遠距離恋愛で彼女を喜ばせる方法|上手くいくコツについて

SNSが流行し始めてから、遠距離恋愛をするカップルが増えてきました。中には、日本と日本国外の遠距離をするカップルも存在しており、話題になりつつあります。

しかし、遠距離恋愛をすれば、中々会えない距離ということもあって寂しさを感じてしまうカップルも少なくないようです。そこで、男性は様々なことをして彼女を少しでも喜ばせるということが重要になってきます。今回は、そういった遠距離彼女を少しでも喜ばせる方法について紹介していきたいと思います。

 

遠距離恋愛で彼女を喜ばせる

距離感を感じさせないようにするには?

遠距離恋愛をしている以上、距離を感じてしまうというのは一番のネックになってきます。

男性なら割り切っている人も多いですが、女性の場合にはそれで寂しさを感じてしまう人がいます。

 

仮にも、それで寂しさが生まれてしまったとしても、時間を作ることができなければ寂しさを緩和することはできません。

しかし、遠距離恋愛をしていて彼女を寂しい思いをさせているからこそ、距離感を感じさせない努力をすべきなのです。

 

物理的な距離は離れていても、心理的な距離感を少しでも縮めることが遠距離恋愛で距離感を感じさせない方法です。

相手に気持ちを伝えるということもそうですが、見えないところで自分は相手のことを思っているということを伝えると良いでしょう。

 

SNSで知り合っているなら、彼女についての呟きを投稿してみると良いです。相手との日常を共有してみるのもよいですし、会った時の思い出を振り返ってみるのも良いでしょう。

ここで重要なのは、相手に少しでも寂しく思わせないということなので、連絡を取っているということは必須条件です。

 

連絡の取り方も、他とは違い、ご飯の写真を送るのも良いですし、何か購入品などを共有してみるのも良いです。

傍にいなくても、心は傍にいると思わせることがここでは重要になってくるのです。

 

スポンサーリンク

 

現代の連絡方法にとらわれない

ネット社会が発達し始めてから、簡単に連絡を取ることができるようになりました。むしろ、それが理由となり遠距離恋愛が増加しているわけですから、悪いことではありません。

しかし、遠距離恋愛を始めた以上、その現代の連絡方法にとらわれているとマンネリ化してしまうのです。

 

小学生や中学生のころを思い出せばよくわかりますが、スマホや携帯を持っていなかった時代の連絡手段は手紙です。

朝投稿して、好きな女性や彼女に手紙を渡して誰にもバレないように返事を待つというワクワク感を経験した人も少なくはないでしょう。

 

そういった、昔行っていたであろう連絡手段を遠距離恋愛に取り入れてみるのです。手紙に関しては、スマホのメールなどに比べると、感情が文字に出るので、本当の気持ちがわかります。

相手の本当の気持ちで書かれたものをもらった彼女は、メールよりも当然喜ぶことになるでしょう。

手紙の良い点は、形として残り思い出として残るという点にあります。それが何枚もたまっていけば、付き合う年数が長くなるにつれ、読み返して初心に帰ることも可能です。

 

 

「好き」は毎日伝えるべき?

遠距離恋愛をしていれば、距離感があるので気持ちが離れてしまうという心配をする人もいます。だからこそ、「好き」という気持ちを毎日伝える人がいます。

しかし、これは正解であり間違いでもあります。確かに、距離感を感じているので気持ちだけは傍にいたいと思う人が多く、「好き」と伝える人も多いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

しかし、毎日「好き」と伝えているとそれがいつしか当たり前になってしまいます。遠距離で最も怖い問題になってくるのが、この当たり前になるということです。

寝る前や朝に常に「好き」と伝えているのなら、ある種それが作業になってしまうのです。

 

最初のほうは何もが新鮮になっているかもしれませんが、月日が経てばいうことが当たり前になってしまいます。

そうなってしまえば、本当に好きだと思っていても、相手に気持ちが十分伝わらないということもあるのです。

 

 

会った後は次会う約束を

遠距離恋愛をしていて、彼女に少しでも喜ばれたいと思っているのなら、会った時にこそ相手をよく見ておくべきです。そして、会った時に次会う約束をすることが重要になってきます。

これは、相手にとっても自分にとっても次会える日まで頑張れる気力になるからです。

 

遠距離恋愛のつらいところは、やはりお互いがお別れするときでしょう。その時にこそ、少しでも寂しい思いをさせないために、次会う日を決めておくとモチベーションも変わります。

仮にも、家に帰って相手が電話越しで寂しいといってきたのであれば、次会う日に何をするか一緒に決めると良いです。

 

そうすれば、それが楽しみになり寂しさ以上に、次に何をしたいかということを考えるようにシフトチェンジできるでしょう。ここで重要なのは、自分からその話を切り出すということです。

相手から寂しいといわれる前に、「次会った時は~したいね」という一言があれば彼女も安心することでしょう。

スポンサーリンク

Posted by yan