夫婦喧嘩をした時の上手な対処法、解決方法

最初はこの人とならうまくいくという気持ちで結婚していても、一緒に暮しているうちに夫婦喧嘩が絶えなくなるということは珍しいことではありません。

喧嘩するほど仲が良いとも言いますが、喧嘩をしてばかりの結果、夫婦として続けていけない危機を迎えるケースもあります。

夫婦喧嘩をしてしまった場合には、どのように対処をしたらうまく解決できるのでしょうか?

 

夫婦喧嘩をした時の上手な対処法

解決策を求めないようにする

夫婦喧嘩をしているとお互いに自分の主張が正しいという風に言い合いになって、落としどころが見つからなくなってしまいます。

二人の間で話し合って、どちらが正しいか、どうするのかという解決策を決めることはなかなか難しいものです。

夫婦喧嘩に発展している時には、無理に二人の間でその問題をどうしていくかという解決策を求めるのではなく、「このままだと喧嘩が続くからその話は止めよう」「お互いの言うように少しづつ合せていけたら良いな」という風に落としどころを見つけるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

ヒートアップしてくると一旦時間を置く

ヒートアップしてしまうと売り言葉に買い言葉でどんどんと相手をののしる方向に運んでいき、その言葉で相手を傷つけてしまうことがあります。

本音ではそうは思っていなかったことまでぶつけてしまい、お互いの心が疲弊して溝が深まるということもよくあります。

 

そういったことを避けるためには、夫婦喧嘩がヒートアップすると一旦時間を置いて落ち着いてから話すようにする、その場を離れられそうなら部屋から出て行くといったようにして、喧嘩が深まるのを避けましょう。

一旦時間を置くことによってお互いに冷静になり、言い合いをしていたのは何だったのだろうかという風にバカらしく思えることもあります。

 

 

先に謝る

夫婦喧嘩をしていると、自分の方が正しいと思ってしまうことが多く、喧嘩をしている相手には謝りたくないという気持ちにもなってきます。

しかし先に折れる、先に謝るということも時には、喧嘩の対処法として必要なのです。

 

相手の言うことに全て共感できなかったとしても、「確かにそういう気持ちもわかるわ」「言い過ぎてごめんね」などと、歩み寄る姿勢を見せると相手の方もどんどんと攻めてくるという姿勢が軟化して、穏やかになることが期待できます。

自分が悪いなと思っても意地でも謝りたくないという姿勢を貫く人もいますが、そういった場合には損をするだけなので、賢く折れることも身に付けていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

この先もうまくやっていきたいという気持ちを意識する

夫婦喧嘩をしている時には、別れられるなら別れたい、もう離婚したいという風に感情的になってしまうこともあります。

しかし現実問題として離婚をするためには色々な問題がありますし、子どもがいる場合には子どものことなども考えて、なかなかすぐに決められることではありません。

 

喧嘩をしたとしてもこの先も夫婦としてうまくやっていきたいという気持ちを心の中で意識するようにすると、喧嘩をしている時の気持ちに任せて相手を傷つけたり離婚ということを口走ってしまうことを避けられます。

もうこの人とはやっていけない、離婚をしたいという気持ちを普段から抱えていて、その下準備ができているのであれば良いのですが、夫婦として歩んでいく気持ちがあるなら、その仲良くしたいということも意識するように心がけます。

 

 

喧嘩は長引かせない

夫婦喧嘩に発展するとそこからずっと気持ちが引きずってしまい、喧嘩が続くという夫婦も少なくありません。

しかし喧嘩をしているとお互いに不快な気持ちが続きますし、そういった時間は無駄になることが多いです。

 

夫婦喧嘩をしてしまった時に気をつけたいポイントとしては、喧嘩を長引かせないことを意識することです。

相手に対してイライラする気持ち、納得いかない気持ちがあったとしても、一日寝て起きたら挨拶をする、普通に話すといった態度をとるようにして喧嘩のことを蒸し返さないようにできるのが一番です。

蒸し返すことで相手の喧嘩のスイッチも入れてしまい、険悪な状態が続くのでメリットもありません。

 

スポンサーリンク

 

夫婦喧嘩をすることは決して珍しいことではありませんが、あまり後味が良いものではなく、喧嘩をして仲が深まるよりも相手との間に溝ができてしまうことの方が多いです。

喧嘩をしている時に相手の気持ちを考えること、先に謝ることをしてしまうと、自分の方が負けたという気持ちになってしまいますが、実際には喧嘩は負けるが勝ちということもあり、折れることができる方が大人だったりもするのです。

 

相手と喧嘩での勝ち負けで勝ちたいと思うのではなく、円満にするためにはどうしたら良いのかを考えて、行動していくことが大事です。

自分の方から折れる、謝るということを繰り返していくうちに、相手も喧嘩になりそうになったらうまく避けるような行動をとったり、影響されて変わってくれます。相手を変えるために、まず自分の方からという心掛けが大事です。

Posted by yan