だけを見れば、不安になってしまう対象だったものが、自分の身近な仲間が結婚をする事で、漠然としたイメージだったり不安しかなかった結婚が、具体的な例として見れるため、明確なイメージとなり、不安も軽減されるため、結婚に踏み切るきっかけになるためです。

 

 

どんな時でも味方でいてくれると感じた時

どんな事があっても、自分を受け止め理解してくれる存在がいるというのは、男性にとって、とても心強いものです。彼女をそんな存在であると気づいた時、結婚を決断するようです。

仕事で失敗して落ち込んでいた時に、慰めてくれたり、頑張ったことに対し心から褒めてくれたり、みんなが反対していることに対しても、彼女だけは味方でいてくれたり。

 

何があっても、自分を受け止め味方になってくれる彼女は、自分の良き理解者であると気づいた時、かけがえのない存在であると感じ、そんな相手とずっと一緒にいたいと思い、結婚を意識し始めます。

他にも、経済的価値観や感性が似ていると感じだ時、彼女が自分の元から離れそうになったときなどにも、結婚を決意するきっかけとなるようです。

もし、1日でも早く彼からのプロポーズをも待っているなら、上記で挙げたよな事を意識して行動すると、もしかしたら、彼氏からのプロポーズの言葉を聞けるかもしれません。

 

 

それでも彼がプロポーズしてくれない時はこれ

母性をちらつかせても、胃袋を掴んでみても、なかなかプロポーズしてくれないような草食系男子な彼の場合、打つ手もなくただ彼からのプロポーズを待ち続けるのは、とても不安ですよね。

そんな時は、こちらからプロポーズしやすい環境を作ってしまいましょう。

 

そもそも、男性というのは、結婚に対してとても慎重ですので、相手が絶対にOKしてくれるという保証がない限り、プロポーズに踏み切ることが出来ない小心者なのです。

逆に言えば、彼女が必ずプロポーズをOKするという確信があれば、プロポーズをするということです。

 

そこで、プロポーズされるためにあたながやるべきことは、ほのかに『あなたからのプロポーズを受けるわ!』という意思を伝えることです。

例えば、結婚後の二人の将来について、話を振ってみましょう。

 

子供は何人くらい欲しいとか、どんなところに住みたいとか、マンションが良いとか一軒家が良いとか、そういった話をする事で、大抵の男性は、相手も自分との結婚を望んでいる事に気づくはずです。

男性はそれがわかった時、プロポーズに踏み切ってくれるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

いかがでしたか?男性の多くが、結婚願望はあるけれど何かしらのきっかけがないと、結婚に踏み切れないことがわかりました。

周りの友達の結婚というのは、あなたではどうしようもないことですが、胃袋を掴んだり、彼の1番の理解者になったり、家庭的な一面を見せたり、時には、プロポーズし易い環境を作ったり。直接的に結婚を匂わせてしまうことに気が引けても、相手が結婚に踏み切ってくれる様な方法ならば、できるのではないでしょうか?

無理せず自然な形で、彼の結婚願望をくすぐり、プロポーズをもらいましょう。

Posted by yan