夫婦喧嘩が多い?仲直りするなら関係を円満にする方法を

結婚して最初はお互いに幸せいっぱいだった夫婦も、少しづつ一緒にいる時間が長くなると、お互いに対する不満を感じることが増えてきます。

そこを話し合って解決していくことができたり、譲り合えるような夫婦なら良いのですが、夫婦喧嘩に発展してしまい、喧嘩ばかりになってしまう夫婦も少なくありません。

喧嘩がエスカレートしていくうちに、もうやっていけないということで、最悪の場合には離婚という結末を迎えてしまうこともあります。
夫婦喧嘩ばかりしている相手との関係を良好にするためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

夫婦喧嘩が多いなら、仲直りして関係を良好に

感情的に相手に気持ちをぶつけない

一緒に暮している中で相手に対してイライラする気持ちを感じた時に、それをそのまま言葉にしてしまっていては、相手を不快にさせてしまいます。

妻が夫に対して家事を手助けしてくれないことに対して、「私ばかりじゃなくて、もう少し手伝ってよ!」などキツイ口調で言ってしまうと、夫の方も「仕事で疲れが溜まっているから仕方がない!」という風に反論するということにつながります。

 

感情的になって話をすると、相手も同じようにして売り言葉に買い言葉で喧嘩に発展してしまいます。

こういった会話が日常化してくると、相手に対して「わかってくれない」という不満が蓄積されていき、更に喧嘩になりやすい状況を作ってしまいます。

 

イライラしたり不満が込み上げてきた時には、気持ちを落ち着けるようにその場を離れる、飲み物を飲んで気分転換をするなど、イライラの逃がし方を身に付けるようにしましょう。

してある程度落ち着いてから、こうしてくれたら助かるという風に気持ちを伝えるようにしてみましょう。感情でぶつかることによって、相手も感情的になってしまうので、冷静にということを心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

夫婦仲が良くないということにはメリットがないと気づく

夫婦で喧嘩ばかりしているという状況は、お互いにとってストレスも大きいものです。

同じ家で暮らしている夫婦が仲が悪い、喧嘩ばかりという状態になってしまうと、子どもがいる場合には子どもに影響を与えたり、精神的にもダメージが蓄積されていきます。

 

結婚生活を続けていくのか、もうやっていけないから離婚を考えるのかという二者択一ということになった場合、喧嘩をしているけれども本当はそれを望んでいない、仲良くしたいと望んでいる人が多いものです。

お互いに相手とは喧嘩ばかりだけれど本当は仲良くしたい、夫婦として続けていきたいという気持ちがあるのであれば、喧嘩をしていることのメリットはないと考えるようにして、仲が良くなる努力をしていくようにしましょう。

喧嘩をしても、嫌いだと思うことが多くても、この人とは夫婦としてやっていきたい、離婚したくないと思う気持ちがあれば、それを強く意識することで喧嘩を減らすことができます。

 

 

感謝の気持ちを言葉にして伝える努力をする

夫婦喧嘩が多い夫婦は、相手に対する感謝の気持ちを伝える機会が少ない傾向が見られます。

何かしてもらった時にも「ありがとう」という気持ちを伝えるのが照れくさいと思って口にしていなかったりする場合が多いのです。

 

一緒にいるのが当たり前という関係になっていても、相手に対する感謝の言葉を忘れないようにしていると夫婦仲は良くなります。

小さいところでも相手の良いところを見つけて褒めることで、言われた相手の気持ちが良くなりますし、同じような言葉が返ってくるようになります。

「○○してくれてありがとう」「○○なところにすごく助かっている」「○○なところがなかなかできないことだからすごいと思う」と相手を褒めることを心掛けていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

お互いの考え方、価値観の違いを認め合う

夫婦喧嘩をしている時には自分と相手が違っていて、相手の主張が間違っているという風に考えてしまい、自分の意見を認めてもらおうと必死になってしまいます。

そして相手も同じなのでぶつかり合うという状況になってしまいます。

 

夫婦は元はと言えば他人ですし、育ってきた環境も、持っている性質も違います。結婚を決めた相手なので似ている価値観もあるはずですが、全てにおいて似ているということはありません。

お互いに違う人間だから、価値観が違っても仕方がない、考え方が違っても仕方がないというところを前提として、相手が主張することを否定するばかりではなく、一旦は共感して受け止める姿勢が大事です。

 

「確かにそういう考え方もできるよね。」と相手に歩み寄る姿勢を見せることで、相手も同じように意見を受け止める姿勢を見せてくれるようになります。

違いを認め合って、その上で話し合いができる関係になるということが、夫婦喧嘩にならない為には大事です。

 

夫婦は合わせ鏡のようで自分のとった態度がそのまま自分に返ってくるということが大きいです。先に歩み寄る姿勢を見せる、感謝の気持ちを見せることによって、相手の態度が変わっていくのです。

夫婦喧嘩が多いことはお互いにとって良くないと意識して、仲良くしたいという気持ちを持ち続けることも大事です。

スポンサーリンク

Posted by yan