別居婚のメリット・デメリット|結婚の形も変わってきている?

女性の社会進出の結果、結婚の晩婚化などと結婚形態もいろいろ変わってきています。

別居婚という形を選択するカップルも少しづつ多くなってきています。別居婚は結婚当初から別々に住むという選択をあえてする婚姻のことをいいます。単なる単身赴任などの別居については別居婚とは言いません。

このトレンドの「別居婚」について考えてみましょう。

 

別居婚がトレンドになった背景とメリットは?

近年、女性が仕事で自立し男性に頼らないで生活することが可能になってきました。

その結果、独身生活が長くなり晩婚化してきたことも原因の一つです。それと、子連れ離婚、そして子連れ再婚なども、全く珍しいことでなくなってきました。

 

現在は、結婚の形がどんどん流動的になってきて、女性も男性もそれぞれが自分の生活スタイルも変えたくないと個人主義的な傾向が浸透しつつあることも、その背景にあるのでしょう。

特に、女性が別居婚を選択する傾向になってきています。別居婚は再婚などで子連れの場合も、今までのライフスタイルを維持することができます。

 

籍は入っているけれど、生活は別々。それぞれ好みの生活習慣を維持できますから、ストレスも少なくてすみます。

特に、子連れ再婚などでは、子供と結婚相手が同居することに伴うさまざまな問題点もクリアできます。別居婚は特に女性にメリットをもたらします。

 

スポンサーリンク

 

別居婚でも社会的に認められる

別居婚でも、社会的にも法的にも認められます。別居婚でも親子関係が法的に認められるのは、子供を持った場合大きなポイントでしょう。

そこには遺産相続の権利、遺体受け取りの権利など社会的に法律的にあなたを保護してくれます。

 

また、一つ屋根の下に暮らす夫婦より喧嘩が少なくてすむという報告もあります。しかし、別居婚でも結婚をしている以上、義務も背負わなければなりません。

例えば不倫をしない義務とか、お互い助け合って生活していかなければならない義務なども要求されます。

 

 

婚家や親戚に対する煩わしさが少ない

夫が側にいない分、舅や姑などとも直に接することがないのでストレスがなくて済むでしょう。

夫と同居していると一緒に帰省しないと姑からいろいろ言われますが、そうした交際をしなくてすみます。

 

また、女性が実家にふらっと帰ったとしても、いちいち干渉してくることもありません。男性の立場としても、陰につけ日向につけ、嫁・姑の対立がない分、家庭と実家とのバランスに気をもむことも避けられますから気持ちも楽になるでしょう。

だからといって、婚姻をしている以上、法的社会的婚姻関係にありますから、どちらかが病気になったり、緊急事態が生じたりした場合は別居結婚だからなどという理屈は通用しません。お互い助け合って事態を乗り越えることが要求されます。

 

スポンサーリンク

 

家事の負担があまりない

同居していない分、家事の負担も少なくてすむでしょう。掃除も洗濯も自分のペースで進められます。

また、量も少なくて済むので楽でしょう。食事についても、夫のために食事作りの手間も必要ありません。

 

夫にとっては、食事に気配ってくれる妻がいないので不便かもしれませんが、現在の若い男性は家事もできるのでそう心配はないのでしょう。

子供が居る場合は子供中心の生活になるので、夫の仕事の帰りを待つことやご飯を作り後片付けをする二度手間がなくなり、妻の負担は大幅に減るでしょう。

 

 

自由な時間が持てる

別居結婚では相手に時間を合わせるという概念ではないため、自分の好きなように時間を使うことができます。

一つの屋根の下に暮せば、夫や舅・姑などから何らかの干渉があり、ゆっくり自分の自由な時間を持つことなどかないません。

 

特に、責任を持った仕事をしている女性にとっては、自由にものを考えたり企画を発想する時間も大切なものでしょう。

責任ある仕事を持った女性にとってはそういう時間も必要なことですから、別居結婚は仕事と結婚が両立させやすい婚姻制度でしょう。

 

