恋愛の法則を映画「美女と野獣から」学ぼう

美女と野獣は、誰もが知るラブストーリーですよね。だからこそ、一つずづ細かく見ていくと、恋愛を成就させるためのヒントがこのストーリーにはたくさん詰まっているのです。

今回は、映画『美女と野獣』を通してその極意や法則をお教えしたいと思います。

 

映画「美女と野獣」学べる恋愛の法則

ベルから学ぶ「他とは違う女性はモテる」

主人公のベルは、小さな町で父親と暮らすごく普通の女の子ですが、いつも”この町ではない素敵な何かが他にもある”と信じています。

だからこそ、周りから”他の人とは違う”と距離を置かれその想いを歌うシーンがシーンが印象的ですね。

 

しかし、ベルは自分が信じた価値観を変えることなく、信念を曲げることのない凛とした姿勢に、兵士のガストンも野獣も恋をし、ベルの魅力に引き込まれるのです。

しかし、人はみんなベルのように強くありません。だからこそ、ブレてしまったり流されることもあります。

しかし、どんな状態においても自分を信じる力の強い女性はベルのように輝いて見え、異性からも”他とは違う”と一目置かれるのです。まずは、自分や自分の魅力を信じる事から始めましょう。

 

スポンサーリンク

 

自分を愛する愛では人の心は手に入らない

そんなベルを自分のものにしようと、兵士のガストンはベルの気持ちはお構いなし、自分の気持ちを強引にベルに押し付けようとします。

一般的には、ガストンは地位もあり見た目もカッコ良い存在で、ガストンと恋に落ちたい女性はたくさんいるはずです。

 

しかし、そんなガストンの愛はベルにのみ向けられるのですが、っベルを愛する気持ちというよりも”ベルを手に入れたい”と思う自己中心的な愛の為、ベルに伝わる事はありません。

このように、恋は自分の気持ちだけでは成立しません。しかし、人は好きな人ができると自分の物差しで相手をみてしまいます。でも、相手に伝わる愛というのは自己中な愛ではないのです。

 

それに気付かないまま、自分の愛情を相手に押し付けてはいませんか。相手が何を望んでいるのか、相手を尊重できなければ本当の愛とは言えないのです。

だからこそ、恋愛が上手くいかない人はもう一度自分の愛が本当に相手を思う愛かどうか見直してみるのも良いでしょう。

 

 

愛があるからこそ言うべき事は言う

野獣のお城にベルが着いたとき、野獣は最初ベルにとても冷たく当たります。野獣には今まで、それを指摘してくれる人も周りにはいなかったのです。

しかし、ベルはそんな野獣のワガママに正々堂々と向き合い、言うべき事を言います。これにより自分に本音で接してくれるベルに、野獣は次第に態度を改めていきます。

 

そして、本音で向き合ってくれるベルに恋をするのです。そんな野獣の変化をベルも嬉しく感じ、怖い見た目の中に隠された本当の優しさに気付くのです。

では、もし本音で向き合う事をせず、”この人はこんな人だから”と諦めていたら、本当の恋を見つける事はできたのでしょうか。

 

美女と野獣は、見た目の格差恋が取り上げられがちですが、そうではなく、人に対し本音で向き合えば、おのずとその人の本当の姿が見えてくるという事を教えてくれるストーリーなのです。

だからこそ相手に気を使ってばかりいても、本当の愛は手に入りません。時にきちんと言うべき事は言い、嫌われる覚悟で接する事で相手の心に響きます。

その時、”自分の為にこんなにも真剣になってくれている”という思いが本当に愛に変わるのです。

 

スポンサーリンク

 

本当の愛は相手を想う愛

そんなベルと野獣は、見事に心を通わせ恋に落ちます。有名なダンスシーンでは、”このまま結婚してしまうのかな”と、ドキドキしてしまいますね。

でも、ベルは父親の為に町に一度戻りたいと野獣に伝えます。しかし、野獣としてはこの日にベルを町に帰してしまえば、一生野獣のままでいなくてはならない最大の決断なのです。

 

しかし、野獣は迷わずベルに町へ帰るよう伝えます。なぜなら野獣はガストンと違い、自分よりもベルを心から愛しているからこそ、自分の事よりベルの事情を考えて当然の決断をしたまでなのです。

そんな野獣の深い愛情を感じたベルは、また野獣の元に戻ってくるのです。しかし、もし仮にベルが戻ってこなかったとしても、野獣はベルメゾンの幸せを願っていたと思います。

このように、見返りを求めない本当の愛は、必ず相手に伝わるという事を表しています。確かに、中々できる事ではありませんよね。だからこそ、人の心に大きく響くのです。

 

  • ベルから学ぶ他とは違う女性はモテる
  • 自分を愛する愛では人の心は手に入らない
  • 愛があるからこそ言うべき事は言う
  • 本当の愛は相手を想う愛

いかがでしたか。映画の中の綺麗な物語とはいえ、現実でも私たちに教えてくれることがたくさんありますよね。

このように、恋愛とは相手の事を本当の意味で思った時に、成立するものなのかもしれません。そんな相手に巡り合う為にも、まずは自分が相手を尊重できる人になることが大切です。

スポンサーリンク

Posted by yan