自分色に染めようとする男性心理|彼女を好みに寄せてる?

付き合った彼女のことを自分の好みの女性のタイプに染めようとする彼氏がいます。彼女の素の部分を好きになるよりも自分好みの女性になって欲しいので、彼女に指摘したりすることが多い。

彼女を自分色のタイプの女性にしようとする男性の心理について紹介します。

 

彼女を自分色に染めようとする男性の心理

束縛して自分だけのものにしようとする

自分好みの女性にしようとする男性の心理としては、束縛をして自分だけのものにしようと考えています。女性からモテない人ほど彼女に対しての憧れや依存度が高くなるので、失いたくないと思っていまいます。

自分だけのものにしようとするあまり他の誰とも話をして欲しくないので、束縛することが多くなります。

 

彼女が他の友達と話をして笑っているだけでも嫉妬してしまい、特に団背にに対しては一言も話して欲しくないと思っています。

自分と付き合ったのだから他の男性と仲良くする必要はないと思っているので、どんどんと束縛も酷くなっていきます。彼女も束縛されるのが嫌だと思っていても、だんだんと慣れてしまうので彼氏の言いなりになってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

自分だけを信じさせて頼って欲しいと思っている

自分好みの女性にするためにワザと嘘の話をしたり不信感を募らせるようにして、自分だけが彼女の味方だと言うように思わせます。

自分の噂話が広まった時には誰も信用できないと思ってしまいますが、唯一彼氏だけは信用してくれると思えます。

 

実際に彼氏だけが味方でいてくれればいいと思うようになると、他の人には興味がなくなり、友達もいらないと思ってしまいます。

男性は他の友達と遊んでもらいたくないという気持ちがあるので、自分だけを信用させようとすることもあります。彼女に対してのあらぬ噂話も、彼氏が広めるのは自分だけを信用させる作戦かもしれません。

 

彼氏にとって彼女に頼られているという思いが感じられるのが嬉しいので、頼られる状況を自ら作りだそうとするのです。

自然に頼ってもらえないという自信の無さから、裏工作をしてでも頼られる男になりたいという心理が働いているのです。

 

 

付き合った彼女には何をしてもいいと思っている

自分が付き合った彼女に対しては、彼氏だから何をしても良いと思っています。もちろん暴力的なことをすれば嫌われてしまうのは分かっていますが、普通の友達にはできないようなことは彼女にはしていいと思っているのです。

女性に対してコンプレックスがあるので、なかなか普通に付き合い方やコミュニケーションをとることも苦手意識を持っています。

 

しかし彼女ならば何でも許してくれると思っているので、友達にはできないようなことをお願いすることもあります。自分が好きなアニメのコスプレをしてもらったり、仕草などをしてもらうこともお願いします。

彼女は彼氏のお願いなので言うことを聞きますが、彼氏は言うことを聞いてくれる彼女に対してさらにお願いをするようになります。

 

自分の中での彼女の理想像が決まっているので、実際の彼女にはその理想に近づいてもらいたいと願っています。

ほとんどがアニメやドラマの影響ですが、彼女ができたら自分の中の理想的な彼女になって欲しいという思いが強いので、実際にお願いしてしまいます。

彼女のことは好きだがやはり自分の中の理想的な彼女が一番なので、彼女には理想の彼女に近づいて欲しいと願っています。

 

スポンサーリンク

 

自分には彼女しかいないので常に一緒にいたいと思っている

自分好みの彼女にしようとする心理としては、自分には彼女しか一緒にいる相手がいないので、彼女に依存しやすくなってしまいます。

友達付き合いが苦手な人ほど女性にもコンプレックスを抱いていることが多く、なかなか付き合うこともできないことが多いです。

 

そのため付き合うことができるとその彼女にだけ依存してしまい、常に彼女を中心に生活しようとします。

自分の中で友達付き合いや趣味などを楽しむよりも、彼女と一緒にいることが幸せだと感じているので、他のことには興味がありません。

だからこそ自分の好みの女性でいて欲しいという思いが強くなるので、彼女には自分の理想的なタイプになって欲しいと思うようになります。

 

 

自分に自信がないからこそ自分だけを見ていて欲しい

彼女と付き合っても自分に自信が無い人は、いつ別れてしまうか分からないという不安と戦っています。そのため彼女が他の男性と話をするだけでも不安になるので、束縛したり彼女を男性から遠ざけようとします。

付き合っている時に自信を持てる人は少ないですが、自信が無いからこそお互いを良くしてて絆を深めることで、自信を持って付き合えるようになります。

 

付き合っているだけでは自分に自信が持てないので、他の男性とは一緒にいて欲しくないという思いから、自分好みの女性になって自分だけを見ていて欲しいと思うようになります。

自信が無いからこそ自分だけを見ていて欲しいと思うのは誰もが思うことですが、彼女の考え方を変えることによって、自分だけを見てくれると思ってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

彼女のことを自分好みの女性に変えようとする男性の心理としては、自分に自信が無いことから、他の男性に取られたくないという心理が働くようです。

女性との付き合いが苦手な人にとっては、付き合うこと自体が大変なことですし、数少ないチャンスをモノにしようと思っています。

 

そのため彼女を自分だけのものにしたいという気持ちが強くなることで、自分好みの女性に変えようとしてしまうのでしょう。

彼女の素の部分を好きになれば彼女も自分のことを好きになってくれるので、自然と二人の関係が上手くいくようになることを願っています。

Posted by yan