なかなか彼氏ができない人の口癖ともいえる言葉があります。それは「出会いがない」です。新しい出会いがなければ、恋愛感情も生まれるはずがないと思い込んではいませんか?

「一目惚れ」という言葉もあるくらいですから、恋愛感情は出会った瞬間に生まれることも確かにあります。でも逆の発想をすれば、すでに出会っている人にじわじわとゆっくり恋愛感情を抱くことももちろんあるはずです。

むしろ恋愛パターンの比率で考えると、一目惚れよりも、じわじわと惚れるパターンの方が多いかもしれません。新しい恋愛を新しい出会いだけに求めず、今の自分の身の周りにいる人に求めてもいいのです。

もしかすると、もうすでにこれから恋愛関係に発展するような人に出会っているのかもしれません。では、すでに出会っているかもしれないそんな大事な人に気づくには、どうしたらいいでしょうか。

 

出会いはすでに始まってる?出会いがないと言っている人は気づいていないだけ?

自分の好みのタイプを忘れる

自分の好みのタイプの男性がどういう人なのか、だいたい自分で理解していることでしょう。

男性を見る時、自分の好みのタイプかそうでないかの判断がされ、好みのタイプという判断が下れば、その人を意識して見ることになります。

 

ですが、新しい出会いがなく、新しい恋愛ができないと悩んでいる人は、一度この自分の好みのタイプをあえて、忘れてみるのです。

好みのタイプというメガネをはずして、何もない状態で自分の身の周りにいる男性を見直してみましょう。

 

今まで気づかなかった、その人のいいところなどが見えてくるかもしれません。人は固定概念にとらわれやすい生き物です。

何か新しいことを始めたい時には、これまでの自分の思い込みを一度忘れてみる勇気も必要なのです。

 

スポンサーリンク

 

身の周りの男性のリストアップ

まずは、今の生活の中で自分と接点のある男性を、心の中でリストアップしてみましょう。同じ学校やクラス、同じ職場など、自分と同じ環境の中に身を置く男性を思い出してみてください。

よくいくお店やスポーツジムなど、自分が頻繁に出向く先でもいいのです。好きか嫌いか、タイプかそうでないかはさておき、ひとまず接点のある人を思い浮かべてみます。

 

年齢差が大きかったり、100%自分の恋愛の対象とならない人は除外してもかまいません。自分の身近な人に好みの人がいるかもなんて、そんなこととっくの昔に考えたわよ。

と思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、自分が現在の生活の中で、どんな男性と触れ合っているのか、どんな男性と接点があるのかを再認識するのは新しい恋愛を始めるのに、とても重要なことなのです。

そこから恋愛感情が生まれるか生まれないかはさておき、今の自分の周りどんな男性がいるのかを把握しておきましょう。

 

 

分析してみる

作ったリストの中だけで、好みのタイプかタイプでないかをふるいにかけてはいけませんそのリストの中から1人1人、人間性をじっくり分析してみるのです。

 

①同じ環境に身を置く人

例えば、学校やクラスが同じ人、職場が同じ人。自分がいる環境や、同じ空間に身を置く人を思い出してみてください。

同じ環境にいるということは、同じ時間を過ごしているということでもあります。

 

1日の中でそこにいる割合が長ければ長いほど、その人と過ごす時間も必然的に長いものになり、よくよく考えると家族より一緒に過ごす時間が長い人もいるかもしれません。

同じ空間や時間を共有するということは、感じることや思うことも共有する機会が多いということです。

 

 

②趣味や好みが同じ人

まず、自分の趣味や好きなことを思い出してみて下さい。身の周りの男性の中に、あなたと趣味や好きなことが共通する人はいませんか。

人間は共通点を持った相手に気持ちが傾倒する傾向があります。特に自分の好きなこと、夢中になっていることが同じだとますますその傾向は強くなります。

 

趣味が同じということは、恋愛感情も抱きやすく、それだけで他の男性とはちょっと違った存在になりうるのです。

そういった意味でも自分自身が何か趣味を持つということは、とても大事になってくるのです。

 

スポンサーリンク

 

③よく会話をする人

言葉を交わすという行為は、人が人とコミュニケーションを取るために欠かせない大事な行為です。仕事の話をするだけの人、挨拶の言葉を交わすだけの人、それだけでもいいのです。

そんな些細な言葉でも、その頻度が多い人を探してみてください。言葉を交わすことは、人としての人間関係構築のための第1歩です。

 

他愛もない話をダラダラとする男性ならたくさんいるけど、どの人にも恋愛感情は生まれない。と、思うかもしれませんが、それでもいいのです。

その他愛のない話の中に、相手を知るためのたくさんの情報があるはずです。

 

そして、あなたから発せられる言葉の中にも、あなたに関する情報がたくさん詰まっていて、それが相手に伝わっているのです。

会話をたくさんするということは、すぐすぐ恋愛感情は生まれずとも、いずれそんな感情が生まれるかもしれない可能性を大いに含んでいるということなのです。

 

 

普段とは違った男性の姿を観察する

自分の身の周りにいる男性のいつも見る姿とは違う姿を見たことはありますか?人は「慣れる」生き物です。

いつも見る姿しか知らずにいると、その姿に慣れてしまい、好みのタイプでなかったり、恋愛感情は生まれないという固定概念が出来上がってしまうと、なかなかそれ以上の感情を生み出すのが難しくなってしまうのです。

 

先ほど話した「好みのタイプを一度忘れる」と同時に、見慣れているその人の姿も一度忘れてみましょう。そのためには、いつもと違う姿を見ることが1番です。

学校外の場所で会う、社外研修などで会うなど、いつもと違う環境下にいる姿を見ることは、今までとは違う一面を見るチャンスでもあるのです。

その人をいつもと違った角度から見ることができれば、刺激を受けることにもなり、自分の感情にも変化が現れる可能性も出てくるのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

新しい恋愛を始めるのには、新しい出会いが1番。それも間違いではないでしょう。でも、今自分の身の周りにいる男性と出会えたことも大事な「出会い」だったはずです。

恋愛感情なんか抱ける相手ではない。と思い込んでしまわず、1度ゆっくり見つめなおしてみてください。

 

今まで見えていなかった、その人の素敵な部分に気づくチャンスとなるかもしれません。すでに出会っている人の中に、これから恋愛感情を抱く可能性は充分にあるのです。

案外「灯台下暗し」かもしれないのです。それと同時に今の自分自身も見つめなおしましょう。これまでの固定概念を捨てる勇気も必要です。

 

自分自身が変われば、恋愛に対しての考え方も変わり、新しい恋愛が始まるかもしれません。すべては自分次第です。

自分自身を見つめ直し、身の周りの男性のことも見つめ直し、楽しい恋愛を始めましょう。