好きでもない男性にモテるのに、好きな人にモテない女性の特徴

何故か、好きでもない人には追いかけられるのに、本当に好きな人はなかなか振り向いてくれないという経験が、誰にでも一度はあるのではないでしょうか。

相手は違うとはいえ、なぜこのパターンは生まれるのでしょうか。それを知ることで、本命男性へのアタックの仕方が見えてくるかもしれません。今回はそんな好きでもない人にモテてしまう理由について考えてみましょう。

 

好きではない男性にモテるけど、本命の好きな人にはモテない女性の特徴

自分より相手

元々、人は自分の事が一番かわいいと思っている生き物です。だからこそ、”相手より自分”という感覚をみんな持っています。

しかし、好きな人ができると相手の事を思い過ぎてしまい、自分らしさを失ってしまう事も少なくありませんよね。

 

一方、興味のない相手の事を思う事はほとんどないので、いつでも自分らしくいられます。だからこそ、言いたいことは言うし嫌なものは嫌だと答え、自分の素のままで相手に接している事がほとんどです。

そういった姿勢は、逆に輝いて見えます。その為、自分が何とも思っていない人からは、好意を持たれてしまうのです。

 

だからこそ好きな相手に対しても、普段と変わらない自分らしさを大事にして接する事で、振り向いてくれる可能性が高くなるのです。

確かに、自分に置き換えて考えてみても、いつも自分らしく堂々としている人は魅力的だと感じますよね。だからこそ相手に気を使い過ぎず、自分を尊重する事が大切なのです。

 

スポンサーリンク

 

好きな人にワガママになれない

好きな人の前だと、女性はどちらかと言えば”イイ子”でいようという感情が働きます。

この”イイ子”というのは、ワガママを言わず面倒な事もなく、一緒にいてラクな存在になろうとしてしまう女性が多いのですが、男性の思考は少し違います。

 

もちろん、イイ子である事は良い事ですし大事なことかもしれませんが、男性は自分が多少頑張って手に入れた女性を好きになるものです。

しかし、好きになると相手にワガママ一つ言わず、面倒だと思われることは避けラクな女性になてしまうと、恋愛対象からは外れてしまう可能性が高まるのです。

 

これは、狩りをしなくても目の前に獲物がぶら下がっているのと同じ状況なので、ラクですが自分で得た達成感はないので美味しくありません。

だからこそ、「あんなイイ子なのに浮気するなんて」というセリフをよく耳にしますよね。このようにワガママをいわない女性はイイ子ですが、魅力に欠けるのも事実なのです。

 

一方、自分がホレていない男性に対しては、そもそも”イイ子でいよう”といった発想は働きませんよね。だからこそ、程よく相手にワガママを言い自由なイメージを男性に与えます。

そんな本能のままにワガママに接してくれる女性は、男性にとって”手に入れたい”という本能を駆り立てる存在なのです。

 

だからこそ、男性は女性に意に反しどんどんハマってしまうのです。

そういった意味でも、好きな男性だからこそ少し無理をさせたりワガママを言えるようになることが大切なのです。

 

 

好きな相手の反応を気にしすぎる

自分がなんとも思っていない相手のメールの反応が薄くても、特に何もかん感じないものですよね。

また、何か言ってケンカしたとしても”またいつか連絡くるでしょ”といったくらいにしか思いませんよね。

 

このように、なんとも思っていないからこそ、相手の反応をイチイチ気にすることもないので適度な放置感が逆に、相手に自分を思わせるきっかけになっています。

そして、相手を思う時間が多ければ多い方がホレてしまうようにできています。

 

一方、自分の好きな相手であれば、メールや電話の声がそっけなかったら”え?私何かしたかな?”と気になってしまいますよね。

また、言いたいことを言ったのに怒ってしまったら”もっと別に言い方があったかも”と、後悔しながら相手の心情を思います。

 

そうして、相手の心を気にする時間が増えるので、相手を思う気持ちも自然と高まります。その結果、女性が男性を追いかける形ができてしまいますよね。

だからこそ、上手くいかなくなるのです。このように、男性の反応を気にし過ぎるのはあまり良くないということなのです。

 

スポンサーリンク

 

男性に媚びている

女性には元々、包み込む母性というものを持っていますよね。この包み込むとは、”相手を許す”という意味でもあります。

そして、女性は人を好きになると持っている母性本能が強くなるようにできています。しかし母性本能は良い働きをする一方、本来は許すべきところではない事まで、許してしまうように働くことがあります。

 

だからこそ、相手の顔色を窺ったり、約束を破られたりひどい事を言われても許してしまったりするのです。

もちろん、女性は相手を思っているからこそゆえの行動なのですが、男性にとってはそれが一種の”媚び”にも映ってしまうのです。

 

そして残念ながら、男性に媚びる女性を男性はアソビとして接しても本命にはしないのです。

一方、相手の事をなんとも思っていなければ、許せない事は怒り相手に媚びるような姿勢はありません。

その方が芯のしっかりしている女性だと男性には映り、一目置くようになるのです。このように母性は大事な事ですが、相手に媚びてしまう使い方をしてはいけないのです。

 

  • 自分より相手
  • ワガママになれない
  • 相手の反応を気にしすぎる
  • 媚びている

いかがでしたか。なんとも思っていない相手と本命に対する態度や考え方は、180度違う事がよくわかりますよね。

しかし、なんとも思っていないからこそ自分らしくいる事でモテるのであれば、本命の相手に対してもブレずに自分らしさを持って接する事ができれば、恋も上手くいくのかもしれません。

スポンサーリンク

Posted by yan