遠距離恋愛で上手くいっているカップルの4つの特徴とは?

2017年8月4日

いつでもすぐに会える距離の恋愛よりも、遠距離恋愛はリスクが多く、不安や不満が多くなりがちです。

そんな中、遠距離恋愛であっても上手く関係を保っているカップルはいるもので、そこにはある特徴が隠されていることが多いです。

どのようなカップルだと遠距離が問題にならず上手に関係を保つことができるのか、その特徴を挙げてみましょう。

 

遠距離恋愛が上手くいくカップルの特徴

お互いに趣味や好きなことがある

自分一人の時間をいかに有効に活用できるかが、遠距離恋愛のカップルにとっては重要なことになります。

これは両者ともに言えることで、どちらか片方が有効活用していても意味がありません。むしろ片方が有効活用している場合は、遠距離恋愛にとっては問題になりやすいです。

 

例えば男性には釣りという趣味があり、女性には料理という趣味がある場合、離れている一人の時間を満喫することが可能ですよね。

そこに相手がいないと成り立たない趣味ではなく、一人でも楽しめる趣味や好きなことがあると、それぞれの時間を有効活用することができます。

 

一方、これが片方だけになってしまうと、相手に対して不満が募るようになります。「放っておかれてる」「自分よりも趣味を大事にしてる」と思われかねないため、そこに遠距離という要素が加わり大きな問題となってしまうのです。

これから遠距離恋愛を始めるという人達は、それぞれ自分の趣味や好きなことを模索することも大事です。離れても充実した生活が送れるように、個々の楽しみを見つけるようにしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

楽観的な性格である

遠距離恋愛に向くタイプの性格は楽観的なタイプでしょう。物事を深く考えず、どこか「なるようになるさ」くらいの感覚でいた方が、遠距離恋愛は長続きします。

細かいことを気にしたり、先のことを具体的で明確なものにしないと不安になったり、相手がどこで何をしているか考えこんでしまうようなタイプは遠距離には向きません。

 

このようなタイプは、遠距離じゃなくても不安を感じやすく、遠距離となってしまえば、それはストレスにしかなりません。

「きっとこうなんだろう」「明日にはどうにかなってるだろう」と、楽観的な考えができるカップルは、相手を縛ったり追い詰める行動が少ないため、そこに距離があっても問題になりにくいのです。

深く考えても無駄なこと、相手のことを細かく気にしても意味のないことは自ら考えることを避け、他のことに意識が向けられるカップルは上手くいくのです。

 

 

相手のことを信用している

遠距離恋愛は、相手が何をしているのか分からず、すぐには会えないため、普通の恋愛よりも不安や不信感を抱きやすいですよね。

この不安や不信感がある状態で遠距離恋愛になってしまっては、当然すぐに終わりを迎えてしまうでしょう。

 

不安を消し去る言葉も行動も、直接目にすることができない遠距離には耐えられず、苦しい思いの方が上回ってしまうからです。

遠距離恋愛を上手く続けているカップルは、お互いに信用しきっていることが多く、疑ったり不安になったりということが少ない傾向にあります。

 

中には行動を把握していて、「今の時間はきっと○○さんと一緒だな」とか「今頃寝る準備してるんだろう」と行動パターンを読めている関係もあるかもしれません。

相手のことを信用している関係は、相手に対して不安や不信感を抱きにくいため、遠距離になる前に信頼関係が築けていたと言えるでしょう。

長年連れ添った夫婦のように、相手のことを心から信用する寛大さや余裕が、遠距離恋愛には必要なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

相手に依存していない

恋人がいないと不安になってしまう、恋人がいないと何もできないなど、恋人の存在が大きすぎる人は、相手に依存している可能性があります。

そして相手に依存すればするほど、一緒に居られないことに寂しさや不満を感じるようになり、遠距離恋愛が辛いものとしか感じなくなるでしょう。

 

遠距離恋愛で上手くいっているカップルは、相手に依存しないという特徴を持っています。つまり、「付き合っている」という感覚はあっても、「いないとダメになる」という感覚は持っていないのです。

元々近距離の場合であっても、仕事、交友関係、趣味など、それぞれで楽しむこと、過ごすことが多いですよね。

 

しかし相手に依存していると、何をしていても相手のことばかり考えて手につかなくなる、あるいはすぐに連絡しようとしてしまうなど、相手を求めてしまいます。

恋人である以上、相手を必要とすることはあるでしょうが、依存するのと必要とするのとでは訳が違います。

 

依存するようになってしまうと、一人で行動することや決断することができなくなり、そばにいないことに対して責めるようになることもあります。

遠距離恋愛を上手にキープするためには、相手を必要としても依存はしないことなのです。

 

 

まとめ

これまで会いたいと思った時に会えていた関係が、ある日を境に遠距離恋愛になってしまう、ということはお互いの事情によって仕方ないことかもしれません。

しかしその後関係を続けられるか、それとも終わりを迎えてしまうかは、それぞれの性格や行動によっても異なるものです。

 

遠距離恋愛になってもずっと一緒でいたいという人は、こうした上手に関係を保っているカップルの特徴を知り、意識的に心掛ける努力も必要です。

距離のせいで二人の関係が終わってしまわぬよう、できることは努力して乗り越えていきたいものですね。

スポンサーリンク

Posted by yan