彼女の両親への結婚挨拶のマナー・服装・呼び方は?

2017年8月4日

彼女へのプロポーズが成功すると、次は結婚への最難関ともいえる、彼女のご両親への挨拶が待っています。

ここでミスがあれば、どんなに二人が結婚へ気持ちが向かっていても、なかなか許しが出ないかもしれません。ここでは、失敗なく彼女の両親へ結婚の挨拶をする方法を紹介します。

 

彼女の両親への結婚挨拶のマナーと注意点

出典:IKINA (イキナ)

彼女の両親への報告はどのタイミングですればいいの?

先ずは、彼女自身が両親にプロポーズされたことを報告するまで待ちましょう。彼女にはこの時に、結婚の報告をしに尋ねる旨とご両親の都合の良い日を聞いておいてもらいましょう。

それと同時に、あなたも自分の両親に結婚の報告を済ませておきましょう。ここで注意しなければいけないのが、ご両親への報告が済むまで、結婚式の準備をしないということです。

 

結婚式は、一見二人のもののようですが、話が進んでいくと、親もちょこちょこと口出しをしてきます。そんな時に、実はもう結婚式の日取りや会場などを決めていた。

なんてことになると、親子間で余計なトラブルが発生するとも限りませんし、そこまで決めてしまっていると、その事実を知った時、親としては事後報告をされた気分になり、決していい気分はしません。

結婚が決まった二人にとっては、1日も早く結婚式のことを決めたいでしょうが、先ずは両方の両親への挨拶が終わるまでは、待ちましょう。

 

スポンサーリンク

 

挨拶の時の服装や身だしなみは?

正式に結婚の挨拶に行くわけですから、TPOをわきまえた装いを心がけましょう。スーツやジャケットなど、清潔感があり、きちんとした感じを与えるような服装が良いでしょう。

髪型も、ボサボサだったり寝癖があってはいけません。きちんとヘアスタイルを整えてから、彼女の実家へ向かいましょう。

その他にも、気をつけなければいけないのが靴下に穴が空いていないか、髭は生えていないか、爪は伸びていないか。細部までしっかり整えて、清潔感のある身なりで当日を迎えましょう。

 

 

手土産は持っていくべき?

ぜひ手土産は事前に用意しましょう。当日に近所で慌てて購入なんてことは、絶対にNGです。

予め彼女にご両親の好きなものを聞いて、それを手土産にするか、それが難しいようなら、お菓子類がよく選ばれているようです。

手土産の相場としては、3000円前後の日持ちするものが良いでしょう。

 

 

結婚挨拶当日の流れは?

出典:マナーの虎☆

いよいよ彼女の実家で結婚の挨拶の当日。どのタイミングでどのように結婚の話をすればいいのか・・・。と緊張もマックスですよね。ここでは、家に到着してから帰宅までのざっくりした流れを紹介します。

 

部屋に案内された後、ご両親が部屋に入り全員が揃う

ご両親が揃い着席したところで、「(彼女)さんとお付き合いさせていただいている◯◯です。今日はお忙しいところ、お時間をいただきありがとうございます」と改めて挨拶をします。

 

スポンサーリンク

 

手土産を渡す

挨拶した後、手土産を渡しましょう。この時は、『つまらないものですが・・・』とは言わず、『(彼女)さんからお好きだと聞きまして』や『地元でも有名で美味しかったので』など、なぜそのお土産を選んだかを伝えると、好印象を与えるでしょう。

 

 

いよいよ結婚報告へ

手土産を渡したあとは、しばらく雑談したりお茶を頂いたりしながら、雰囲気が和んだ頃に、結婚の挨拶をしましょう。

この時、間違っても「(彼女)さんをください」と言わないように気をつけましょう。

あなたの大切な結婚相手であり、ご両親にとっては大切な娘さんです。それなのに、まるで何かの物のように『ください』と言ってしまうと、『娘は物じゃない!!』とご両親は悪い印象をもつ可能性があります。

 

 

頃合いを見つけて帰りましょう

無事、結婚の報告を済ませ、一区切りがついた頃合いを見計い、帰る旨を伝えましょう。もし、この時食事を勧められた時は、好意に甘えてください。

そうでなければ、コートを着ていた場合は、玄関まで手に持って出ます。玄関先でこの日のお礼を述べ、帰りましょう。

 

 

後日お礼状を出しましょう

結婚の挨拶の後日、数日以内にご両親に直接、お礼状を送りましょう。

 

 

両親へ結婚の挨拶当日で気をつけることは?

彼女の実家には約束の時間5分前に付きましょう。

結婚の挨拶をしに行くのに、遅刻なんてもってのほかですが、早く付きすぎるのも迷惑になります。

というのも、相手の家の準備がありますから、約束時間より早く付きすぎると、まだ準備が整っていない可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

家に入る時のマナーでポイントアップ

  • コートを着ている場合は、相手の家に入る前(門や玄関前)で脱ぎましょう。
  • 玄関のドアは、相手にお尻を向けないように後ろ手で締めましょう。
  • ご両親が出迎えに来たら、ご両親の顔を見て笑顔ではっきりと挨拶をしましょう。
  • 靴を脱ぐ時は、正面を向いたまま脱ぎ、くるりと向きを変え靴の向きを正し、隅に揃えて置きましょう。

部屋に通された後は、座る場所を指定されない限り、必ず下座に座りましょう。それがマナーです。

 

 

相手のご両親や彼女の名前を呼ぶ時は要注意

プロポーズが成功していても、まだ二人の間で婚約が成立しただけで結婚前です。それなのに、相手のご両親を『お義父さん、お義母さん』と呼ぶと、ご両親は不信感や不快感を感じる人もいます。

ですので、『(彼女の名前)さんのお義父さん、お義母さん』と呼びましょう。また、彼女を呼ぶ時も注意してください。二人でいるときのように、あだ名や呼び捨てで呼ぶのは、NGです。必ず◯◯さんとさん付けで呼びましょう。

 

いかがでしたか?誰しも彼女の両親への結婚の挨拶は、ドキドキと緊張するものです。だからこそ挨拶に行く時は、普段の自分を封印し、彼女の両親に好印象を持たれるように清潔感のある身なりで訪問しましょう。

更に、マナーを身に付け、一人前の社会人と認めてもらい、二人の結婚を認めてもらえるようがんばってください。とにかく、清潔感とマナーを武器に結婚挨拶の当日を乗り切りましょう。

Posted by yan