男性を不愉快、機嫌を悪くさせてしまう女性の発言

付き合いが長くなればなる程、相手に気を使わなくなってしまい何気ない一言で相手を不快にしている事に気付きません。そのうち、それが積もり別れ話にもなる事も少なくありません。

特に男性は女性のちょっとした一言で傷付きやすく、今回はそんな男性にNGな発言5選をご紹介したいと思います。

 

男性を不愉快にする女性の発言

何で○○なの?という疑問ではなく気持ちを

女性は何か会った時、その過程を大事にしたがります。例えば、彼がいつもドタキャンをするタイプだとしましょう。

そんな時、女性からすれば毎回そうなる理由をせめて明確にしてもらい、納得しないと怒りが収まりませんよね。

 

だからこそ、いつもドタキャンしてしまうその理由を「なんでいつもそうなの?」と聞きたくなる気持ちは当然です。

しかし、そもそも男性はそこまで深く考えて行動をしていないので、何でと言われても答えがない事がほとんどです。

 

また”なんで?”といわれると、既に責められているように感じ、納得いくような理由は言わない上、黙ってしまう事も少なくありません。

そんな男性の姿勢を見ていると女性は、”逃げてる”と受け止め、余計ヒートアップしますよね。そうすると、他の事も「あの時もさぁ」と言いたくなるのが女心です。

 

でも、実はよく使ってしまう”なんで”というワードは、男性を攻撃的にしてしまう言葉なのです。だからこそ、”なんで?”と言いたい気持ちをあえて抑え、「いつもドタキャンは嫌なの」と自分の感情のみ伝えてみましょう。

そうすれば、責められている感じはなく、男性も素直に「ごめん」といえます。そのあと、どうするかを話し合いやすくする為にも”なんで?”はNGワードなのです。

 

スポンサーリンク

 

普通は・常識的に

人にはそれぞれ一定の常識や、マナーがあります。そしてみんな自分のルールが、基本的に正しいと思って生きています。

しかし、そのルールは人によっても環境によっても大きく変わります。

 

例えば、日本では赤信号では止まり青信号で進むのは常識ですよね。しかし、ニューヨークでは信号待ちをきちんとするのはツーリストくらいです。

このように、人や場所によって常識やマナーは変わるのです。

 

しかし、男女の関係において付き合いが長くなればなる程、お互い自分のルールを相手に求めてしまいがちです。

だからこそ、自分が正しいと思っていることを相手がしなかったらつい、「ふつうこうしない?」や「常識でしょ」と言ってしまいませんか。

 

でも、これは”自分が正しい。あなたは間違っている”といっているのと同じです。また、”ふつう・常識的に”という言葉には相手を見下しているニュアンスも含まれてり、プライドの生き物である男性は特に傷付くのです。

このワードを普段から使い続けていると、男性は”バカにされている”と感じてしまい、他に癒しを求める事にも繋がるのです。だからこそ、まず自分が正しいという気持ちから「ふつう」という言葉を使わないように心掛けましょう。

 

 

それくらいできて当たり前・当然

男性は女性と違い、ちょっとしたことで誉めてもらいたい生き物です。

だからこそ、家事のほとんどを女性がしていて男性はゴミだししかしないのに、それすら本当は褒めてもらえたら嬉しいと思うある意味、可愛い生き物なのです。

 

一方、女性は器用なので色んなことが同時にでき、先の事まで考えるので正直、男性の行動は女性にとってできて当然のこともたくさんありますよね。

しかしそこで男性に「それくらいできて当たり前だよ」と、言ってしまうと男性は一気にやる気もなくなり、努力をしなくなってしまいます。

 

そのうち、自分を評価してくれない女性といたくないと感じ、気持ちが離れる事もあります。

女性から見れば不公平に感じますが、男性を上手に転がす事の出来る女性とは、そんな当たり前のことを「できて当たり前」とは言わず、「すごい!ありがとう」といい男性がもっと努力したいと思わせるように仕向けるのです。

だからこそ、”できて当たり前”という言葉はできるだけ使わない方が良いのです。

 

スポンサーリンク

 

これくらいもできないの?

よく言われているように男性は、自尊心の生き物です。だからこそ、常に認めれたいと思うし、評価されたいと思っています。

特に、身近にいる彼女や妻からの評価は絶大です。だからこそ「できない」という言葉は、できなくても使いたくないのです。

 

それなのに女性から「これくらいできないの?」などと言われてしまうと、男性はあおられているような気持ちになってしまいます。

その結果、「それくらいできるよ」と言うものの気持ちよく引き受けた訳ではなく、男性も”できないと思っているの?”と内心穏やかではありません。

こういった気持ちのすれ違いが積み重なっていき、何かのタイミングでどちらかが爆発してしまいます。このように、男女のケンカはその場の原因は片方のあっても、過程でみればお互いに非がある事ばかりなのです。

 

 

  • 何で○○なの?
  • 普通は・常識的に
  • それくらいできて当たり前
  • できないの?

 

いかがでしたか。どれも普段、無意識に使ってしまいやすいワードがたくさんありましたね。

しかし、言葉は最も簡単なコミュニケーションだからこそ、簡単に相手を傷付ける事もできるので、きちんと考えて使う事でいつまでも円満な二人でいることができるのです。ちょっとしたことですが、女性からきっかけをつくってあげるとよいでしょう。

スポンサーリンク

Posted by yan