【同棲前準備】同居を始めたカップルが注意すべきこと

2017年8月4日

大好きな彼とお付き合いを始め、ついに同棲するまでになった頃、恋愛生活の中で一番楽しい時期に突入しているのかもしれません。幸せの絶頂にいて、今後の楽しみが多い時期にも、実は気をつけたいことは沢山あります。

特に、結婚前の同棲においては、楽しいことばかりではありません。今まで生活したことのなかった二人が一緒に生活するのですから、気をつけたいポイントもあります。

今回は、同棲を始めたばかりのカップルに読んでほしいポイントを集めましたので、ご紹介していきたいと思います。

 

同棲を始めたばかりのカップルが気を付けるべきこと

同棲ルールを作る

今まで生活を共にしたことのない二人だからこそ、二人の間には、生活をする上で価値観の違いがあることでしょう。その代表格と言えるのは、『お家ルール』の違いです。

バスタオルを回し使いするのかや、何回使ったら取り替えるか、またゴミの分別や、共有生活スペースの使い方については、同棲を始める時に相談しあってみるといいでしょう。

そうして、二人の間のルールを作ることです。これは、ルールを守ることが目的なのではなく、二人が快適に暮らすためにあるものだということも念頭に置きましょう。

 

スポンサーリンク

 

生活費について話し合う

生活をしていると、当然のように必要な出費というものがありますよね。家賃や水道、電気、ガス代など・・・。二人で暮らすのですから、その支払いをどうするかは二人で決めた方が良いでしょう。

新居を借りる場合には、どちらの口座から引き落としにするか、振込にするかといったことや、どちらかの家で生活を始めるのであれば、支払い方法を変えるのかといったところです。

多くの場合は、割り勘もしくは男性が少し多くもつようですが、後々に揉めることのないように、支払いの日にちや払い忘れのないように注意することが重要でしょう。

 

 

食費を管理することは意外に難しい

食費は、二人で生活をする上で、意外と管理しにくいものであると言えます。なぜなら、自炊をするのと外食をするの、また二人が別々にご飯を食べることでかかる金額に誤差が出てくるからです。

そこでおすすめしたいのは、料理をする側の人が一定の食費を預かり、その中から料理を作り、外食費用も食費から出すという方法です。二人が別々に食事を摂る時には、別会計でそれぞれのお財布から出すのが望ましいでしょう。

こうする理由は、二人がそれぞれ支払うよりも、一ヶ月にかかる食費の管理がしやすくなるからです。後々の節約にも役立ちますので、ぜひ活用頂きたいところです。

 

 

家具や家電の購入費用

二人で生活をする場合、家電や家具、雑貨などを買い足す必要が出てくることもありますよね。二人が必要になるものについては、どちらか一方がその代金を支払うのか、割り勘にするかは話し合った方が良いと思います。

あまり考えたくはないですが、もしも別れて荷物を引き取るとなった場合に、どちらに所有権が移るかという争いを回避するためです。

また、共同出資をすることも悪いことではありません。高額な買い物になるほど、割り勘で済ませられるメリットもあるからです。二人でよくよく話し合ってみることが大切でしょう。

 

スポンサーリンク

 

家事分担について

生活を始めた日から必要になること、それは家事分担です。同棲の場合、多くは共働きになるものですから、生活時間にあわせて家事の分担をしてお互いの負担を減らしたいところですよね。

それぞれに負担がかからないように、ここは得意な家事をそれぞれが担当することが好ましいでしょう。苦手な家事を相手もしてもらう。そうする方が、気持ちの負担が減るからです。

もしも生活時間のズレや分量の違いなどによって、差が出てきてしまう場合は、家事の多い方が家賃を減らしてもらうなどの工夫をすることもいいかもしれません。

 

 

将来のための貯金は?

同棲を始めたということは、いつかは結婚して二人の家庭を持ちたいと望んでいるものですよね。将来のためにも、二人で貯金をしてみるというのもいいと思います。

口座を新たに開設して、毎月一定の金額を貯めるようにしましょう。もしもお互いの支出が抑えられ、多く貯金でいる時には奮発するなどのルールを作ってみると、より貯金が楽しみになるかもしれません。

二人で築くものがあるからこそ、二人の間には協調性や共同意識が生まれます。そして将来のためにも、貯金をしてみるのは非常におすすめです。

 

 

望まない妊娠を防ぐためにも避妊を

同棲をするカップルにとって、計画性のある人生を送るために必要なこと、それはしっかりと避妊をすることでしょう。

望まない妊娠によって、計画が変わってしまうのでは、お互いにとってデメリットにつながる可能性があります。

 

女性の身体は特にデリケートです。自身の排卵日や生理周期を把握し、望まない妊娠を避けるようにしましょう。そうすることで、より幸せな生活ができるようになるはずです。

避妊の仕方にも、いろんな方法がありますので、しっかり調べ、二人にとって良い方法で避妊をするようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。これから同棲を始める、また始めたばかりのカップルにとって、今をいちばんエンジョイするためにも、同棲生活を楽しむことが何より重要です。

二人で協力して、楽しい同棲生活を送っていただければと思います。

Posted by yan