鈍感、察しない男に気づかせる、察知させる方法

男というものは、あまり物事を察知しない傾向があります。それはなぜか。男はそういう生き物だからです。それに比べ女は物事を察知することが非常に得意です。

人の気持ちを読み取ったり、彼の気持ちにいち早く気が付いて、いろいろ世話を焼いてしまうことも多いですよね。それを続けていると、何で私はいろいろなことをやってあげるのに、彼は何にもしてくれないの?と怒りを覚えることもあります。

しかしこれは仕方がないことなのです。男は、はっきり言ってもらわないとわからないのです。状況から察知して彼女のためにやってあげようと思うことができないのです。そこで今回は、察知しない男にいろいろなことを気づかせる方法をご紹介します。

 

鈍感、察しない男に気づかせる方法

メモに書いてさりげなく目につくところに置いておく

例えば、自分の誕生日に彼からさりげなくプレゼントを欲しいですよね。しかし彼が誕生日と気が付いているかどうか、分からないことも。そんな時には、カレンダーに自分の誕生日にマルを付けておきましょう。

そして祝何歳と書いておけばいいのです。それに気が付いた彼は、「あー誕生日なのか」と気がつくはず。彼に伝える方法として、直接言わずにメモやカレンダーに書き込むことによって気づかせる方法もおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

欲しいものは、雑誌を広げておく

彼にプレゼントしてほしいものがあるとき、どのように彼に気づかせることができるでしょうか?会話の中でさりげなくいっても、彼が気が付いたかどうかわかりません。

そんな時には、彼が部屋に来たときに気が付くように、読みかけの雑誌を広げておきましょう。そのページは、もちろん自分の欲しいものが掲載されているページです。

 

それを見ると彼が気が付いてくれるかも?また気が付かない場合は、会話の中で、「今、これが売れているんだよね」とか「これが欲しいんだよね」といってみるのも一つの方法です。

これならさすがの彼でも気が付く可能性が高くなります。

 

 

彼に手伝ってほしい時には、疲れた攻撃で気づかせる

自分がいつも彼のお世話をしていると、いつも不公平だなと思ってしまうことがあるはず。もちろん好きで付き合っているのですから、彼の見返りを求めて、お世話をしているわけではありませんね。

彼にやってあげたいから、また喜ぶ顔がみたいからすることがほとんどです。しかし自分が疲れている時なんかは、たまには彼がやってよと思うことも多いはず。

 

そんな時には、彼に疲れた攻撃をしてみましょう。「今日は仕事で疲れたの」とか「上司にこき使われてさー」とかいろいろな不満を伝えるといいのです。

そうすると彼からは「今日は代わりにご飯作ってあげようか」と言われたらラッキーですよね。もしかすると家事の全くできない彼なら「外で食べようか」といってくれることもあるでしょう。

男に家事をしてほしいとはなかなか言い出すことはできませんが、疲れたから代わってという感じで言い出すといいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

気分がへこんでる、やる気ない、今日はしたくないと伝える

男性は女性の気持ちを考えずに、夜になると自分の欲のまま求めてくることもあります。しかし女性であれば、そんな気が全くないことだって多いのですね。でも男性はそんな気持ちには気が付きません。

そんな時には、今は気分がブルーなときということを強調して伝えましょう。

 

気分がブルーだからからそっちで癒して欲しいのではなく、ただ寄り添って静かに過ごすことで安心感を得られるということを伝えることができたら、彼だって無理やり迫ってくることはないはず。

男性と女性はそもそも体の成り立ちやホルモンが違います。そのため性の欲求も違うのですね。男性はそれを理解することはできないのですね。そのため彼にさりげなく言葉で伝えて気づかせることが大切です。

 

 

気が付かない男には直接的な言葉で伝えて

好きな人だから、気づつけたくない、二人の関係をうまくいかせたいとさりげなく伝えようとしても、なかなか気が付いてくれない男も少なくありません。

そんな時には、最後の手段として、直接的な表現で伝えるしかありません。これでも自分の思いを察知してくれないとしたら、もう彼は自分のことを見ていないのかもと思うほかありません。

 

好きだったら、なんとなく察知できることがあるはず。鈍い男だとしても少しヒントを出したりすると「あー」とわかることが多いのですね。

そのためなかなか察知できない男には、最終的な手段としてはっきり言うのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

男は女性のように物事を察知する能力がありません。付き合う上でこれを理解しておくことは非常に大切であり、きちんと理解しておくと、何でわかってくれないの?と喧嘩になることはありません。

彼だからこそ気が付いてほしい、そんな時には、少しずつヒントを出しながら彼にうまく伝えていくことが大切です。

Posted by yan