同棲する彼氏が結婚相手としてふさわしいかを知る方法

2017年8月4日

彼氏と同棲を始める理由のひとつには、今の彼氏が自分の結婚相手としてふさわしいのかを知りたいという女性の本音も見え隠れします。

彼氏との同棲生活の中では、ただなんとなく過ごすのではなく結婚をイメージしながら生活してみてください。そこにときめきや安らぎは感じられましたか?

 

同棲する彼氏が結婚相手としてふさわしいかを知るには?

同棲を親に隠していないか

彼氏が自分との同棲を親に隠しているのであれば、そこにどんな理由があるのか知るべきだと思います。

最悪な場合遊びなのかもしれないですし、お金が楽になるからというだけの同棲生活なのかもしれません。

 

そもそも親に同棲を隠す理由なんてあるのでしょうか。親だって同棲している彼女がいると聞けばそろそろ結婚かしらと期待して嬉しく感じてくれるはずです。

彼氏が自分とのつきあいをどれほど真剣に考えてくれているか、結婚に向けての気持ちがあるのかを探るきっかけとしてみましょう。

今のうちから彼氏の親に対して抵抗を持たないでおくようにするのも大切なことです。結婚となれば親との関係も付いて回るので慣れておくと今後も楽ですよ。

 

スポンサーリンク

 

お金を自由に使いすぎていないか

同棲するとお互いのお金がある分、生活費の負担もひとりで暮らすよりかなり楽になるはずです。

そうなると心配なのがお金の無駄遣いです。彼氏は同棲後からお金をよく使うようになっていませんか?

 

もし当てはまるのであれば結婚後も心配になってしまいます。夫になり、いずれは父となるであろう今の彼氏はそのお金の使い方で本当に大丈夫なのでしょうか、今改めるべきところを改められないような人なら結婚後だって難しいはず。

結婚を真剣に考えてくれているなら、使いすぎるどころかお金を貯めるようになってくれるはずだと思うのです。

結婚式、新居の購入、子育てなど結婚はお金のかかるもの。それくらい彼氏も知っているはずなので、その準備ができない彼氏はちょっと考えなくてはいけませんね。

 

 

自由な時間をくれているか

彼氏は自由な時間をくれていますか?それは放置されているという意味ではなく、友達付き合いやひとりの時間も大切にしてくれているかということです。

同棲するとふたりの時間が中心となりますが、友達と遊びにも行ったりひとりになりたい時もありますよね。

 

そんな時に「一緒に食事をするのが当たり前だから○○時までに帰ってきて」とか、誰とどこで会うのかしつこく聞いてきたりでかけている時に意味もなく連絡してくるというようなことをされると、結婚後もずっとこの束縛が続くのかとうんざりしてくると思います。

そこで愛されていると感じる女性ならまだいいですが、窮屈に感じているなら我慢せずに彼氏と話し合ってみましょう。

同棲生活のうちに適度な関係性を保てるようにしておく方が、結婚後も余計なストレスや誤解が生まれにくくなります。自分が楽でいられる相手こそ結婚相手にふさわしいはずですよ。

 

スポンサーリンク

 

家事への関心や協力はあるか

生活の中で女性の存在があると家のことを女性にばかり任せてしまう男性はまだまだ多い世の中です。

お互い仕事で忙しくたって「女が料理をするべき」とか「自分の方がハードな仕事をして疲れている」と決め付けてしまう男性がまだ存在しているんですよね。

 

結婚前からそんな状態なら結婚後も家事に関心を持ってもらったり協力してもらうのは難しいかもしれません。

そんな彼氏が夫になることを許せるかどうかもう一度よく考えてみて下さい。彼氏に直して欲しいなら簡単なことからやってもらえるようにお願いしてみるといいと思います。

気が利かないというだけで言えばやってくれることもありますし、それなら慣らしていけばいいだけのこと。良い夫となってもらえるように練習を積ませてあげるくらいの気持ちでもいいのではないでしょうか。

 

 

同棲後に彼氏への気持ちが変わっていないか

同棲は彼氏の素が見えるというのが良くも悪くもある部分です。

寝起きでぼさぼさの頭やおしゃれとは言えないような家着姿、休みの日にいつまでもゴロゴロしている、意外とお金にケチだった、部屋を片付けられない人だった…などと知らなかったところが次々に見てきて、そこにいちいちイライラするようなら自分の結婚相手としてちょっと考えてみてください。

 

もちろん完璧な人なんているわけがなく、どの程度我慢できるかが重要なカギとなります。

まだアツアツならだらしない格好も可愛らしく見えたり、ケチな一面もしっかり者と思えたりしてポジティブに受け止められるものです。

 

今の自分の気持ちは同棲前と比べて変わっていませんか?そして、結婚後も今の彼氏の姿が続くことを想像してみてどうでしょうか?

幸せな自分はイメージできましたか?ただひとつ忘れないでいてほしいのは、相手だって何かしら我慢してくれているということです。我慢を気遣いとか労わり合いと思えないなら辛い結婚が待っているのかもしれません。

スポンサーリンク

Posted by yan