イケメンと勘違いしているナルシスト男子。そんな残念な男性の特徴について紹介します。

 

勘違いイケメン男性ありがちな行動と特徴

鏡やガラスなどに映った自分の顔をずっと見ている

私が見た自分の事をイケメンだと思っている男の中で最も多かったのは、自分の顔を常にチェックしている人です。

その人は自分が鏡をさりげなく見ていて、誰も気がついていないと思っているようなのですが、周りのみんなは「またやってるよ…」といつも思っていました。

 

他人から見れば、人の顔の違いなんてたいしてわからないのに、ここまで自分の顔の出来を執拗に気にするのか私はわかりませんでした。

一番面白かったのはその彼がトイレに行った後、髪の毛が濡れていたことです。

おそらく水で髪型を整えたのでしょうが、突然濡れた髪をした人がトイレから出てきたときにはみんなで笑いました。

 

スポンサーリンク

 

SNSに自撮り写真やファッションを頻繁に上げている

SNSに自撮りの顔写真やその日のファッションをアップしている人はよくいるかと思うのですが、それをやっていいのは本当にかっこいい人だけだと私は思うのです。

しかし、例の勘違いイケメン君は1日に1回は必ず「今日のコーデ」や何かと一緒に写っている顔写真を載せています。

 

周りの友達も彼の写真を見ながら、「彼どういうつもりなのかな」と頭を抱えているのですが、そんな彼はお構いなしに写真をアップし続けています。

自分に自信があるのか、かまってちゃんなのかわからないですが、鬱陶しいのは多少迷惑でもありますよね。

 

 

ボディタッチが多い

異性との距離を縮める手段の一つとして、ボディタッチを効果的に利用するといいという話がありますが、使い方を間違えれば嫌悪感しか与えないモノでもあります。

特に、「ただしイケメンに限る」とはよく言ったもので、自分の事をイケメンだと勘違いしている人がそんなことをしてしまうと、下手するとセクハラだとも思われてしまいます。

 

私が見かけた彼はとくに女性から評判がいい顔なわけでもないのに、飲み会などでボディタッチを頻繁にしていました。

肩を組んでみたり、頭をポンポンと叩いてみたり、ひどい時は抱きつくといったようなことをしており、みんな嫌がっていたのですが、本人は自分の行動にみんな悪い気はしないと思われていると勘違いしているようで、なんともはた迷惑な話です。

 

 

みんなで写真を撮るときに1人だけポーズを決めている

集合写真を撮る機会が何度かあったのですが、その度に例の勘違いイケメン君はよくわからないポージングをしていました。

例えば、ポケットに両手を入れて、すこしカメラに対して斜めに立ってみたり、何かと写真を見返したときに一人だけ浮いているような感じになっています。

本人はというと基本的に写真の中に何人も映っていたとしても、自分の姿しか目に入っていないみたいなので、気にはしていないようです。

 

スポンサーリンク

 

女友達を勝手にカワイイ順にランキング

勘違いイケメンに共通する特徴として、女性に対して上から目線であるということがあげられるのですが、ある日その彼が話していたのですが、一人で女友達のカワイイ子ランキングをつけていました。

そして、ただランキングをつけていただけではなく、それぞれの順位にちゃんとした寸評を添えていたので、何様かと思いました。

 

あと面白かったのは何位から上の順位の女性とは付き合えて、それ以下は自分の対象外だと言っていたことです。

この話は当然女友達にはいうことができませんでした。さすがに、私まで反感を買う可能性がありましたから。

 

 

下ネタを言っても大丈夫だと思っている

適度な下ネタは場を盛り上げるのに効果的だとは言いますが、これはかなり高度なテクニックで、ハイリスクハイリターンなことでもあるのです。

しかし、勘違いイケメンにはそんなことはどうでもいいらしくて、とにかく下ネタを自分が言うと女性が喜ぶと思っている迷惑な人でした。

 

当然女性陣は引きまくっています。

なのに、一歩も動じることなく下ネタをブッ混んでくる彼の精神は何に突き動かされているのか気になったりもしました。

 

下ネタはデッドラインを見極めることが重要なのに、彼の踏み越えること踏み越えること…、彼がしゃべると場の空気が悪くなってしまうので迷惑でしたね。

一通り終わった後で、何回か注意したことはあったのですが、「なんで?女の子笑ってたじゃん」と何をどう見たらそうなるのかわからない返しをしてくるので、これは言っても無駄だなとついには諦めてしまいました。

 

 

≪まとめ≫

自分の事をイケメンだと勘違いしている人は基本的に自分の事を高く見積もっているので、その言動や発言がその人に合わないというとても滑稽な状況を作り出してしまうのですが、当人に指摘してあげた方がいいのかどうか迷ってしまいます。

私は面白いので放っておこうかと思いますが、皆さんはどうでしょうか。

スポンサーリンク