また現在の総合職の女性は転勤もありますから、同居するため長年打ち込んできた仕事を諦めなくてもいいですし、仕事を止めて他に転職することもありません。

男性にとってはどうかといえば、やはりこちらも家庭の瑣末な問題に悩まされず、自分の時間を自分のために使えるでしょう。

 

 

恋人気分が続く

別居婚は毎日顔を合わさないので、恋人気分を保てます。また、お互い別居しているため、独身時代の交友関係を保つこともできます。夫とたまに会うので、気持ちも新鮮でいられます。

 

スポンサーリンク

 

別居婚で失うもの・デメリット

別居婚はいいところもたくさんありますが、一方で失うものもあります。

所帯が別なので経済的負担も2倍になりますし、相手が何をしているか分からない不安感もあるでしょう。別居婚のデメリットは何でしょうか。

 

 

親戚たちに理解されない

別居婚などというトレンドな結婚は、親戚たちに理解されないでしょう。「女は結婚したら会社を辞めて、早く子供を作ってを支えるべき。」と親戚たちに諭されることもあるはず…。

別居婚は新しい婚姻の形なので、理解を示さない親戚や身内もいて逆風に晒される可能性も大いにあるでしょう。別居婚に踏み切るには、それなりの覚悟も必要かもしれません。

 

 

経済的にコスト高

家が2つになるので、家賃が二重にかかります。行き来するための交通費や通信費もかかります。

光熱費、水道代なども2世帯分かかりますから、経済的にはコスト高になります。通信費については現在はパソコンやラインなどを使えば、経費は抑えることができますが…。

 

 

浮気されないとも限らない

妻が自由である分、相手も自由です。物理的条件として、浮気される恐れはあるでしょう。

そういう事情がある分、相手が今どこで何をしているのか不安になり、夫を疑ったりする気持ちが出てきてしまうかもしれません。

それを防ぐには毎日、メールや電話をしてお互いの気持ちを確認することも必要でしょう。

 

 

連絡を密にしないと離婚しやすくなる

何かあった場合、話し合いをすぐできないのも問題点の一つです。電話やメールで連絡していても、微妙な意思疎通がはかられていない気がしてもどかしい気持ちに陥るかもしれません。

また、子供がいる場合、子供に何か問題が生じた時、また子供が病気の時、自分が病気の時にも心細さがあるはずです。

コミュニケーションを取りにくい分、孤立感を感じて不満をためてしまいがちになることも…。こうした環境下、同居していない分、別れるのは簡単なので離婚しやすくなります。

 

 

それでも別居婚をする意味とは?

女性の高学歴と社会進出は自己実現をしたいという女性の希望です。時代の流れということもありますし、晩婚化していくので増加傾向にあります。

別居婚がトレンドになる背景には、結婚がもはや家と家との結びつきでなく、個人と個人の結びつきと考える欧米式の考えが浸透しはじめている風潮ではないでしょうか。

 

また、近年子連れで再婚する人が増えたことも影響しているでしょう。子供のために別居婚からスタートするというのは、トラブル防ぎの賢い選択かもしれません。

別居婚は今の時代に即した結婚のスタイルになりつつあります。別居婚については、婚姻届を出す際に特別な手続きはなく、ただ、夫か妻かの戸籍に入れば済むことです。

 

スポンサーリンク

 

いかがでしょうか。別居婚は特に子連れ婚などの場合に使いやすい婚姻方法ですね。

いづれにしても、女性の社会進出が当たり前になって来ている現在、結婚革命として別居婚は、その地位を築きつつある気配もあります。

 

しかし、それを上手く続けらるためにはお互いに工夫も大切です。毎日電話やメールをしたり、今後どうするかなども確認しておくことも必要でしょう。

時には一緒に泊まって、お互いの気持ちを確認しあうことも信頼を高めるためには大切なことです。

別居婚はお互い信頼関係の上になりたっているものです。それがなくなると、いとも簡単に解体しやすい性格もあわせ持っています。それゆえ、上手に継続する方法をお互いが確認しあう努力をしたいものです。

Posted by yan