【依存体質解消】彼氏、彼女依存症を直すには?

2017年8月4日

依存体質を解消したいと思っている人は、様々な方法で解消することができます。しかし、体が依存してしまっている以上、それを解消するにも相当な時間がかかってしまいますし、すぐに解消できるというわけではありません。

しかし、これは普段の生活の中で気をつけることによって、解消することができるので、今回はその依存体質の改善の仕方について紹介していきます。

 

彼氏、彼女への依存体質を直すには?

依存をする前に気づく

依存をしてしまっていると思い始めた時こそ、依存体質になる前に解消するときのチャンスといっても良いでしょう。依存をしてしまうということは、相手のことをそれなりに好きだという感情が自分の中にあるからこそ生まれるものでもあります。

だからこそ、自分が依存し始めていると思った時に、そのことを気づくことが重要になってくるわけです。

 

自分が依存していると気付いてしまえば、その依存をいち早く改善したいという考えにシフトチェンジすることでしょう。シフトチェンジした時にこそ、相手から伝わる部分というものはあるのです。

依存されて、相手はどう感じているのかというのは人によって変わってきますが、それを重いと感じてしまう人もいるのです。

 

それを重いと感じてしまっているからこそ、別れの原因になってしまう可能性も十分に考えられるので要注意です。

そのためにも、まずは自分自身を見つめなおして、依存をしそうになったら、その自分自身をすこし抑制することがじゅうようとなるのです。

 

スポンサーリンク

 

自信をつけてどっしりと構える

依存をするということは、自分に自信がないという証拠にもなってしまいます。

自分に自信がなさすぎてしまうと、相手のことさえもしんようすることができなくなってしまうので、思わず相手にすがりよってしまうのです。

 

相手にすがりよってしまうというのは、恋人である以上仕方のないことといってもよいですが、それなりにどっしり構えることも重要なのです。

自分がその人の恋人であるという、自信を持つことによって、どっしりと構えることができます。

 

恋人としてのそういう立ち位置があれば、相手に対して依存することもなくなるでしょうし、頻繁に相手に頼るということはなくなってきます。

人によって、その構え方というのは変わってきますが、男性であれば、女性の彼氏としての立ち位置をしっかりしておくことが重要です。仮にも、自分の性格によって、相手を不安に思わせているようであれば、少し解消したほうがいい部分もあります。

不安から依存につながっているのであれば、根本的に恋人であるという自信をつけるほかないのです。

 

 

彼氏、彼女のことを信用する

依存体質にならないためには、相手のことを信用するというのが大事になってきます。相手のことを信用するといっても、付き合ってから依存するまでは信用することができません。

むしろ、相手のことを信用できないからこそ、相手に依存してしまうのです。

 

依存体質になってしまう理由は様々ですが、恋人としての相手を信用していないからこそ、依存してしまうのです。依存が激しくなってしまうと、束縛や嫉妬も激しくなってしまうでしょうし、恋愛としてのあり方がなくなってきます。

付き合っていくうちにその信頼関係というのは、構築されていくわけですから、構築されて初めて相手を知ることができるわけです。

 

スポンサーリンク

 

自信のなさを相手に見せない

依存をしてしまうのは、自分に自信がなく、相手にその部分をカバーして欲しいという願望があるからです。

だからこそ、依存してしまうわけですが、その気持ちを少しでも隠すという意味でも、自信のなさを相手に見せないというのが、依存体質にならない一つの対処法でもあります。

 

弱い部分を見せるからこそのカップルとしてのあり方がありますが、頼りない人であれば当然相手からすると、自分が守ってあげなければという感情になってしまうでしょう。

自信のなさが相手に出てしまうと、この人と付き合っていても大丈夫なのかという不安が生まれてしまいます。この不安が生まれたとしても、自分の自信のなさを相手に見せないことによって、依存体質を解消できる糸口になるわけです。

 

 

相手から追われる立場になる

これは、依存体質になってしまい、解消するための方法というよりも、最終着地といっても良いでしょう。

自分が依存している立場になっているのなら、その間に自分自身としてのあり方を考えて、相手を依存させるという気持ちで付き合ってみるということが重要です。

 

相手から追われる立場になってしまえば、自分が依存することはありませんし、依存するにしても相手が自分を追ってきているので、依存しようにも依存できない状況になります。

これは、依存体質になってしまっている人には難しいですが、依存が嫌いだといっている相手と関係を継続させるためには、必須の方法といっても良いでしょう。

すこしでも、相手に頼られるためにも、器を持った方が良いでしょう。

スポンサーリンク

Posted by yan