彼が初めて家に来る|準備・気を付けること・注意点は

ついに彼を部屋に招き入れることになったあなた。自然なままを見てもらうのもいいですが、やっぱり少しは印象良くしておきたいですよね。どこを整頓しておくべきか、男性目線で気になるところをいくつか挙げてみたいと思います。

 

彼が初めて家に来る|注意点・気を付けること

におい・臭くない?

男性の部屋のにおいが気になる女性は多いですが男性だって同じです。

特に初めて部屋に来る彼なら女の子らしさを感じるようないい香りを期待しているかもしれません。

 

ドアを開けた時にふわっと香るお花の香り、せっけんの香り、日光が差し込んだお日様の香り、それらは彼女の印象そのものも変えてくれることでしょう。

芳香剤やアロマなどを普段使っていないのであれば、彼が来る前にぜひ用意して部屋をいい香りに包んでおきましょうね。

 

そして、それは女性として今後も気にかけておきたいことです。これを機に自分らしい香りを見つけておくといいですよ。

気をつけたいことはあくまでもさりげない程度に留めるということです。香水も芳香剤もたとえ香りそのものが良くても強すぎると台無しです。

使っている本人は感覚がマヒしやすく使いすぎに気づかないこともあるのでそうならないように意識しておいてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

荷物の多さ・散らかっていない?

部屋が狭くても少ない荷物で整頓されていると狭さを感じませんし、荷物自体が少なければ最低限の持ち物で効率よく生活ができる器用な女性という印象を与えます。

いらないものを散らかしているならこの際すっきりと断捨離しましょう。特にずぼらさを感じさせるようなものは失くしておくべきです。

 

例えば干したままの洗濯物、畳んでいない洋服、飲みかけ食べかけのもの、引っ越してきたままのようなダンボール…。

男性は女性に家庭的な一面を求めるものですから、荷物を整理できないことを知ると今後の同棲や結婚に対しても不安に感じると思います。

 

しっかり者と思われていたならさらに大幅なポイントダウンとなるでしょうね。

「自分が来るってわかっていてこれ?」と思わせてしまうと、彼への好きな気持ちそのものまで疑われてしまうかもしれません。

 

 

色彩

女性なら部屋をピンクや水色などの明るい色で揃えていることも考えられますが、男性にとっては落ち着かない色味のような気もします。

部屋を見た瞬間「女の子らしくて可愛いな」と思ってくれた彼も、しばらくそこで過ごすうちに自分の部屋の方がいいやとか、前の彼女の部屋はよかったなと思い始めてしまったら悲しいですよね。

 

やはり誰もが落ち着けるような空間にしておくことがベストだと思います。

そこで、彼がまた来たいとか妙に落ち着くからもうちょっといたいなんて思ってくれる部屋の色彩を考えてみましょう。

 

やはり温かみを感じるようなベージュや赤、清潔感のある白、目に優しく癒されるグリーンなどを取り入れていきたいですね。

モノトーンであればクールで知的な印象を与えますし、夏ならブルーが多くても涼しげでいいでしょう。

目が疲れるような派手な色は挿し色程度にして控えることでおしゃれな印象にもなりますよ。彼が落ち着ける部屋を目指すなら彼の部屋の雰囲気を真似てみるのもいいですね。

 

スポンサーリンク

 

写真

部屋に写真を飾る女性は多いと思いますが、過去の自分や普段見せていない自分を知られてしまう可能性もあるため、彼が部屋に来るとわかったら飾る写真を厳選しておくべきかもしれません。

そして、彼に知って欲しい自分の部分が写った写真も一緒に飾るようにすればなおさらいいと思いますよ。

 

例えば学生時代頑張っていた部活の写真とか、アルバイト中の可愛い制服を着ている写真などです。

自分から見て見てと言うのはちょっと照れくさいですから、部屋のインテリアとして自然に見て知ってもらうようにしましょう。

 

また、どのカップルも過去の相手の写真を見たがるものですよね。写真を飾っていなくても「昔のアルバム見せて」なんて言われる可能性もあるので、過去の写真は整理しておいた方がいいでしょう。

そこを拒めば彼も見せてくれなくなってしまうので、抵抗なく一緒に見て楽しめるように用意しておくといいですね。

 

 

服や下着

彼が彼女の部屋に入って見た事のない可愛い洋服や下着が目に入ったとします。

その時彼は「これをどこに着て行ってるんだろう?」と不思議に思うはずです。

 

本来なら大好きな彼とのデートで着用すると思われるようなおしゃれ着なのに見たことがないということで、もしかして他の誰かとデートしてるの?とか、遊び歩いているの?と誤解されてしまうかもしれません。

彼なら彼女のおしゃれ着を一番に見て褒めてあげたいと思うでしょう。

 

そう考えるとちょっと寂しい気持ちにさせてしまうのではないでしょうか。

やきもちをやいてくれるうちはまだいいですが、それが過剰な束縛となって返ってくる可能性もあります。特に露出の多いデザインのものならなおさらです。男心も考えてあげてくださいね。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA