出会いがあり付き合いが続くと、次のステップとして同棲を計画するカップルはとても多いと思います。

大好きな相手が家に帰るといつもいる、夢のような楽しい日々を連想しがちですが、同棲前にしっかりと話し合うべきいくつかのポイントがあります。

 

彼と同棲を始める前に話し合うべきこと

お金のルール

最近は生活費を折半するカップルも増えており、収入や年齢などによっても違いますよね。

でも”金の切れ目は縁の切れ目”という言葉があるように、お金のトラブルは、将来を考えるための同棲に大きな不安を生みます。

 

だからこそ、同棲する前にできれば書面に残しながら話し合うことをお勧めします。

何故なら口約束は、忘れてしまえばなくなるからです。

 

金額の割合はもちろん、それをどんなふうに管理するのか、貸し借りはするのかしないのか、財布をまとめるのであれば、月々のお小遣いと生活費と貯金額についても、必ず同棲する前に話をしてからどうせいしましょう。

よく、どちらかの家に転がり込み、気が付けば半同棲をしているカップルもいますが、生活を始めてしまうと、今更感が強くなかなかルールづくりが難しくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

家事分担

お互い仕事をするのであれば、家事のルールは必ず作りましょう。

同棲初期は、嬉しさと母性本能からあれこれ家事をやることに楽しさを感じますが、必ず不満が溜まります。

 

同棲しても、あなたは彼のお母さんではありません。家に帰って料理は作りお皿を洗い、脱いだ靴下を拾い洗濯をしていると、それが当たり前になるのです。

でも、彼からすればあなたがやってくれるから、自然な事で「だったら最初から言えばいいじゃん。」という気持ちなのです。

 

そこは上手く汲取って欲しいところですが、男性は言われないとわからないことがたくさんあります。

察してくれるのを待ち、イライラするくらいなら初めから家事分担のルールを設ける事です。とはいえ、男性なので対等までは難しいかもしれません。

 

そんな時は例えば、「料理は私が作るから、ゴミ出しとお風呂掃除はあなたがやってくれると嬉しい」など、バランスを見て提案をしてみましょう。

そうする事で、同棲中のイライラは大幅に減ります。

 

 

遊びのルール

今まで自由に生活していた者同士が、一つ屋根の下に住むことは当然制限もあります。

一人なら朝帰りしたって平気でも、同棲相手がいれば嫌がることもありますよね。

 

また、異性の友達がいるならばお互いどんなふうに付き合うのか、相手を尊重してお互いの価値観をすり合わせていかなければなりません。

だからこそ、お互いのプライベートや遊びに対するルールもある程度作っておいた方が良いでしょう。

 

例えば”遊びに行っても良いけど、終電には帰る”とか”泊りで遊びに行く時は相談する”など、相手を心配させないという事を意識しながら話し合っていくと良いでしょう。

同棲は良い事ばかりでなく、制限もある事をきちんと認識することはとても大事なことです。

 

スポンサーリンク

 

休日の過ごし方

同棲すると休日の過ごし方もお互い考えなければいけません。

これはせっかく同棲したのに”自分の時間が全くない”や逆に”休みが一緒なのにゲームばかりしている”など不満が溜まる原因を回避する為です。

 

男性は今まで離れているときは休日を彼女の為に空けていても、同棲すると”毎日一緒なんだから”と友達とばかり遊び始める人も多いです。

その度に喧嘩してしまわないように”月に2回は外でデートする”や”土曜日はお互い友達と遊んで、日曜日は一緒に過ごす”など、お互いが息苦しくならないルールを作ると上手くいきます。

 

 

されると嫌な事

ある程度付き合っていると、お互いの事はわかると思いますが、同棲を決めるタイミングで”されたら嫌な事”をもう一度話し合ってみましょう。

好きな事をすり合わせているカップルは多いのですが、意外と嫌いな事やされたら嫌な事を話し合っていないカップルは多いのです。

 

実は、相手の嫌な事を知らないと同棲中はトラブルが起きやすいのです。

ポイントはたくさんルールを設けても良くないので”ここだけは絶対イヤだ”と思うポイントを3つ程お互いに挙げてみましょう。
そのポイントはそれぞれ違います。

それをお互いが把握するだけで、同棲生活はぐっと上手くいきます。

 

 

将来について

これは最も大事なポイントです。同棲がただの同棲になるか、未来の幸せに繋がるかはある意味ここで決まります。

同棲を何のためにするのか、まずお互いの意見を確認しましょう。女性にとっては将来に繋がる同棲をしたい人の方が多いはずです。

 

だからこそ、”○ヶ月同棲したら、お互いの親に会う”とか”○ヶ月同棲したら、婚約する”などこれは自分が納得できる条件を提示することがポイントです。

何故なら男性に結婚適齢期はあまりないのに対し、女性は妊娠・出産の観点からみても適齢期があるからです。

 

だからこそ、一時の燃え上がりで簡単に同棲するのではなく、このポイントだけは自分が主導権をもち進めていきましょう。

もしここで「そんなのまだわからないよ」とあいまいな返事が返ってきたら、それは同棲するべきタイミングではないということです。

 

スポンサーリンク

 

いかがでしたか。ルールは制限する為に作るものばかりではありません。

ルールがなければ、どっちが正しいか弁が立つ方の有利になってしまいますが、ルールがある事で明確な基準を元に話をすることができます。

 

同棲は他人同士が一緒に住むので、考えが違って当然なのです。

そこでルールを活かし、いかにうまく同棲するかで将来に繋がる意味のある同棲になるのです。