彼女との喧嘩で仲直りできる4つの方法|LINEやメールはNG

大好きな彼女と喧嘩した時にスムーズに仲直りする方法について紹介します。

 

 

恋人・彼女との喧嘩でスムーズに仲直りする方法

謝るのは自分からと心がける

どんな人でも、好きな相手とは喧嘩はしたくないもの。

でも、ささいなことがきっかけで時間が経てば「なんでそんなにムキになって言い返してしまったんだろう」と後悔をしている人はたくさんいます。

 

そんな時に、すぐにでも仲直りをしたいなら、反省したその瞬間に謝りに行きましょう。

カップルや恋人の場合、喧嘩の内容は他人から見れば本当に小さなものです。

 

どちらもただムキになっている場合が多く、謝ったり仲直りのタイミングが見つからないということがあります。

だから、そんな時は相手が悪いとか自分が正しいということをひとまず忘れて自ら謝って関係を修復することに全力を尽くしましょう。

 

スポンサーリンク

 

相手の大好物を買って謝る

女性はあまのじゃくな性格をしている人もいますので、男の子が素直に謝りに来ても「またムキになって喧嘩になってしまうような余計な一言を口走ってしまう」というタイプの女性がいます。

そこで、相手の挑発に乗ってさらに関係を悪化させるのはもったいないこと。

 

だからこそ、男性は謝罪するときに何か彼女の喜ぶものを考えて、買い物に行きましょう。

特に喧嘩の後に仲直りをするなら甘いものを買って渡すのが吉。

 

喧嘩というのは実は、エネルギーをたくさん消費しています。

起こったことでお腹も無意識の中に空いてしまいます。

 

しかし、プライドが邪魔をして買い物に出かけること自体に負けた気がするので何もできずに一人でイライラを増強させてしまうこともあります。

そんな時には、喧嘩をして怒らせてしまったことを反省し、謝罪の気持ちを伝える際に、手土産を用意しておくと良いでしょう。

 

彼女も、目の前においしそうな大好物があれば謝罪の内容どうこうよりも1度目に入った食べ物に意識がいきますので、早く食べたいと頭が働き意外とあっさり仲直りできることもあります。

しかし、自分も食べたいからと2個買っていた場合、彼女によっては「2個とも私が食べるから」というセリフを言うことも想定されるので、その時は仲直りできたことに満足して譲るように心がけましょう。

山の天気と女心は変わりやすと言いますからね。

 

 

受け入れてほしいという気持ちを常に理解する心配り

恋人同士で喧嘩に発展してしまった時に、やるべき行動はまた次も同じようなことで喧嘩に発展させないようにする方法を考えることです。

謝罪をしてただ謝れば済むと思っていると捉えられても困りますので、しっかりと喧嘩になった後は頭を冷やして正常な判断ができるようになってから物事を考えるようにしましょう。

 

女性は男心は簡単に見抜くことができるセンサーが備わっていることや特に、普段から一緒にいる彼氏のことであれば誰よりも理解しています。

だからこそ、せっかく仲直りするのであれば、次も同じことを起こさないようにすることが大切なのです。

 

 

男女における多くの喧嘩の原因は、女性の「話を聞いてほしい」「私の味方でいてほしい」「私の言うことを受け入れてほしい」という女の子から見た男性に対する要望が拒絶され自分をないがしろに扱われていることに対する反骨心からくる場合が多くあります。

 

友人と遊んでいて起こった出来事を話し始めた時、よく「どう思う?」という言葉を女性は口にします。

そんな時は必ず彼女の味方になった視点でアドバイスを送ったり、話を合わせておくことを心がけましょう。

 

スポンサーリンク

 

メールやLINEでの謝罪はNG!謝るなら最悪でも電話で伝える事

最近、告白ですらメールやLINEを使って行うというカップルが増えている中で、喧嘩の仲直りの時までも自分の言葉を伝えずに文章で気持ちを伝えたつもりになっている人がいます。

メールやLINEでのやり取りで謝罪をされた時、自分だったら嬉しいのか?どういう気持ちになるのか考えてから実際に行動に移りましょう。

 

大喧嘩をした後に、スマホがピコーンとなって、画面を見た時に「ごめん」という言葉が届いたらどう感じるでしょうか。

「謝罪すら直接言えないのか!」「自分の声で伝えようという誠意はないのか?」と彼女の怒りに火を注ぐことにもなりかねません。

 

また、自分の言葉でなければ、伝えたかったニュアンスとは異なって解釈されてしまうとさらに関係を修復することが困難になり最悪の場合は別れを告げられるほどの窮地に追いやられる場合があります。

そんなことにならないためにも、謝罪の場では決してメールやLINEといった連絡手段を使わないように心がけましょう。

 

謝罪をした時にさらに怒られるのではないかという不安もあると思いますが、そんなことに逃げずに好きな相手と喧嘩の時こそしっかり向き合ってお互いの思っていることに耳を傾け解決する方向を一緒に探っていければ良いと思います。

電話をすることで、彼女の声のトーンや感情がメールよりも伝わってくるので、状況によって言葉が変わったり深く反省する必要があったと気づくことにもつながりますよ。

 

是非、大好きな相手と喧嘩をした時は、これらのことを心がけて1日でも早く関係修復ができるようになればいいなと思います。

スポンサーリンク

Posted by yan