彼氏に言ってはいけない言葉、セリフ|自信がない人は落ち込む

自分に対し、自信のない男性は、意外と多いものです。そして、自分に自信のない男性には、実は言ってはいけないNGワードというものが多々存在するのです。

あなたもうっかり地雷を踏んで、彼を落ち込ませることのないように、事前にこの10個のワードは頭の片隅にでも置いておいた方がいいと思います。

 

自信がない彼氏に言ってはいけない言葉、セリフ

「どうせ〜なんでしょ」

「あなたってどうせ○○ができないんでしょ」「どうせ私のことなんて好きじゃないんでしょ」ちょっとした喧嘩の一言から、あなたはつい彼にこう言った言葉を浴びせてしまった経験はないでしょうか。

どうせ〜でしょ、という言葉は、男性を頻繁に落ち込ませます。戦意喪失させてしまう危険なワードなのです。もしあなたがこのワードを使いそうになった時には、ちゃんと喉の奥に飲み込んであげてください。

 

 

「いつも〜だよね」

「あなたっていつも同じ服だよね」「いつもそればかり食べているよね」あなたの何気ないそんな言葉に、自分に自信のない彼なら、自身の行動を疑ってしまっていることでしょう。

『あれ、いつもこの服を着ていたのかな』『同じものを食べることってそんなに変かな』彼の不安は尽きません・・・。

 

スポンサーリンク

 

「まだ?」

「まだ?」という言葉に緊迫感を覚え、いつも急かされているように落ち着かなくなってしまう気分になる男性も、意外と多いです。あなたは彼を急かそうと、ついついこのような言葉を言ってしまってはいないでしょうか。

この言葉をかけられるたびに、彼は落ち着かない気分でいっぱいなのです。

 

 

「大丈夫なの?」

彼のことが心配なあまり、ついあなたは彼に「ねぇ、大丈夫なの?」という言葉をかけてはいないでしょうか。この言葉をかけられた彼は、『自分のしたことが間違っているんじゃないか』と、自身の行動に常に疑いを持ってしまうようになることでしょう。

ですので、大丈夫じゃなさそうな状況にのみ、この言葉を使い、助け舟を出すようにしましょう。多用は厳禁です。

 

 

「あの人は〜だったよ」

自分に自信のない彼にとって、他人と自分を比べられることは最も恐ろしいことです。その上、大好きなあなたの口から他の男性と自身を比べられるようなワードが出てきた日には、ドキッどころか心臓がドクドクしてしまうかもしれません。

そして、さらに自分の自信を失くしてしまうかもしれません・・・。充分注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

「あなたのことなんて知らない」

時には喧嘩をして、彼を突き放したい衝動に駆られることだってあるかもしれません。

しかし、そんな時にでも、「あなたのことなんて知らない」などと言って、彼を完全に突き放してしまっては、一生修復不可能な関係になってしまう可能性だってあります。

 

どんなに苛立っても、彼を突き放すことのないようにしましょう。

どこかで彼のことを好きな気持ちは、彼だって同じなのです。そんな彼が彼女にこの言葉を投げかけられれば、ショックで立ち直れなくなることでしょう。

 

 

「どうしてあなたって〜なの?」

いつも自分に自信のない彼にとって、自分を否定されるような言葉は最も禁句なワードです。

その中でも、「どうしてあなたって不器用なの?」「どうしてあなたってこんな簡単なことができないの?」と言われると、まるで自分の全てを否定されたような気持ちになって落ち込んでしまうことでしょう。

 

 

「違うって!」

何か、彼の行動があなたの気に障ってしまった時、あなたは彼のその行動を全否定するかのように「違うって!」などとつい語気を荒立ててしまってはいないでしょうか。

彼はそのあなたの一言にも、自信喪失してしまう恐れがあります。何故なら、彼は自分に自信がないからなのです。

彼を注意したい時には、ちょっと気持ちを抑え、「そうじゃなくてね」などと、優しく語りかけてあげるようにすればいいと思います。

 

 

「私のこと本当に好き?」

自分に自信のない男性というものは、大好きなはずの彼女であるあなたに対してだって自信がありません。

ですので、「私のこと本当に好きなの?」と言った言葉を投げかけられた日には、『自分は本当にこの女性が好きなのか・・・」と自問してしまう可能性だってあります。

もし彼の気持ちを確かめたいのなら、「私のこと本当に好き?」ではなく、「私はあなたのことが好き。・・・あなたは?」などという言葉に置き換えてあげると、彼の自信を喪失させることなく彼の気持ちが聞き出せるかと思います。

 

 

「あなたって本当に〜ね」

最後に極め付きのワードといえば、「あなたって本当に○○が苦手ね」「あなたって本当にドジね」と言った言葉です。

「あなたって」の後に、ネガティブなワードがついてしまうと、彼をこれでもかというほど傷つけます。十分注意することが大切です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。男性って、かなりデリケートな生き物だということをご理解いただけたでしょうか?

こちらを参考にし、ぜひ自分に自信のないデリケートな男性を労ってください。そうして、良好な交友関係を続けていけるよう、願っております。

Posted by yan